中国旅行

中国を2週間旅行して感じたリアルな中国について

今月27日、2週間の中国旅行を終えて帰国しました。

どうも、ワーホリ後も自由に生きる男、小林です。そろそろ仕事しないとお金が…。ということで来月から福岡で派遣の仕事をする事になりました。なぜ福岡!?と聞かれたら、「直感です!」ww

さて、話を戻し今回中国で旅行した場所は重慶、成都、九寨溝、昆明の4ヶ所。行きはセントレア発の合肥経由し重慶からスタート。

重慶3日間、成都6日間、九寨溝2日間、最終地の昆明2日間、移動2日間の計15日間。ビザが免除される期間15日間をフルに使っての旅行でした。

こう言ってはなんですが、僕は元々中国に行く気は微塵もありませんでした。というのも、中国にあまり魅力を感じなかったのと、中国にマイナスのイメージを持っていたからです。

しかし、ワーホリ中に出会ったマレーシア人の友達に半ば強引に誘われ、行くことになりました。まぁ、本場の中国料理には少し興味があったし、友達も中国語ペラペラ(華僑系)なのでアリかなと。

そして、時は今月の13日の夜、いよいよ中国へ飛び立ちました。友達とは現地で待ち合わせだったので、集合するまではとにかく不安でしたね。

まずはセントレアから合肥国際空港へ。いよいよやってきました、中国へ。ただ、到着したのは現地時間の午後22時過ぎ。乗り換え時間が9時間もあり、重慶へ行く便は翌日の7時頃だったので、この日は到着ターミナルのベンチで野宿することに。

合肥空港、なかなか広い。ベンチも広々と使えて快適に過ごせました。ただ、蚊が多かったのは誤算だった。いきなり数カ所喰われてしまった。しかも、日本の蚊よりも痒いのでタチが悪い。

虫除け持ってきて正解でした。

そして翌日、合肥から重慶へ。

たった2時間のフライトなのに機内食が出るなんて、気が利いてるね

あんまり美味しくなかったけどw パンは普通に美味かったです。

そして、いよいよ重慶に到着。マレーシア人の友達(女の子)と合流し、いよいよ中国旅行がスタートしました。

【目次】中国旅行シリーズの記事

【重慶シリーズ】

【中国旅行】1日目 重慶市内観光&美味しい物食べ歩きツアー

【中国旅行】2日目 重慶 風流漂う飲食街「磁器口」の観光&食べ歩き

【中国旅行】3日目 重慶 温泉でリラックス&夜景が素晴らしい「洪崖洞」の商店街を観光

 

【成都シリーズ】

【中国旅行】4日目 重慶→成都へ移動 夜の成都観光&中国一の激辛鍋に挑戦

【中国旅行】5日目 成都 人民公園で中国本場のお茶体験&中国の浅草「錦里歩行街」を観光

【中国旅行】6日目 成都 世界遺産「都江堰」観光&まるで唐辛子の海!激辛鍋再び

【中国旅行】7日目 成都 成都歌剧院の演劇・ショーの鑑賞&安くてうまい店発見!

【中国旅行】8日目 成都 パンダの楽園「成都大熊猫繁育研究基地」に行ってきた

 

【九寨溝】

【中国旅行】9日目 バスで成都から九寨溝へ向かう途中、まさかの「ニーハオトイレ」に出会う!

【中国旅行】10日目 その1 これが世界遺産の九寨溝!死ぬまでに行きたい場所に認定

【中国旅行】10日目 その2 九寨溝行くなら必須!九寨千古情のショーのクオリティーが高過ぎ!

 

【昆明】

【中国旅行】11日目〜最終日 旅はいよいよ終盤に!成都→昆明行きの寝台列車がカオスだった

 

【中国のお勧めプリペイドsimカードについて】

中国旅行用のプリペイドsimはFacebookもLINEも使える中国聯通がお勧め!

>>中国聯通のsimカードの詳細はこちらから

 

重慶で早速トラブル発生!

さて、重慶に到着したらこの日から3日間泊まるアコモデーションにチェックインするため、とりあえずバスに乗り重慶の中心部へ。

バス停を降りたらマップを使って彼女が予約したというアコモデーションへ向かう。因みに、中国ではGoogleマップは使えないので、他のマップをインストールしておく必用があります。iPhone であれば、付属のiOSマップでOK。

さて、予約したというアコモデーションに着いたのだが、周りにはどう見てもでっかいビルと飲食街しかない。アコモデーションの看板すらない。

とりあえず、その場所と思わしきビルの受付の人に聞いてみたら、どうやらそのビルの地上22階の一室にあるとのこと。そりゃ分からんわ(笑)

そして、いざチェックインしようとしたら…

な、何と予約が取れていない!?

彼女は間違いなく予約したらしい。どうやら、Booking.comというサイトで予約したのだが、肝心のオーナーがチェックしていなかったらしい。

さらに悪い事に、すでに予約で一杯だったのだ。まさか、初日でこうなるとはw

そこで、オーナーはある事を提案してきた。

ここにあるソファーで寝る?それともここにテント張って寝る?

