ブログ運営

コロナ収入減による持続化給付金(最大100万円)がもらえるかもしれない話

こんにちは、管理人のヒロキ(@kobatch0820)です。

今回は僕にとって嬉しい(かもしれない)話があるので、忘備録としてまとめておこうと思います。

その嬉しい話とは、ずばり「持続化給付金」が受け取れるかもしれないという話。

 

持続化給付金とは、コロナの影響で昨年(2019年度)より売上の落ちた事業主を対象に、法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円を支給するというもの。

コロナの影響で収入が激減した事業主は多いと思いますが、実は僕もコロナの影響をもろに受けた中の一人。

つい最近までこの制度のことを知りませんでしたが、知り合いのFPさんからのアドバイスで僕もこの制度を利用できることを知りました。

 

今回の記事では、持続化給付金とはどういうものか、対象となる人(事業主)、給付金の計算方法などについて述べていきます。

僕と同じブロガーさん、もしくは個人事業主の方でまだこの制度を知らない方はぜひ参考にしてみてください。

(以下、僕と同じ個人事業主向けの忘備録になります)

 

個人事業主が受け取れる最高金額は100万円

持続化給付金を受け取れる対象者は以下の通り。

  • 前年同月比の売上が50%以上減少している
  • 2020年1〜3月に創業している方も対象

なお、1〜12月のうち、ひと月でも前年同月比▲50%の月があれば支給対象に該当し、対象月は任意で選ぶことができます。

 

続いて、支給額は以下の方法で計算され、個人事業主は最大100万円を受け取ることができます。

給付金の計算方法

給付額 = 2019年の年間総売上 – (前年同月比▲50%月の売上×12)

もし、計算上で給付金額が100万円を超えた場合、最大支給額の100万円が支給額されます。

 

例えば、2019年8月の月間売上が20万円だった場合、2020年8月の月間売上が10万円未満で対象月になります。

2019年の年間総売上が200万円、前年同月比▲50%月の対象月の売上が5万円だとすると、

給付金 = 200万円 – 5万円×12 = 140万円

となり、最大支給額の100万円が受け取れます。

 

申請期限はいつ?

申請期限は2020年5月1日〜2021年1月15日まで。

申請方法はオンラインでの申請となります。公式ページ情報によると、申請してから約2週間で指定した口座に振り込まれます。

詳しくは持続化給付金の公式ページを確認してみてください。

 

僕は最大金額100万円を受け取れるかもしれない

僕は2018年からブログ収入を得ている個人事業主なのですが、コロナの影響で収入は激減。

持続化給付金の支給条件(前年同月比の売上▲50%)をクリアしているのですが、計算したところ最大金額の100万円を受け取れるかもしれないことが分かりました。

 

2019年の僕の年間総売上(ブログ収入)は約128万円。

そして、2020年の前年同月比の売上▲50%の対象月で最も売上が低かったのが9月、金額は約8,000円。

以下、給付額の計算式

支給額 = 2019年の年間総売上(128万円) – (前年同月比▲50%月の売上8,000円×12)

に照らし合わせると、計算上の支給額は118万円、つまり最大金額の100万円となります。

 

まさか、こんな制度があるとは知りませんでしたし(←情報弱者)、自分が100万円受け取れるとは驚きでした。

100万円もらえるとあらば即行動!!近いうちに申請する予定です。

申請して給付金受け取ったら、また記事にしたいと思います。

 

短い記事ですが以上です。

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です