季節労働

【富良野アルバイト】農作業ヘルパーを約1ヶ月やってみた感想。仕事内容や寮、食事はどんな感じ?

どうも、管理人のヒロキです。

今年(2021年)の4月初旬から末までの約1ヶ月間、北海道の富良野で「農作業ヘルパー」のアルバイトしていました。

農作業ヘルパーの仕事を知ったのは昨年末に愛媛のみかんアルバイトをしていたとき。

富良野の農作業ヘルパーを経験したことのある同僚からオススメされ、興味を持ったのがきっかけで2月に応募、採用となりました。

 

本当は4月〜8月中旬までの予定でしたが、色々とあり1ヶ月で辞めてしまいました。(詳しい理由は下記記事で説明しています)

農作業ヘルパーの仕事、辞めました【富良野】どうも、管理人のヒロキです。 4月から始めて8月中旬までやる予定だった富良野の農作業ヘルパーの仕事。 突然ながら4月いっぱい...

 

とはいえ、仕事内容や待遇、寮の環境など総合的にみてとても良かったです。

今回は僕の体験談を、忘備録として記事にしました。

富良野の農作業ヘルパーに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

富良野の農作業ヘルパーとは?

農作業ヘルパーは、ざっくりいうと住み込み系の農作業アルバイトです。

アルバイターは「JAふらの」と提携している農家さんのもとに(住んでいる寮から)派遣され、収穫作業や定植・管理作業などの仕事をします。

募集期間は4〜10月の約7ヶ月間で、作業内容は各シーズンごとで異なります。

 

詳しくは以下、富良野の農作業ヘルパーについてQ&A形式でご紹介していきます。

紹介する内容は主に、

  • 仕事内容
  • 勤務時間・日数
  • 給料
  • 寮や食事
  • 職場の雰囲気

などが中心です。

※2021年現在の情報です。来年以降は条件が変わっている可能性もあります。

 

仕事内容はどんな感じ?

仕事内容は各シーズンごとで異なり、例えば

4〜6月はアスパラガスの収穫、または夏の収穫シーズンに向けた定植やビニールハウス建て・修復などの管理作業がメイン。

7〜9月はミニトマトやメロン、スイカ等の収穫がメイン。

(スイカは重いので結構大変と聞きます。腰を痛めないよう注意したいですね。)

10月に入ると苗抜き、ビニールハウスの解体などの作業がメインになります。

ただ、ごくまれに工場で運搬、選果などの仕事をすることもあります。

 

1日の仕事の流れですが、

  • 前日に次の日の行き先、送迎時間が記入された予定表が張り出される
  • 当日、寮の指定された場所に集合(5分前集合)
  • 時間になると農家さんが迎えに来る
  • 就労カードを農家さんに提出。(サインしてもらい帰りに受け取る)
  • そのまま仕事へ
  • 帰りも農家さんが寮まで車で送迎

※就労カードはタイムカードのようなものです。派遣先の農家さんに勤務時間とサインを記入してもらいます。

となります。

仕事内容はランダムで毎日違うこともあれば、しばらく同じ農家で固定になることもあります。

担当者の人に希望を言えばある程度はかなえてくれるので、もしやってみたい仕事があるのでしたら積極的に言った方がいいです。

まぁ、最初のうちは色んな農家さんの仕事を経験してみるのがいいと思います。

 

ただ、ここだけの話ですが農家さんによって当たりハズレがあります。良い農家さんが多いですが、中には癖の強い農家さんもおり、リピーターも嫌がるほど。

もしどうしても我慢できない場合は担当者に相談するといいでしょう。

(僕は1ヶ月で2回ほどハズレ農家さんに当たりましたが、それほど大変だとは思いませんでした。人にもよるのかな)

 

勤務時間・日数は?(1日のスケジュール等)

勤務時間と日数は以下の通り。

  • 勤務時間:7:30〜17:00(実働8時間)
  • 日数:週6日(日曜休み)

ただし、勤務開始時間は農家さんに到着してからの時間です。

ほとんどの農家さんは寮から近い場所にありますが、まれに寮から30分以上かかる農家さんもあります。

そういう場合は集合時間がかなり早いので注意が必要です。

 

以下、とある日の一日のスケジュール例です。

一日のスケジュール例
  • 7:00 寮の玄関前集合(送迎待ち)
  • 7:30 作業開始
  • 10:00 休憩(15分)
  • 10:15 作業再開
  • 12:00 昼休憩(1時間)
  • 13:00 作業再開
  • 15:00 休憩(15分)
  • 15:15 作業再開
  • 17:00 終了&寮まで送迎

 

ただ、派遣先によっては勤務時間が異なる場合があります。

僕もある農家さん(というかJA直属の工場)へ派遣されたときは開始が8時で終わりが16時でした。

 

休みは週1で、基本的に6日働いて1日休みというサイクルです。

ただ、事前に申告すれば休みをもらうこともできます。

(あまり休み過ぎると期間ボーナスがもらえなくなってしまうのでご注意を)

 

給料・待遇は?