なんだその究極の提案は?ダジャレですか?笑

僕は別のアコモデーションを探したかったが、雨が降っていて移動するのも大変だし、目の前に飲食街があって便利だからここで泊まろう、という彼女の提案に賛成。

ソファーで雑魚寝はさすがにキツいので、テント泊をチョイス。こんな感じ▼

テント小さっ!w

173cmの僕にとってはちょいと窮屈なテントでしたが、まぁキャンプ生活には慣れているしネタだと思って楽しもうと決めましたw

 

中国は思った程悪い所ではなかった

さて、話を戻して中国を旅行して僕がどう感じたかを話していこうと思います。

まず、中国に来て思ったのが、僕が今まで抱いていた中国のイメージとはだいぶ違うという事。良い意味で裏切られ、個人的にはかなりのカルチャーショックでしたね。

それでは具体的に紹介していきます。

 

さすが本場の中華料理!どれも美味しい!

これは半分想定内で半分想定外でした。

僕は昔から中国料理が好きで、子供の頃はよく中華料理店に連れていってもらうくらいでした。皆さんも中華料理はお好きなのではないでしょうか?

しかし、大人になってから気付いたのです。日本の中華料理は日本人向けの味だから、本場の中華料理とは全然違うよ、と。

これを教えてくれたのは大学時代の中国人の友人(女性)。一度彼女のアパートにお邪魔して中華料理をご馳走になった時、今まで食べてきた中華料理とは味付けが全然違う事が分かったのです。

これを機に、本場の中華料理に興味を持ち、いつか中国行ってみたい(料理のためだけにw)と考えるようになりました。そしてその夢が実現!

中華料理の代表と言えばギョーザやシューマイ、担々麺などがありますよね。

しかし、中国来て驚いたのが私たちお馴染みのギョーザやシュウマイよりも、麺類や串物、腐豆腐など日本ではあまり見かけない中華料理が非常に多かったこと。

そして、基本的に辛い。いや、めちゃくちゃ辛いww

特に、僕が一番最初に行った重慶は辛い料理が有名で、目にする料理のほとんどは辛いものばかり。

しかも、ビックリする程辛いですよ。マジで。

酸辣粉という透明の麺。モチモチした食感と辛さが癖になり旨い!

でも、ビックリするくらい美味しいんですね、これが。

緑のきしめんみたいな料理。スープがめちゃ辛かったが旨い!

もちろん、行く地域や都市によって名物料理が違うので、例えば北京とか上海に行けば日本でみるような中華料理に出会えるかもしれません。ただ、せっかく中国来たのだからローカルでしか食べられない名物料理を食べなきゃね。

もちろん、スイーツ系も沢山あり、日本の中華料理店では食べられないようなものばかりがずらりと並んでいました。これは中国来て良かった事の1つであり、予想外に感激した出来事ですね。

【中国旅行】1日目 重慶市内観光&美味しい物食べ歩きツアー

【中国旅行】2日目 重慶 風流漂う飲食街「磁器口」の観光&食べ歩き

 

中国の奥地に行けば素晴らしい観光地も多い

中国ってPMナンチャラとかで空気や街が汚いイメージがありますよね。

でも、それは北京とか上海の本当に大都会だけです。中国は知っての通り物凄く広い。果てしない。

中国の奥地に行けば、「ここは中国ですか?」と目を疑うような素晴らしい観光地が多いのです。今回はそのうちの1つ、「九寨溝」に行ってきました。

エメラルドブルーに輝く湖。

そして、山地を流れる清水。

大迫力の滝の数々には圧倒されました。

九寨溝についてはまた別の記事で書こうと思いますが、とにかく中国にもこんなに素晴らしい場所があるのか!と驚きました。

【中国旅行】10日目 その1 これが世界遺産の九寨溝!死ぬまでに行きたい場所に認定

 

公共交通機関がビックリするほど安い!

中国は日本よりも物価が安いとは聞いていたものの、その想像を遥かに下回る程安かったのが公共交通機関の料金。

  • 市バス 2元(約32円)
  • 地下鉄(初乗り) 2元(約32円)
  • 長距離バス(8時間, 430km) 150元(約2,500円)
  • タクシー(初乗り) 約15元(約250円)

 

特に市バスと地下鉄は目を疑う程安いのがお分かり頂けたでしょうか。

日本だと市バスや地下鉄だと200円以上が普通ですよね。

しかも、地下鉄に関しては日本の地下鉄よりも設備が整っており、車両もかなり綺麗でした。ちょっと安すぎるのではと心配になってしまいますね。まぁ、個人的にはかなり助かりました。

 

中国人は意外と大人しい

個人的に一番意外に感じた事。もともと中国人に対してあまり良いイメージを持っていなかったので、きっと皆自分勝手で怒りっぽいだろうと思っていました。(←中国人の皆さん、すいません)

しかし、いってみるとそういう人は一部でほとんどの人は大人しい印象でした。特に街中の若者(学生等)はマナーもしっかりしているようで、バスや地下鉄でも真面目に並んでいる人が多かったです。

