11/4(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復99,000円〜】
航空券

【体験レビュー】直行便ニュージーランド航空の機内サービスが凄い!

ニュージーランドへ行く航空会社はいくつかありますが、その中でも便利でお勧めなのが直行便のニュージーランド航空(Air New Zealand)。

成田からオークランドへの直行便で、途中で乗り換えたり、乗り換えの待ち時間を節約できるのが大きなメリット。

僕は面倒くさがりなので、ニュージーランドへ渡航する時や一時帰国の往復時には全てニュージーランド航空を利用しました。

 

そこで驚かされたのが、機内サービスのレベルが高いこと。

おかげで成田からオークランドまで約12時間と長い空の旅をとても快適に過ごすことができました。

 

そこでニュージーランド航空の機内サービスがどれほどすごいのか、自身の体験も踏まえてレビューしたいと思います。

 

機内サービスのここが凄い!

気になる機内サービスの内容。

長時間のフライトを有意義に過ごすためにも機内サービスの充実が欠かせません。

 


出典:https://warashibe.info/blog/archive/2016/07/airnzjp.html

ぼくはワーホリ中に2回(2往復)ニュージーランド航空を利用していますが、乗る度に機内サービスの内容に感動します。

そんなニュージーランド航空の機内サービスの素晴らしさを詳しくご紹介していきます。

 

映画のラインナップが豊富

機内には各席1台ずつタッチスクリーン式モニターが付いており、映画や音楽等ができます。

ぼくはフライト中はずっと映画を見ていましたが、その内容の充実度に驚かされました。

特に驚いたのが最新の映画が観れること。

洋画が多いですが、日本の映画も意外と多いです。

ここ最近、ニュージーランド航空を利用した友達に聞いた話だと、あの人気映画「君の名は。」が視聴出来るんだとか。

この映画は去年上映されたばかりでまだ1年も経っていないのに。

 

また、最新の洋画も数多くラインナップされているので、映画好きにはたまりません。

ニュージーランド航空を何回利用しても飽きることが無いでしょう。

 

ちなみに、パネル側面にはイヤホンジャックがついているため、自分のお気に入りのイヤホンを持参して映画を視聴することができます。

備え付けのイヤホンは音質があまりよくなく無駄に大きいので、ぼくはiPhoneのイヤホンで映画を視聴していました。

 

また、オマケですが画面下にUSBジャックも付いているのでスマホを充電する事も可能です。

まぁ、飛行中はスマホは一切使いませんでしたが…。

 

タッチスクリーンでドリンク・スナックの注文が出来る

さらに、タッチスクリーンモニターにてドリンクやスナックの注文をすることも出来ます。

わざわざスタッフを読んで注文しなくても良いので便利です。

 

オレンジジュースやコーラ等の冷たい飲み物から、コーヒーやお茶などの温かい飲み物まで豊富なラインナップ。

スナックはニュージーランドの名産、「Cookie Time」を注文できます。

このクッキー、めちゃくちゃ美味しいですよ!!あまりの美味しさに5枚ほど注文しちゃいました(笑)

 

 

更に、アルコール類ではビールやワインも注文することができます。

ワインはどれもニュージーランド産。ニュージーランドはワインの名産地ですが、その美味しいワインを機内で頂けるのは嬉しいですね。

更に嬉しいことに、何と全ての飲み放題!!もちろんワインもビールも!!

ニュージーランドに着くまでの間、ニュージーランド産のワインを存分に堪能できますよ

ただ、飲み過ぎには注意しましょう。

※離陸時や機内食サービスの前後、気流が乱れるなどしてシートベルトの着用サインが出ている時はモニターでの注文ができません

 

機内食が豪華

そしてもう一つ凄いと思った機内サービスが、機内食の豪華さ。

ニュージーランド航空の機内食は世界機内食ランキングでも常に上位をキープしている程クオリティが高いそうです。

ニュージーランドまでの片道で、機内食は朝食と夕食の2回出ます。こちらが朝食。

 

 

中身は写真を撮るのを忘れたので覚えていませんが、和食(鮭)か洋食(スクランブルエッグ)から選べます。

付属のヨーグルトはもちろんニュージーランド産。

ニュージーランド産のミルクを使ったヨーグルト、クリーミーでとても美味しいです。

 

そして夕食がこちら。

メインとパン、サラダ、デザートのケーキとチーズ&クラッカー。

こちらも和食(ビーフ)と洋食(チキン)が選べますが、ぼくは和食のビーフを選択。

 

 

見た目以上にボリュームがあって、お肉も柔らかく美味しかったです。

付属のデザートもなかなか美味しかったですよ。

 

 

さらに、運が良ければアイスクリームが配られることも

KAPITIのアイスはNZでとても人気のアイスクリーム。

僕が食べたのはホワイトチョコ&ラズベリー。

 

 

このホワイトチョコ&ラズベリーはニュージーランドでも人気のあるフレーバー。

機内で食べられるなんて嬉しいですね。

スポンサーリンク

Air New Zealand にかかる費用は

これだけレベルの高い機内サービスが付いているニュージーランド航空ですが、気になるのが料金。片道でかかる料金のめやすをご紹介します。

ニュージーランド航空の直行便を利用できるのは基本的に成田空港。

 

ただ、最近では関西国際空港からも日付限定で直行便が出ています。

詳しくはニュージーランド航空公式サイトをご確認下さい。

 

  • 成田⇔オークランド

片道7万円前後。ただし、ゴールデンウィークや正月等は片道だけで2倍以上(18万円程)の料金がかかるので、繁忙期でない時期が狙い目です。

 

  • 関空⇔オークランド

こちらも片道7万円前後。繁忙期は成田と同じく2倍以上の料金です。

 

正直なところ料金は高めです。ジェットスター等の格安航空会社を使えば半額以下の料金で行くことができます。

 

ただ、ニュージーランド航空は不定期でセールを行っています。

時期によっては成田〜オークランド間の往復が69,000円〜という、破格の値段になることも。

(ゴールデンウィーク、お盆、正月の期間は高いです)

セールは予告なしで行われるので、気になる方は常時ニュージーランド航空の予約サイトをチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【2019年9月】ニュージーランド航空の最新セール情報!最安値で予約できる時期は?※10月3日更新(現在セール開催中!!最安値99,000円〜) >>セール価格での予約はこちら ニュージーランド...

 

まとめ

以上、ニュージーランド航空の機内サービスの素晴らしさをご紹介しました。

ぼくはワーホリ中に一時帰国も含めて、ニュージーランド航空を2往復利用しました。

直行便で乗り換え不要という便利さもありますが、それだけでなく長時間フライトでも快適に過ごせるような機内サービスは素晴らしい。

セールを狙えば格安チケットとかわらないくらいお得に行けるのでオススメですよ。

 

あわせて読みたい
【2019年最新版】ニュージーランド行き航空券の相場は?最安値で予約するコツは?みなさんはニュージーランド行きが決定したら、まずは航空券を予約するかと思います。 その航空券、航空会社や時期によって大きく値段が違...
ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選