ワーホリの仕事情報

アスパラガスの仕事が稼げる?チェリーシーズン前のお勧めシーズナルワーク

ニュージーランドには色んなシーズナルワークがありますが、中でも特に人気なのはチェリーピッキング。シーズナルワークの中でも特に稼げる仕事として有名で、毎年大人気であっという間に埋まってしまう仕事です。

そんなチェリーピッキングですが、始まるのが大体12月中旬以降。アプライ(基本的にオンライン)が始まるのが10月初旬からなので、アプライしてからチェリーが始まるまでの間、何しようか迷う方もいると思います。

僕自身も9月中旬にヴィンヤードの仕事を終えてからチェリーが始まるまで何しようか真剣に悩んでいました。ワーホリならこの空白の期間はぜひとも他の仕事をしたいはず。

とは言っても、9月〜12月中旬ってあんまりシーズナルワークの募集が無いんですね。あるにはあるんですが、あまり稼げない事が多い。

そんな時にワーホリ友達(Aさん、女性)から教えてもらった絶好の仕事が、アスパラガスのパッキングの仕事

結局僕はこの仕事をしませんでしたが、彼女は10月からこの仕事を始めてかなり稼いでいました。そこで、今回はAさんへのインタビューを元に、アスパラガスの仕事や稼げる金額等についてご紹介していきます。

チェリーシーズン前に一稼ぎしたいワーホリさん必見です。

アスパラガスの仕事とは?

パッキング

出典:https://www.flickr.com

アスパラガスのパッキングは収穫されたアスパラガスをある本数ごと(重さごと?)に束ねていく作業です。

自動で束ねてくれるマシーンが導入されている工場では、パッカーはアスパラガスを規定量まとめたり並べていく作業をするそうです。

 

グレーディング

出典:https://www.flickr.com

グレーディングはアスパラガスがパッキングされる前に色や形が悪いものを取り除く作業の事です。

工場によってグレーディングの仕方は異なりますが、基本的にはラインに流れてくるアスパラガスを目視して取り除いていく方法が一般らしいです。

 

 

ピッキング

ピッキングは生えているアスパラガスをひたすら収穫していく作業になります。

アスパラガスが地面から生える野菜なので、作業は腰を曲げながらになるため大変だと言われています。特に腰痛持ちの方には過酷過ぎるのでお勧めはできません。

 

以上が大まかな仕事内容になります。

アスパラガスのピッキングからパッキング、出荷までの流れを紹介している動画もありましたので、興味があったら見てみて下さい。

 

Aさんの仕事内容とパックハウスの場所は?

Aさんの仕事内容はアスパラガスのパッキングとグレーディング。所属していた工場では基本的にポジションは固定型ではなく、定期的に変わるそうです。

そのため、パックハウス内の仕事は一通り経験したのだとか。因みに、ピッキングの仕事はしないそうです。ピッキングは基本的にピッカーが行います。腰曲げて作業し続けるのでめっっちゃ大変そう!と気の毒に感じていたそうです。

そんなAさんが働いていたパックハウスは、クライストチャーチから約1時間、アッシュバーン(Ashburton)にある「LeaderBrand」という会社

ニュージーランド国内にも複数箇所工場を展開している会社で、スーパーの野菜売り場などでもよく見かけるメジャーなブランドです。この会社はアスパラガス意外にもブロッコリーやレタス、スイートコーンなど様々な野菜を取り扱っています。

各野菜ごとにシーズンがありますが、アスパラガスのシーズンは10月から1月にかけてと言われています。僕もシーズン中にLeaderBrandのアスパラガス買って食べたんですけど、とにかく太くて新鮮で美味しいんです!そして安い!(1束8〜10本で2ドル=約160円くらい

それに免疫や肝機能の向上にも良いとされており、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含まれており女性に嬉しい美肌効果も期待できる、まさに万能の野菜なんだそうです。

はい、どーでも良いこと話しましたが(笑)、詳しい情報はLeaderBrandの公式ウェブサイトをご覧下さい。アッシュバーン、結構良い街ですよ。

 

【LeaderBrand South Island Limited】
416 Chertsey Road
Ashburton
Phone: 03-302-2897
Fax: 03-302-2885

 

シーズン中に稼げる金額

ずばり、シーズン中に稼いだ金額は?

