11/11(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復99,000円〜】
中国旅行

中国旅行用のプリペイドsimはFacebookもLINEも使える中国聯通がお勧め!

これから旅行や仕事の出張で中国に行く方にとって気がかりなのが現地でのネット環境。

現地でsimカードを買うか、またはホテルやカフェ、空港などのWi-Fiのみでやり過ごすか、もしくは海外用モバイルWi-Fiをレンタルして行くか、色々考えがあると思います。

そこで、今回は僕も中国旅行で使用した、日本で買える中国用のプリペイドsimカードをご紹介します。

中国のネット規制によって使えないFacebookやLINEも使えるので、これから短期で旅行や仕事の出張で中国に行く方におすすめです。

中国ではネット規制でFacebookもLINEも使えない!?

中国はネット規制が厳しいと言われており、これから中国に行く方にとっての悩みのタネでもあります。

では、どれほど規制されているのかと言うと、GoogleやFacebook、LINEなどGoogle関係や中国国外のSNS関係は全て規制の対象となっており使えません

私たちの生活でGoogle先生やFacebook、LINEがどれほど欠かせない存在になっているのか、中国に行ってその使えない不便さは実に大きいです。

また、他にはTwitter、Instagramなども規制によって使えません。中国旅行で美味しいグルメ、綺麗な景色に出会ったら直ぐに写真撮ってインスタでシェアしたいものですが、中国のネットではそれが出来ないんですね。残念です。

では、中国ではSNSを利用する術がないのか、というとそうでもありません。

中国には独自のSNS「WeChat」というアプリがあります。WeChatは日本でいうLINEのようなもので、個人やグループ同士のやり取りが簡単に出来るコミュニケーションツール。(てか、ほぼLINEのパクリじゃね?w)

また、それだけでなくWeChatにはwebで決済できるサービスがあり、例えばレストランで食事をしたら会計時にWeChatの個人QRコードを専用のコードリーダーで読み取ってもらうだけで決済が完了するという非常に便利な機能も付いています。

中国ではこのWeChatが広く使われているんですね。実際にニュージーランドで出会った中国人友達は皆例外なくWeChat使っていました。

ただ、WeChatって中国人友達とやりとりする以外ではほぼ使いません。やっぱり普通のSNSが使いたいですよね。

 

中国のネット規制を逃れる方法もあるみたいだが…

そこで、中国人友達から聞いた話によると、中国国内でもVPNソフトやアプリをインストールするとFacebookやLINEなども使えるようになるらしいです。

やり方は簡単で、VPNソフトをインストールしてアプリを立ち上げ、起動するだけ。

ただ、どのVPNが良いのか分からないのと、中には数日間限定でそれ以降は料金が発生するものや、色々とオプションで課金しなければ使い物にならないアプリもあります。

僕も最初は色々VPNを試してみましたが、そういうのが面倒なので結局断念しました(笑)

そして、代わりに見つけたのがネット規制を逃れられる「中国聯通」のプリペイドsimカードでした。

スポンサーリンク

FacebookやLINEも使える!?香港の「中国聯通」がお勧め!

中国では普段使っているSNSが使えないのが最大の悩み。そんな悩みを解決してくれるのが香港の中国聯通(チャイナユニコム、China Unicom)のプリペイドsimカード

中国聯通のメリットを以下に挙げると、

  • 中国国内でFacebookやLINEなどのSNSが使える
  • 中国国内でGoogleが使える
  • 料金が格安
  • simフリーのスマホに挿すだけですぐ使える

 

何と、中国で使えないと言われていたSNSやGoogleが中国聯通では使えるのです。では、なぜ使えるのでしょうか?

今回ご紹介する中国聯通のプリペイドsimカードは中国国内のsimとは異なり、海外ローミングで香港のアクセスポイントと間接的に通信するため、中国のネット規制から逃れることができるんです。

料金が格安なのも中国聯通の大きなメリット。

「海外ローミング」というキーワードに引っかかって料金面の不安を感じる方もいるかもしれませんが、あくまで香港の中国聯通simカードは海外ローミングで使用される事を前提としているので、ローミングしたからと言って料金(データの減り)は変わりません。普段通り、格安でネットを使う事ができます

ただ、残念ながらGoogleマップは使えないです。一応表示はされるのですが、現在地が大きくずれているのと、店やホテルなどの住所があべこべになっているからです。

僕が現地で唯一使えたマップはiPhoneに付属のiOSマップ。Googleマップで発生する位置ずれが無く、店やホテル、施設の住所もほぼ合っています(一部間違いがありましたが)。

これが想像以上に便利で、徒歩での散策やバス、電車の乗り換え情報などがスムーズに行えました。僕は中国語が喋れるマレーシアの子と一緒に旅行しましたが、それでもバスや電車の乗り換え方法に悩む事が多かったです。

目的地を入力するだけで、何番線の電車、バスに乗れば良いのか、かかる時間や費用まで表示してくれるので非常に助かりましたね。Google先生が使えない中国では神マップです。simフリーのiPhone買って正解でした。

 

中国聯通のsimカードはAmazonで買える!日本語マニュアル付きで便利

 

嬉しいことに中国聯通のプリペイドsimカードがAmazonで売っています。

わざわざ現地で買わなくても良いので楽ですね。しかも、Amazonで買うと日本語マニュアルが付いてくるので、何か分からない事があっても安心です。

ただしデータ専用なので電話は使えませんが、今や電話番号がなくてもFacebookやLINEで無料通話が出来る時代なのであまり必用ないでしょう。

Amazonで売られている中国聯通のsimカードで最も人気なのは7日間で2GBのタイプ。1週間2GBも使えて約1,500円とかなりお得なのがお分かり頂けると思います。

また、一ヶ月近くの長期滞在なら30日間で1GBのsimカードがお勧め。

どちらが良いかはネットの使用頻度や滞在日数にもよりますが、2週間までの滞在であれば上の7日間2GBの方をお勧めします。日本を出国する前に購入しておきましょう。

そして、どちらも残データが無くなるか期限が過ぎたらネットでトップアップする事ができます。

ただし一つ注意点があります。それは、「残データが無くなるか期限が過ぎた」時点でネットへの接続ができなくなります。つまり、トップアップするにはWi-Fi経由でする必用があります。

滞在先のホテルやバックパッカーズで切れればそのままトップアップできますが、外出中に切れたら詰みます(笑)ですので、残データが無くなりそう、もしくは期限が近づいてきたら早めにトップアップしておきましょう。チャージ方法は日本語マニュアルに載っています。

一応、残データの確認方法はあるみたいですが、僕はよく分からずギブアップ。まぁ、2週間の旅行で1度だけトップアップしましたが、1日くらいネットが使えなくて困る事はそうそう無いので大丈夫です。

以上、参考になれば幸いです。

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選