季節労働

【愛媛みかんバイト体験記】収穫ってどんな感じ?キツい?約2ヶ月間働いてみた感想

こんにちは、管理人のヒロキです。

2021年11月6日〜12月22日まで、愛媛県八幡浜市の穴井(通称、真穴地区)にあるみかん農家で収穫のアルバイトをしてきました。

(11月6日〜12月12日までは本記事で紹介する農家さんで仕事、12月13日〜22日までは別の農家さんのお手伝い

 

みかん系のアルバイトは昨年に引き続き2年目ですが、昨年は選果場で働いていた(→体験談はこちら)ので収穫は今回が初めて。

結論をざっくりいうと、もう思い残すことがないくらい最高でした!!

あまりにも楽しくて、仕事している感覚がまったくありませんでしたw

(もちろん、行く農家さんにもよります。僕が働いていた農家さんが最高だったので)

 

本記事では、そんな楽しい楽しいみかん収穫アルバイトの体験談を、

  • 仕事内容
  • 職場の雰囲気
  • 寮の雰囲気
  • 食事の内容
  • 給料
  • 待遇

など詳しい情報も交えてご紹介しようと思います。

愛媛のみかんアルバイトに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

(この記事は主に男性アルバイター向けの内容ですが、女性にも参考になるようにまとめましたので、よろしければどうぞ)

 

みかん収穫アルバイトってどんな感じ?

みかん収穫アルバイトって実際どんな感じなのか気になりますよね。

ここでは、みかんアルバイトをやってみたい人が気になるであろう項目についてご紹介します。

みかんアルバイトに興味のある方は参考にしてみてください。

※2021年現在の情報です。状況は年々変わる可能性がある点、ご理解ください。

 

農家さんはどんな感じ?(職場の雰囲気)

みかんアルバイトの楽しさを左右するといっても過言ではないのが、農家さんの雰囲気。

僕が行っていた真穴地区だけでも100以上の農家さんがいると言われているので、行く農家によって当たりハズレが…かなり左右されます。

ちなみに、僕が働いていた農家さん(家主は井上さん)はというと、、、めちゃくちゃ良かったです!!

 

ここの農家さんの良いところをいくつか挙げるとすると、

  • オーナー家族が優しい
  • わりとユルい
  • アルバイターをものすごく大切にしてくれる
  • ご飯(お昼の手作り弁当)が美味しい
  • アルバイター同士の仲がいい
  • みかんをたくさん食べさせてくれる
  • 仕事頑張ったらその分きちんと評価してくれる

などなど。

あら捜しが得意な僕ですら、悪いことが一つも思い浮かばないほどw

いや、あえて言うなら良い意味でお節介かな(笑)

良い意味で、ね!笑

 

とにかく、ここは天国かっ!!って思いましたねw

オーナーが優しく色んな面で寛容なこともあり、アルバイター達も皆のびのびとしているし、アルバイター同士も本当に仲がいい。

地元のパートさん達もみな優しい人ばかりなので、まさにストレスフリー♪

そんなストレスフリーの環境もあってか、仕事の合間に遊んだりと自由すぎるw

リピーターが多いのも納得です。

また来年もここの農家さんで働きたいですね。

 

アルバイターはどんな人が多い?(年代、性別など)

僕が働いていた農家さんには、アルバイターが合計9人いました。

うち、男性が4人、女性が5人。

年齢は様々ですが、男性は20代が1人、30代が2人(僕を含む)、50代が1人で、女性は20代後半が多かったですね。

僕含めてほとんどはフリーターですが、中には大学生(休学中)の人もいました。

こういう季節労働は色んなバックグラウンドの人と知り合えるので面白いですね。

 

仕事内容は?

みかん収穫の仕事は大きくわけて4つあります。

  • 収穫(みかん摘み)
  • みかんコンテナの運搬
  • 出荷作業
  • 選果作業

一つずつ詳しくご紹介しますね。

 

収穫(みかん摘み)

収穫は、専用のハサミでみかんをひたすら摘む仕事です。

みかん摘みは女性アルバイターがメインでやる仕事になりますが、男性アルバイターもちょいちょいやります。

(みかん収穫する人を摘み子さんと呼んでいます)

みかん収穫は楽しいですよ〜♪

みかんの茎を切る音が気持ちいい♪

たまに背の高い木があるので、ハシゴを使ったり木に登ったりと大変なこともありますが、1本の木のみかんを丸ごと収穫し切ったときの達成感は半端ないです、たぶんw

 