気になる給料ですが、2021年時点で時給1,000円です。

ただし、寮費や食費、社会保険(2ヶ月以上雇用の場合)などが差し引かれるため、手取りは13万円前後になります。

 

また、働く期間に応じてもらえるボーナスなど、各種ボーナスも用意されています。

ボーナスの内訳は以下の通りです。

  • 赴任手当(JA西宇和、JA沖縄から赴任したら5,000円
  • 2年目以降のリピーターは月額2万円〜上乗せ
  • 期間に応じてボーナス最大7万円

 

さらに、6ヶ月以上働くと有給(たしか10日間)がもらえるので、シーズン中フルで働く人にとっては嬉しい待遇だと思います。

 

寮はどんな感じ?

農作業ヘルパーに内定すると、富良野にある大型の農作業者向けの宿泊施設(寮)に入ります。

結論からいうと、寮はかなり快適でした。

以下、寮の特徴をご紹介します。

  • 最大収容人数120名(男性40名、女性80名)
  • 棟は男女別
  • 完全個室
  • 各部屋にWiFi付き
  • 蓄熱式電気暖房あり(洗濯物乾きやすい)
  • 洗濯機、乾燥機あり
  • 大浴場あり
  • スーパー、コンビニ近い(徒歩5分くらい)

 

この中でも特筆すべき点は「完全個室」と「WiFi付き」、「スーパー、コンビニに近い」の3つです。

完全個室は言わずもがな、WiFIも各部屋に設置されています。

仕事以外の時間は完全に自分だけのプライベート空間なのは最高ですね。ネットも速いですし(たぶん)使い放題なので、休みの日も退屈しません。

僕のように休みの日は引きこもりたい派の人間には最高の環境ですね(笑)

 

また、寮は富良野市の中心部付近にあるので、立地も最高です!

休日は食事が出ないので、自分で用意する必要がありますが、スーパーやコンビニが徒歩5分以内の場所にあるので便利ですね。

富良野駅も近いので、休日は遠出もできます(美瑛や旭川など)。

北海道で幅を効かせているセイコーマート(略してセコマ)
品揃えは少ないが、必要最低限のものは揃っている。物足りない場合は、徒歩20分の場所に大きめのスーパーあり。

 

洗濯機は各フロアに4台あります(男子寮の場合。男子寮は1階と2階の2フロアあり)。

ただ、私服用2台と作業着用2台で別れているため、仕事後の作業着用に使える洗濯機は実質2台。

男子寮は1フロア最大20名。2台を20人でシェアすることになるので、仕事後は洗濯機の争奪戦になります(笑)

しかも、洗濯機が使える時間は5:00〜22:00の間。

仕事後に1台あたり10人で洗濯機をシェアするとなると、とても22:00までには全員終われないでしょww

個人的に洗濯機の少なさはどうにかしてほしい。せめて4台とも作業着用にしてほしい(私服用を使うことはほぼないので)。

 

洗濯機のすぐそばには乾燥室もあります。乾きにくいものはこの中で干すといいでしょう。

一応、各部屋にも蓄熱式暖房器があるので、部屋干しでも乾きます。

大浴場もあります(写真は男子寮の大浴場)。

ただ、大浴場のお湯は正直ぬるい。もう少し温度上げてほしい(40℃以上はほしい)。

女子は人数が多いため、女子寮には大浴場とは別に、シャワー室もあるそうです。

 

こちらは食堂。

ここで朝食、夕食を食べます。昼食の弁当もここで詰めて持って行きます(昼食については後述します)。

食堂の手前には自販機コーナーがあります。

もちろんアルコール類も完備。

こちらは、寮裏手の駐輪場。ここの自転車を借りることもできます。

 

食事は?

食事は選択制(ただし昼食は強制)で、朝昼晩の3食付けることもできますし、朝晩抜きにすることもできます。

結論からいうと、食事内容は個人的に微妙でした。

 

まず、各食事の料金ですが、

食費(2021年)
  • 朝食:282円
  • 昼食:405円
  • 夕食:523円

3食付けた場合は、1日1.210円の食費がかかります。

つまり、1ヶ月で3万円以上。少し高いですね。

(休日は食事が出ないので、各自で用意する必要があります。)

 

僕は朝食抜きの1日2食にしましたが、1食だけの人も結構いました。

 

続いて食事の内容について。

朝食は食べてないので写真がありませんが、聞いた話ではごはん、味噌汁、納豆、卵が出るそう。

 

昼食は弁当で、内容はごはん、味噌汁、おかずの詰め合わせの3点セットです。

昼食弁当は朝食時に食堂で各自詰めて持って行きます。

おかずの詰め合わせは用意された容器を取り、ごはんと味噌汁は空の容器に自分の好きな量を詰めます。

ぶっちゃけ、昼食の内容は微妙です。

まぁ、コンビニ弁当よりはおかずの種類も多くコスパは良いかもしれませんが。

 

夕食は食堂で食べます。

日替わりでおかずのレパートリーも多く、そこそこボリュームもあります。

ごはんと汁物は各自で好きな量つけます。

たまにカレーライスが出る日もあります。

リピーターのひといわく、カレーの日は大当たりらしい。

美味しいし、ボリュームも満点!毎日カレーだったらいいのにw

でも、たまに「なんじゃこりゃ!?」って組み合わせのメニューが出ることもあります。

例えばこれ。ナポリタンとおにぎりとバナナって、おいww

 

総合的にみると、量は満足ですが、味についてはまぁまぁ。60点といったところでしょうか。

まぁ、あくまで僕の意見なのであしからず。

 

職場や寮の雰囲気は?