Aさんがアスパラガスの仕事を始めたのが2016年10月入ってから。Aさんは1月からチェリーのソーティングの仕事(僕と同じパックハウスですw)をする予定だったので、アスパラガスを辞めたのは12月の中旬。期間にして約2ヶ月半ですね。

まずはAさんが1週間で平均どれくらい稼いでいたかというと、

 

500〜950ドル

 

しかも手取りの金額だそうです。シーズン始めの方はあまり忙しくなかったそうですが、シーズン真っ只中の11月〜12月初旬はめちゃくちゃ忙しかったそうです。最高出取りが950ドルくらい。その時の額面は1,300ドルくらいいっていたのだとか。

因みにニュージーランドでは1週間の給料がある一定の金額を超えると税金が跳ね上がるらしい。なので、1,300ドルも稼いだのに、300ドル以上税金で持っていかれてしまったのです。300ドル(約24,000円)ってかなり大きいですよね。スカイダイビングだってできちゃいますよw

そして、続いては約2ヶ月半で稼いだ合計金額は、

 

約7,500ドル!!!

 

2ヶ月半で7,500ドル!結構稼いでますね。日本円で約60万円なり。因みに手取りの金額です。

僕もこの仕事やっておけばよかった〜!なんて今更思いますが、話を聞くとピーク中は長時間労働で休みも少なくかなり大変そうだったので、僕には無理だと悟りましたw

最低時給(当時15.25ドル)でこれだけ稼いだんですから、労働時間もハンパないんでしょうね(゚д゚)!

 

勤務時間・休日はどれくらい?

さて、これだけ稼げるのは魅力的でしょうが、労働時間や休日はどうだったのでしょうか?

出勤時間は朝の6時くらいで、出勤日数はというとシーズン初期など忙しくない時期でで週5日程度、1日の労働時間は8時間以下だったそうです。

そして、シーズン真っ只中のクソ忙しい時期は週6〜7日、1日12〜13時間だったそうです。ヤバいですねw

しかも、住んでいるアコモデーションからパックハウスまで車で30分くらい(往復1時間以上?)あったので、拘束時間は更に長くなり家に帰ったら寝る時間しかなかったそうです。職場環境は結構ユルく、それだけが唯一の救いだったらしいですがw

それにしても、ここまで自分を追い込めるドM(←Aさんの事言ってるわけじゃありませんよw)でない限り、ちょいと大変な仕事かもしれませんね。ただ、稼げるというのは事実みたいなので、チェリーピッキングで一山当てる前にアスパラガスで稼いでおくのもありかもしれません。

 

アプライする方法

さて、アプライする方法ですが、Aさんがアプライした方法のみご紹介します。

スポンサーリンク


まず、アプライした時期は9月の頭とのこと。アプライは現地のパックハウスに直接行ってしたそうです。キウイのパッキングの仕事で出会った中国系の外国人友達に紹介され、その友達含む複数人と一緒にアプライしに行ったとのこと。

あまり大きなパックハウスではないので、募集人数も少ないのかもしれません。そのため必ずしも仕事を得られる確証はないのでご了承下さい。

一応、Aさんは9月頭にアプライ(開始時期早々らしい)して仕事を得られたので目安としてはこれくらいですが、その辺は現地行って直接確認するか電話して聞いてみるとよいでしょう。

ところでニュージーランドに来て思ったんですが、中国系のワーホリのネットワークって本当に凄いです!彼らの仕事に対する情熱は我々の想像を遥かに超えていて、それ故地元の人ですら知らないような良い仕事情報を沢山持っている(共有している)のです。

僕もニュージーランドで沢山の中国系のワーホリと仲良くなりましたが、彼らの団結力は総じて凄いなと関心しました。もちろん、仲良くなったことで色々仕事の情報をくれたりもしましたよ。彼らのネットワークを活用してみるのもアリかもしれません

 

アコモデーションについて

アコモデーションは仕事のアプライをしに行った時に、パックハウスのスタッフに紹介してもらったそうです。

アコモデーションがまだ決まっていない場合はアプライ時に聞いてみると良いでしょう。ただし、Aさんが紹介されたアコモデーションはパックハウスから30分と遠いので、それでも良い場合は紹介してもらうと良いでしょう。

と言っても、パックハウスの周りは何もないらしいので、アコモデーションの選択肢も限られてくるらしいですw

 

まとめ

以上、アスパラガスの仕事内容でしがたいかがでしたでしょうか。チェリーシーズン前にも稼いでおきたいという方にはもってこいの仕事ですね。ここで上手くチェリーピッキングの仕事もゲットできたら短期間でかなり貯金できるでしょう。Aさんはニュージーランドに来てからほぼ丸1年間ストイックに仕事をこなして、渡航前に比べて倍以上に資金が増えたそうです。ただ、レイジーボーイの僕にはそこまでする気力はありませんでしたが(笑)

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選