NZのホテル・宿

クライストチャーチの日本人経営バックパッカーズ「Kiwi House」は日本人だらけだった

まず、初めに誤解されないように言っておくと、日本人だらけである事が決して悪いという意味ではありません。僕自信、どの国よりも日本を愛し、日本人の事も好きなので。

ただ、日本人が多い少ないに関わらず事実としてこういう所もありますよ、というご紹介をしたいまでです。

さて、話を戻しクライストチャーチに日本人が経営するバックパッカーズがあるのはご存知でしょうか。

日本人が安心できる宿として、大勢の日本人ワーホリメーカーや旅行者に愛用されており、僕もワーホリ中にKiwi Houseに合計2週間お世話になりました。

そこで泊まってみて感じたのは、日本人が多くて安心できる反面、あまりに日本人が多くて「ここはジャパンか!」と思う程でした。今回はそんなKiwi Houseの特徴や、滞在してみて感じたことについて書いていきます。

これからワーホリや留学、旅行でKiwi Houseを利用される方の参考になれば幸いです。

クライストチャーチのバックパッカーズ「Kiwi House」ってどんな所?

Kiwi House は日本人女性が経営するバックパッカーズ。

「日本人が安心して休み、エネルギーを補充できる空間を作ること」

をコンセプトに建てられたそうです。

日本人同士が交流しやすい空間で安心&リラックスして過ごしてもらうことこそが、日本人以外の人間と出会うチャンスにつながる、とも述べています。

もちろんKiwi Houseで働いている(エクスチェンジしている)スタッフは皆日本人、もしくは日本語が喋れる外国人なので、英語が不安な方でも気軽に安心して立ち寄れる宿なので嬉しいですね。

そのため、ワーキングホリデーの方だけでなく、旅行や短期留学で来る高校生や大学生にも人気だそうです。最近ではロングステイの中高年の方もいらっしゃるのだとか。

事前に相談すれば空港やバスからの送迎(有料)も行ってくれるので、車がなくても気軽に来れるのは有り難いです。

予約は電話かホームページの問い合わせ欄からできます。予約は相部屋が2週間前、個室が1ヶ月前から予約できるので、宿泊予定の方は早めの予約をお勧めします。特に1月〜3月の夏季はすぐに満室になるので。

予約方法の詳細はこちらから

また、Kiwi Houseは以下の通り2棟あります。滞在方法(個室か相部屋か、カップル利用か)によってどちらに泊まるかが決定されるので、詳しくは予約時に確認しましょう。

 

Main Kiwi House

主に個室を利用する方はこちらのKiwi Houseに宿泊することになります。部屋数が多く、人も多いので賑やかです。

駐車場は約20台のスペースがあるので車で行く方も安心です(ただし、夏季のピーク時期は満車の場合があるので、外の路肩に駐車することになります)。

 

Small Kiwi House

こちらは主にカップルで利用する方、相部屋で利用する方が泊まるKiwi Houseです。Main Kiwi Houseに比べて小さく人数も少なめなので、比較的静かで落ち着いています。

キッチンは狭めでテーブル数も少ないので、キッチンを利用する際は時間の工夫が必用です。

 

Kiwi Houseの特徴

Kiwi Houseには他のバックパッカーズには無い特徴がありますが、 その大きな特徴を3つご紹介します。

 

個室が多い

Kiwi House の最大の特徴と言ってもよいのが、その個室の多さ。個室があるMain Kiwi House には何と28部屋もあります。

ニュージーランドのバックパッカーズの中では、個室数が最も多いバックパッカーズなんだそうです。相部屋が一般的なニュージーランドにおいて、非常に珍しいバックパッカーズなのです。

バックパッカーズでプライベートな空間を確保できるのは嬉しいですね。相部屋特有の、荷物の心配もしなくて良いので。

 

他のバックパッカーズよりも割安。長期滞在割引もあり

個室となると、お値段高いんじゃない!?って思いますよね。

しかし、聞いてビックリ見てビックリ(゚д゚)!

何と、個室1泊で38ドルなんです。個室ですよ(←ここ重要)。日本円で約3,000円ですよ。普通、ニュージーランドのバックパッカーズで個室に泊まると安くても50ドルはします。高いと70〜80ドルなんてザラ。

それと比較すると圧倒的に安いことが分かるかと思います。しかも、1週間以上の長期滞在の場合は割引があり、1泊当たり28ドルになるんです。凄いでしょ!