マナーが悪かったり列をすっ飛ばして割り込みするのは意外と中高年の人に多かったですね。今時の若者はしっかりしています。

 

やっぱり!?実際に体験した中国のあるある

とはいいつつも、やはり中国って色んなマイナスイメージがありますよね。

覚悟はしていたものの、体験してみて「やっぱり!」という出来事も結構ありました。その中でも典型的な中国あるあるがこちら▼

スポンサーリンク

  • 信号無視は当たり前
  • バス、タクシーの運転が非常に荒い
  • 列への割り込みは当たり前
  • トイレが汚い&基本紙が無い
  • ほとんどの店員・スタッフは無愛想

 

予想はしていたものの、中国で一番酷かったのが交通事情。車の割り込みは当たり前、ウィンカー出さない、そして信号無視。乗用車だけでなくタクシーや公共のバスの運転もクソ荒い。こんな状況でよく事故が起きないなと感心する程、交通状況は最悪でした(笑)

しかも、歩行者完全無視の車優先社会なので横断歩道を渡っていても車が普通に突っ込んできます。僕も旅行中何度轢かれそうになったことか。何度、デンジャラス!と連呼したことか。

そして、中国で有名なのが列への割り込み。これは噂通り、日常茶飯事に起きていました。また、割り込み方もえげつなく「え!?私何か悪いことした?」と言わんばかりのドヤ顔で潔く割り込みしてくるもんだから、こちらも何も言えないではありませんかw

まぁ、これが文化なのでしょうがない事ですが、日本でこれやられたらさすがにイラッとしますね。ただ、前述の通り中国人の若者は結構マナーが良く、真面目に並んでいる人が多かったですよ。

トイレが汚いという話も聞いていましたが、これは場所によりけりですね。地下鉄のトイレや公衆トイレは汚い所が多く、う◯こが山盛りで放置されている所もありましたね。あとは、紙が無いのはこれ基本です。自分でティッシュペーパーを持参する必用があります。忘れたら手で拭くしかありませんからねw

最後に気になったのはほとんどの店・施設の店員やスタッフは無愛想極まりないこと。たいていの店員は無言・無表情で接客してきます。

あるコンビニの店員にいたっては、忙しいか知らないが舌打ちまでされましたからね。ここまであからさまだと逆に清々しいわw

言葉を発してくれただけで感動したとか、どんだけ接客レベル低いんや!てか、日本の接客レベル高すぎや!w

 

中国に来て一番驚いたこと

上で紹介した内容でも、実際に体験してみるとその凄さには驚かされますが、僕が一番驚いた事が別にあります。

それは、地下鉄、鉄道、バスターミナルの施設に入る度に荷物検査をしなければならないという事。

普通、荷物検査って空港か国会などの重要機関以外ではしないですよね。(ドームやライブ会場等の入場時には軽い荷物チェックがあるかもしれませんが)

それが、中国では空港はおろか、地下鉄やバスターミナルでも荷物チェックがあるんです。しかも、空港みたいにX線に通して。

荷物の中でも特に見られるのが液体。ペットボトルやタンブラーなど液体の入る容器を持って侵入する場合は必ず荷物検査を受けなければならない。

地下鉄は非常に便利なので旅行中は頻繁に使用していましたが、地下鉄利用する度に荷物検査とか本当にダルい。確かに、万全のテロ対策としては安心できるが、ここまでする必用はあるのだろうかと疑問に思いましたね。

そして、もう一つ驚いた&面倒くさいのが長距離バスや鉄道のチケットに至っては買うのにパスポートが必用という事。

これが超絶面倒くさい。まず、チケットを買う時にパスポートを見せる→係員がチェックして手入力→お金を払ってチケットを受け取る。そして、鉄道の場合、改札に入場する際にもチケットとパスポートを見せる→係員がチェックして手入力→照合したら通過できる。

なんだこの面倒臭さは!!笑

中国人は各自ICチップ内蔵のID(マイナンバーカードみたいな身分証明書)をかざすだけで通過できるので便利だが、外国人にとっては非常に厄介。

僕が中国に来て一番衝撃かつ面倒だと思った出来事でした。

きっと、ヨーロッパとか他の国にも同じようなシステムがあるのかもしれませんが、日本の便利さに慣れている身としては不便極まりないと感じましたね。まぁ、料金がめちゃくちゃ安いのが唯一の救いですね。

 

今後また中国に行きたいかと聞かれたら…

結論から言うと、よっぽどの事がない限り自らの意志では行かないでしょう

まぁ、中国には元々そんなに興味が無かったのと、色々と面倒くさい事が多いので。

だからと言って、中国には美味しい料理や素晴らしい観光地などの魅力が沢山あるので、行きたくないかと言われたら嘘になります。

友達に誘われるか、仕事で行く用事ができたらまた中国に行くでしょう。

以上、大まかな中国旅行で感じた概要をご紹介しましたが、個人的には中国よりも台湾に絶大な興味があります。来年辺りに台湾でも行こうかなと今、密かに計画中。←密かになってないw

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選