みかんコンテナ(約20kg)の運搬

こちらは男性アルバイターの仕事です。

ざっくりいうと、運搬は摘み子さんが収穫したみかん(1コンテナ20kg)をひたすら運ぶ仕事です。

こんな風に運びます↓

1コンテナ約20kg。結構重いです^^;

 

見た感じでわかると思いますが、結構しんどいです。

多い時では1日300コンテナ以上採れるので、ほぼ一日中運びっぱなしになることも。

そのうえ足場の悪い山なんかは移動するだけでも大変なので、慣れないうちは体中痛くなりますw

(慣れれば平気ですが、持ち方が悪いと腰を痛める恐れがあるので注意)

 

運んだみかんコンテナは出荷用トラックに積みますが、みかん畑は山の斜面に段々状にあるので、さすがに20kgもあるコンテナを人力だけで下ろす(もしくは上げる)のはしんどい。

そこで、モノラックというコンテナ運搬用のモノレールを使って運搬します。

これがモノラック。これで収穫したみかんを下ろす(もしくは上げる)

 

トラックでの運搬&出荷作業

モノラックで運搬したみかんコンテナは、そのまま運搬&出荷用のトラックに積み込みます。

出荷用のトラックがいっぱいになったら、倉庫に運搬、もしくは選果場に出荷しにいきます。

基本的に収穫したみかんは一旦倉庫に運搬し、家庭内選果してから選果場に出荷しに行きますが、僕の働いていた農家さんは家主が選果場の役員だったこともあり特例で山取り出荷(収穫したてのみかんをそのまま出荷)していました。

(ただし、山取り出荷できる数も割当てがあるので、上限を超えた分は家庭内選果してからでないと出荷できませんでした)

 

トラックでの運搬、および出荷は基本的に家主の仕事ですが、僕の働いていた農家さんの家主は選果場の役員の仕事で不在だったため、僕らアルバイターがやっていました。

トラックは基本的にマニュアル車なのでMT免許持っていると重宝されますよ。

(MT免許、もしくは運転免許自体持っていなくても仕事はできますが、農家によってはMT免許必須だったりします。いずれにせよ運搬やるならMT免許はあった方がいい)

↓カメラ目線でドヤ顔するやつww

ここまでが運搬の仕事です。

 

選果作業

収穫したみかんは最終的には選果場に出荷しますが、その前に一旦農家さん自身で選果します。

見るポイントとしては、

  • 腐りがないかどうか
  • キズものがないかどうか
  • 全体的に色づいているかどうか

など。

選果している様子。農家さんの倉庫にある選果機で選果します。

そこまで丁寧に選果しなくても最終的に選果場でしっかり選果してくれますが、おおまかな選果をしておくことで選果場への負担が減りますしね。

 

1日のスケジュールは?

僕が働いていた農家さんでの、とある日の1日のスケジュールをご紹介します。

※農家さんによってスケジュール(残業含む)は異なります

07:00 出勤(倉庫に集合後、みかん畑のある山に移動)
07:10 作業開始
09:30 休憩(10〜15分)
11:30 昼休み
12:10 作業再開
14:30 おやつ休憩(10〜15分)
16:00 作業終了(女性陣はそのまま退勤、男性陣は選果作業などの残業あり)
17:00 退勤

 

勤務時間は7時から16時までの実働8時間。収穫で残業することはめったになく、16時きっかりに終わります。

基本的に女性陣は残業がないので、収穫が終わって倉庫に戻ったら解散。

男性陣は収穫後の後片付けや、倉庫に戻って選果作業など残業があります。

とはいっても、遅くても17時半とかだったのでそこまで長時間の残業はしませんでした。(昨年の選果場の残業に比べれば天国w)

 

ぶっちゃけキツい?

収穫(摘み子)だけなら比較的楽なんですが、運搬となると正直かなりキツいです。

20kgのコンテナを運ぶだけでも大変ですが、山なので足場の不安定な場所、急斜面、みかんの木々が生い茂って通りにくい場所など、運搬しにくい場所も多いのでやっかい。

変な体勢でコンテナを担いでしまい腰を痛めてしまう人も多いです。(僕の知る限り、昨年は3人腰を痛めています)

 

幸い僕は何事もなく無事終えましたが、終盤にかけては少し足腰に来ていました。

特に腰は痛めてからでは遅いので、無理しすぎず、やばいと思ったら休むことが大事ですね。

まぁ、おかげさまでかなり筋肉つきましたけどw

腰や怪我に気をつけていれば、いい筋トレになりますw

 

仕事中のトイレはどうしてる?