しかも、個室もなかなか居心地が良いのです。

写真暗いですが、机とイス、電気スタンド、棚やハンガーなど、必要最低限のものは全て揃っているんです。(ホテルじゃないんで歯ブラシとかタオルとかは付いていませんよ)

こんなに安くて快適なら、そりゃ長期滞在したくなりますよ〜w

 

日本人が多い

そして、日本人経営ってのもありますが、バックパッカーズ内は比較的日本人が多いです。いや、7〜8割は日本人だった気がします。

スタッフがほぼ全員日本人なのもありますが、宿泊客も日本人が多いんだそうです。結構、日本人の間ではKiwi Houseは有名なので、噂で聞いたりすることがあると思います。

そして、ワーホリする人なら一度はクライストチャーチに行く、はず。

そうなると、チャーチに滞在する→Kiwi Houseという流れになるんですね。

Kiwi Houseはいわば日本人の楽園なのです。

そのため、人によっては日本人が多いのを嫌う方もいますが、僕はむしろ大歓迎です。ここで会う日本人は変わっている人が多い(←人のこと言えないw)ので、話も面白いしフィーリングも合いやすいです。

日本人とばかりつるむと外国人友達が出来ないなんて言われていますが、むしろ日本人の友達を作ることで日本人以外と出会うチャンスが増えるのです。これ、僕の経験から間違いないです。

 

Kiwi Houseでは時々エクスチェンジの募集もしている

Kiwi Houseのスタッフのほとんどはワーキングホリデーで来ていて、皆エクスチェンジで滞在しています。

エクスチェンジはそのバックパッカーズでスタッフとして一定時間働く代わりに、宿を無料で提供してもらえるという制度。滞在費を浮かす方法としてとても効率的なのです。

そんなKiwi House では時々、エクスチェンジの募集を行っています。よく、NZdaisukiの仕事掲示板で募集しているので、興味がある方は随時チェックするとよいでしょう。

 

エクスチェンジしている日本人の特徴

Kiwi Houseに合計2週間住んでみて、エクスチェンジしている日本人を観察しているうちに彼らに共通するある特徴がある事が分かりました。

以下にその特徴をまとめてみました。Kiwi Houseでエクスチェンジする予定の方は参考にしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

・皆、日常会話レベルの英語が話せる
・皆概してフレンドリー
・外国人に対しても積極的
・旅が好き

 

ざっとこんな感じです。エクスチェンジしている人と話したり、彼らが話している内容から考えられる特徴を挙げてみました。

Kiwi Houseには日々多くの外国人バックパッカーも泊まりに来るので、エクスチェンジしていると必然的に彼らと接することになります。その過程で英語を身に着ける人が多いんだそうです。

受付をやっている人は、外国語大学出身だったり、他国でワーホリ経験していたりと、もとから英語ペラペラな人が多かったです。

そして、皆ほぼ例外なく外国人に対して積極的な印象でした。やはりせっかくのワーホリだから、色んな国の人と関わりたい、英語を伸ばしたい、という方が多いんでしょう。彼らを見ているととても楽しそうでしたね。

最後に、皆共通して旅好きである事。彼らの話を聞いていると、結構な割合で旅の話題が出てきます。やはり、ワーホリで来る日本人は旅好きが多いのかもしれませんね。

 

Kiwi Houseに長期滞在する事のメリット・デメリット

さて、これだけ快適で安い宿なら長期滞在したい方も多いはず。現に、Kiwi Houseに泊まりに来る実に約7割が長期滞在だと言います。

そこで、Kiwi Houseで長期滞在するにあたり考えられるメリットとデメリットを挙げてみました。

まずはメリットから。

メリット

・ワーホリ・留学の情報交換場所として最適

・安いので宿泊費用を節約できる

・ホームシックになりにくい

・外国人友達を紹介してもらえる機会が多い

 

日本人の多いKiwi Houseで長期滞在していると、日本人と関わる機会が多くなります。そこを活かした一番のメリットとしてはワーホリや留学の生きた情報が交換できること。

初めてのワーホリや留学はものすごく不安になります。そこで一番頼りになるのは日本人。分からないことがあれば先輩ワーホリメーカーや留学者に気兼ねなく聞けるのはとても安心です。

また、日本人と話すことでストレスも溜まりにくく、ホームシックになりにくいと言われています。

それに、ニュージーランドの先輩達に外国人を紹介してもらったりパーティーに誘われる機会もあるので、そうした所から徐々に外国人との輪を広げていく事もできます。

次にデメリット。

デメリット

・日本人ばかりとつるんでしまう

・居心地が良すぎて外出する気がなくなる

・人によってはマンネリ化してしまう

 

日本人が多い事が裏目に出てしまう人もいます。

日本人と一緒に居過ぎて、外国人と話すのが億劫になって交流を拒絶してしまうパターンです。

僕も一時期それになっていましたが、せっかくワーホリに来ているのに日本人としか話さないのももったいないなと思うようになり、途中から意識を変えました。

そして、長期で同じ場所にいるとどうしてもマンネリ化してしまいます。何か退屈だな〜と思ったら、新しい事を初めてみたり、場所を変えてみると良いでしょう。

 

結局は自分次第

色々と主観的な事を言いましたが、結局はワーホリや留学が成功するかどうかは自分次第です。

成功と言っても人それぞれ定義が違います。自分が有意義に過ごせたと思えばそれで成功だと思っています。

なので、バックパッカーズに日本人が多いかどうかは問題ではなく、自分がどのようなワーホリ・留学ライフを送りたいかの軸を持ちましょう。

失敗しても良いじゃないか!人生今しか出来ない事にどんどんチャレンジして、そして、ニュージーランドライフを最大限楽しみましょう。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選