結論からいうと、トイレはその辺でしています…

つまり、野ションです(笑)

始業後にいったん山に入ったら、終業までは下(倉庫)に降りません。

入る山によっては仮設トイレがありますが、ないところがほとんどなので選択肢は2つ、、

  • トイレのある場所までいく
  • その辺で用を足す(小の場合)

以上w

男性陣は小であればノープロブレムですね。

 

問題は女性陣!

さすがに女性がその辺で用を足すとか、かなりハードル高いですよね。

でも、僕が働いていた農家さんはとても良心的な方なので、女性陣はトイレのある場所まで車で連れていってくれます(大小関係なく)。

ただ、農家さんによっては女性でも野シ○ンせざるを得ないので、それが嫌で収穫を嫌がる女性も多いと聞きます。(慣れれば問題ないそうです←聞いた話)

 

休みはある?

みかんは濡れると収穫できないので、基本的に雨の日が休みになります。(濡れたまま保管すると腐りやすいので)

ただ、雨が降ったからといって1日フルで休みになるわけではなく、天気次第では午後から仕事ということもあります。

途中で雨が降ってきた場合も、雨量次第では以降の作業は休みになります。

 

あとは、シーズン中に1回だけ農薬散布(消毒用の農薬。スプリンクラーで散布)する日があるのですが、その日も休みになります。

僕の場合、1日フルで休みだった日は全部で4日ありましたが、天候不良で半日だけ勤務も何日かありました。

 

プライベートはどんな感じ?

仕事以外ではどのように過ごしているか気になるかと思います。

基本的に各自自由に過ごす感じですが、僕が働いていたところのアルバイターはみんな本当に仲が良かったので、、

タイミングが合えば皆で出かけたり、鍋やたこ焼きパーティーしたりと、プライベートもかなり充実していました。

仕事もプライベートも楽しいとか最高すぎますね♪

「楽しすぎて、もう帰りたくない!!」

って何度思ったことかw

 

寮はどんな感じ?

みかん収穫アルバイターは基本的に農家さんが用意する古民家の寮に入ります。

1つの古民家に複数人(3〜8人くらい?)が入り、共同生活するイメージです。(一応個室です)

 

ただ、僕は農家の家主が選果場の役員ということもあり、選果場が用意した寮に入ることになりました。

その寮とは、、、

保育所の跡地を改装した寮、その名も「保育所」←そのままやんw

保育所の教室をベニヤ板で仕切って半個室にしたような部屋。少し狭いですが、個人的にはまぁまぁ快適でした。

ここには選果場で働いている人も含め15人の男性が住んでいたので賑やかでしたねw

おかげで、期間中は楽しくやらせてもらいましたw

【真穴みかんバイト】旧保育所の男子寮ってどんな感じ?どうも、ヒロキです。 僕は今、愛媛県八幡浜市の真穴地区でみかんのアルバイトをしています。 僕が働いているのはJAにしうわ真穴...

 

食事はどんな感じ?

行く農家にもよりますが、僕の場合は

  • 朝…選果場の食堂にて(僕は朝食食べない人なので一度も食べていない)
  • 昼…農家さんの手作り弁当
  • 夜…選果場の食堂にて

でした。

僕は1日2食(昼と夜)なので、朝食は期間中一度も食べませんでした。

昼食は農家さん(家主の奥さん)の手作り弁当。

おかずの種類も多く、めちゃくちゃボリュームあって大満足でした。

すでに農家さんの弁当が恋しい!今すぐ食べたい!!笑

写真は男性向けの弁当。女性用のはもう少し小ぶりサイズでした。

 

夜飯は選果場の食堂で食べていました。

選果場の食堂のごはんは毎年美味しいと定評なので、今年も食べられて嬉しい!

(選果場のごはんは基本的に選果場で働くアルバイターしか食べられないのですが、農家さんの役職の都合により僕もここで食べれることに!ラッキー♪)

カレーライスとスープとおかず。カレーはおかわり自由♪
タコライス。これがまたうまいんだ!!

 

収穫アルバイターの場合、夜は基本的に農家さんが作るごはん、もしくは給食(メインとおかずの2品。プラの容器に入った状態で支給され、各自寮に持ち帰って食べる)のどちらか。

収穫シーズンは家族総出で忙しいためか、多くの農家さんは給食を取っているようです。

給食だとこんな感じ↓

ごはんや汁物は各自で自炊する感じです

見た感じ、全然足りなさそう。。。

特に男にはこの量少なすぎなんじゃないかってほどに(笑)

米や汁物は自分で作らなければならないので面倒そうですね(米など必要なものは農家さんが支給してくれます)。

 

給料(時給)・待遇は?

2021年時点での時給は、収穫が850円運搬が1,050円でした。

時給は、真穴地区であればどこの農家さんも同じはずです。

 

待遇に関しても農家による違いはほぼありませんが、僕が働いていた農家さんでの待遇は、

  • 寮費&食費無料
  • 食事付き(休日も食事付き)
  • みかん食べ放題
  • 車の貸し出しあり
  • 交通費支給
  • ハネみかん10kg×2箱プレゼント
  • 期間満了で更にみかん10kgプレゼント
  • 頑張ったらボーナスあり!?

でした。

正直、めちゃくちゃ待遇良いですね♪

個人的に休日でも食事付きなのがありがたい!

車の貸し出しやボーナスの部分は農家によってはないところもあるので嬉しいですね。

 

1シーズン(約1ヶ月半)でどれくらい稼げる?

僕が今シーズン約1ヶ月半(11月6日〜12月22日)で稼いだ金額は、

合計で365,000円+αでした。

とはいえ、シーズン中に2箇所の農家さん(メインの農家さんと、応援で行った農家さん)で働いていたため、それぞれの金額内訳は以下の通り。

  • メインの農家さん…310,000円+α
  • 応援で行った農家さん…55,000円

 

運搬(男性)の場合、時給も高めですし、毎日残業も少しあるのでこれくらいの金額稼げますが、収穫(女性)の場合は時給850円で残業なしなので20万円前後の稼ぎになると思われます。

+αの部分はいわゆるボーナスです。

農家さんがその人の頑張りに応じて支給するもので、めちゃくちゃ頑張ればそれに応じた金額がもらえるそうです。(頑張らなければ・・・)

え、僕はボーナスいくらもらったかって?

それは匕・ミ・ツ♡笑

(顔がニヤけるくらいもらいました、とだけ言っておきます笑)

 

あと、たしか同じ農家で2年目か3年目以降になると時給が100円くらい上がると聞いているので、リピーターの人はさらに稼げるんではないでしょうか。

 

みかん農家で約2ヶ月間働いてみた感想

一言でいうとTHE・最高!!

もう思い残すことがないってくらい最高の2ヶ月間でした。

もちろん、運搬の仕事はキツかったですし、腰を痛めるリスク、怪我をするリスクなどマイナス面もあります。

 

しかし、そんなマイナス面なんて一瞬で帳消しにできるほど楽しかったですし、充実した毎日でした。

太陽が燦々と降り注ぐ中での収穫・運搬はとても気持ち良かったですし、山の上から時折見える海岸の絶景には癒やされまくり。

そして、なにより仏のように優しい農家さんや、気の合うアルバイター達に恵まれ、仕事中もプライベートも最高に楽しい時間を送ることができました。

 

おそらく、仕事の中では人生で一番楽しい思い出かもしれません。(ニュージーランドのキウイフルーツ箱詰めの時といい勝負)

仕事は朝7時から、しかも冬場は寒い。

普通ならもっと寝ていたい、仕事行きたくないって思うはず、、

 

それなのに、毎日仕事へ行くのが楽しみでしょうがないんですよ?

すごくないですか!?笑

 

こんな楽しい仕事が一年中できればいいのに、、、

そう思えるほど素晴らしい体験をさせてもらいました。

 

これは、もう来年も行くしかないですね!笑

 

みかんアルバイトはどんな人にオススメ?

もうシンプルです。

以下に当てはまるのであれば、オススメです。

  • みかんが好きな人
  • 体力のある人(特に男性は)
  • 共同生活ができる人
  • トイレの場所(小)を気にしない人

収穫シーズン中はみかん食べ放題(なはず)なので、みかん好きには天国です。

 

体力に関していうと、男性は基本的に運搬の仕事になるので、体力ないと厳しいかもです。

女性は収穫のみなので体力いらなさそうですが、急斜面のある山にも行くので地味に体力消耗します。

みかんの木によっては木の上に登らないといけないので、そこそこの体力と柔軟性は必要かもしれませんね(とはいえ、文化部出身の女性もいるのでご安心を)。

 

共同生活について、農家さんによっては他のアルバイターとの共同生活になることがあります。

シェアハウスみたいな感じですね。

基本的には個室ですが、風呂やトイレ、洗濯機などは共同で使うことになるので、多少の不便を受け入れられるのであればノープロブレム。

この辺まではだいたいの人はクリアできるでしょう。

 

最大の関門はトイレ問題。

男性は大丈夫だと思いますが、女性はなかなか難しいかもしれません。

僕が働いていた農家さんはその辺気遣ってくれるので問題ありませんが、農家によっては女性でも野ションせざるを得ないところもあります。

その辺は応募する時に農家さんに問い合わせてみるといいでしょう。

 

みかん収穫アルバイトへの応募方法

真穴のみかん収穫アルバイトの応募方法は大きくわけて2つあります。

  • 求人サイトから応募する
  • 元アルバイターの紹介で応募する

求人サイトから応募する場合、農家のお仕事ナビから申し込むことができます。

毎年夏頃(8〜9月ごろ)になると真穴みかんの広報SNS「大好き『真穴みかん』」のFacebookアカウントInstagramアカウントから求人情報を出してくれます。

上記のタイミングを見計らって、農家のお仕事ナビから申し込むのがベストです。

 

もう一つ、元アルバイターの紹介で応募する方法があります。

こちらの方がより確実です。

というのも、農家さんにとっては、全く知らない人を雇うよりも、知っている人からの紹介の方が人柄もわかるし安心して雇うことができるからです。

紹介されるアルバイターにとっても、行き先の農家さんの雰囲気や寮などを事前に知ることができるので安心して現地入りできますしね。

もし、周りにみかんアルバイターの経験者がいるのでしたら、ぜひ紹介してもらうことをオススメします。

 

みかん収穫アルバイトで持っていった方がいいもの【持ち物リスト】

みかん収穫アルバイトに行くことになった方へ。

持ち物で悩む方も多いと思うので、これだけは持っていった方がいいものをリストアップしました↓

  • 動きやすい服装(乾きやすい物がベスト)
  • 帽子
  • 防寒着
  • ヤッケ
  • 地下足袋(じかたび)
  • 水筒
  • 日焼け止めクリーム(気になる方)

これらは作業の時に必要です。

 

服装は動きやすければ何でもOKです。

僕は写真下のような格好で作業していました(笑)

ヤッケは必須ではありませんが、みかんの木の枝が引っかかりにくいですし、風を通しにくいので防寒にもなるのであった方がいいです。

(まぁ、僕はほぼヤッケ着ていませんでしたがw)

 

靴に関しては、山の急斜面などに入ることもあるので、踏ん張りの効く地下足袋が断然オススメです。

登山靴もありですが、落ちたみかんを踏んで汚れてしまうのであまりオススメはしません。

スニーカーは滑りやすいのでやめておいたほうがいいですね。

農家によっては、ヤッケと地下足袋は支給してくれます(僕が働いていた農家でも支給してくれました)。

 

あと、日焼けが気になる方は日焼け止めクリームも持っていった方がいいかも。

11月、12月とはいえ晴れた日の日中は結構暑いですし、日差しも強いのでバリバリ焼けます。

 

僕から言えることは以上です。

 

まとめ

2021年11月6日〜12月22日の約2ヶ月近く、愛媛県の真穴地区にあるみかん農家で収穫のアルバイトをしてきました。

感想を一言でいうと、もう思い残すことがないくらい最高に楽しかった!

です。

僕はみかんコンテナの運搬をしていましたが、仕事は正直キツかったです。

でも、そのキツさを一瞬で帳消しにできるくらい素晴らしい環境に恵まれ、仕事もプライベートも最高に充実しました。

仕事へ行くのが楽しみ!とさえ思えたほどです。

 

僕が行った真穴地区には100以上のみかん農家があるため、行く農家さんによって雰囲気は変わってくるでしょう。

とはいえ、これだけは間違いなく言える。

みかんはめちゃくちゃ甘くて美味しい!!

みかん大好きなら間違いなくオススメできるバイトです。

 

以上。

みかん収穫アルバイトに興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。