職場の雰囲気は行き先の農家さんによってさまざまです。

アットホームでフレンドリーな農家さんもあれば、放任主義の農家さん、まれに時間に厳しく殺伐とした雰囲気の農家さんもあります。

とはいえ、全体的に良い農家さんが多い印象です。

農家さんによっては休憩中に差し入れしてくれたり、収穫した作物をくれたりするところもあるみたいです。

 

続いて、寮の雰囲気ですが、今年はコロナのせいもあり、あまり人との交流がなかったのでなんとも言えません。

ただ、仕事を通して何人かと仲良くなりましたが、皆良い人ばかりでした。

年齢層も20台前半から50台後半の人までさまざま。夏になると学生も多くなるそうです。

 

リピーターも優しい人が多いので、わからないことは気軽に聞けたのが良かったですね。

少なくとも変な人、ヤバそうな人はいませんでした(4月の段階では)。

 

休日の過ごし方は?

基本的に寮内で過ごすか、富良野市内を散策したりしていました。

富良野は美味しいカレー屋さんがあるので、富良野へ行くならオススメです。

自家製ソーセージの入ったカレーが人気の「唯我独尊」。ここ超オススメ!!
オムソーセージカレーは絶品です!

 

また、富良野駅も近いので、電車で美瑛や旭川に出かける人もいました。

富良野周辺を観光したい人には最高の環境だと思います。

 

富良野の農作業ヘルパーで約1ヶ月働いた感想

結論からいうと、また来年もリピートしてもいいかな、と思えるくらいには良かったです。

今年はコロナ渦ということもあり、1ヶ月で辞めてしまいましたが、来年以降コロナが落ち着いたらまた行きたいなと思っています。

 

個人的に良かった点は、

  • 完全個室、各部屋にWiFi付き
  • 寮の立地がいい
  • 担当者が親身で優しい
  • 給料面の待遇がいい
  • いろんな仕事が経験できて面白い

です。

寮に関しては、今まで経験したどの季節労働の寮よりも最高の環境だと思います。

完全個室でWiFi付き、さらに駅近でスーパーコンビニも近いとか最強でしょ!笑

仕事に関しては、農家さんによって当たり外れはあるものの、いろんな農作業が経験できて面白かったです。

富良野の空気美味しいですし、外仕事なら周囲の山々の景色をみながら作業できるので気分爽快ですよ。

 

ただ、個人的に不満だった点は、

  • 食費が割高(特に昼食)
  • 洗濯機が少ない
  • 大浴場の湯がぬるい

特に洗濯機が少ないのはどうにかしてほしいなと思いました。

4月の時点では人数も少なかったのでまだよかったですが、7月〜のピークになると人も多くなり、洗濯機の争奪戦がよりいっそう激しくなると思われます。

台数が少ない上に、時間制限まで設けられては本当に困る。

この点だけ改善していただければ、ほぼ完璧なんだけどなぁ。

 

富良野の農作業ヘルパーへの応募方法

応募は株式会社アグリプランの公式サイトの応募フォーム、もしくは電話にて行います。

農作業ヘルパーは毎年4〜10月の期間募集していますが、募集は1〜2月くらいから出ていました。

募集人数は多いですが人気があるので、早めに応募した方がいいでしょう。(できれば2月中には応募してしまいたい)

 

僕が応募したとき(2021年)の流れは以下の通り。

  • 株式会社アグリプランの公式サイトの求人一覧から応募する
  • 履歴書を送る
  • 選考結果の通知がくる(郵送にて)

合格通知が来た場合は、同封された返信用封筒に必要な書類を入れて返送します。

このとき、入寮日も決めます。

 

今はコロナ渦なので入寮前にPCR検査を受けなければなりません。

検査は、入寮日の1〜2週間前にPCR検査キットが届くので、届き次第すぐに検体を指定された場所に送ります(結果は2〜3日で分かります)。

※4月に寮内でコロナ陽性者が出たため、現在は入寮条件がさらに厳しくなっています

 

PCR検査で陰性が確認できたら晴れて入寮です。

 

まとめ

富良野の農作業ヘルパーで約1ヶ月間働いた感想についての記事でした。

僕が農作業ヘルパーで良いと思った点をまとめると、

  • 寮内の環境がいい(完全個室、WiFi付き)
  • 立地がかなり良い(駅チカ、コンビニやスーパー徒歩圏内)
  • 給料面の待遇がいい(長く働くほど、リピートするほど良い)
  • いろんな仕事を経験できる

です。

洗濯機が少ない、寮の飯が微妙など多少不満な点はあるものの、総合的に見て満足度は高いと思います。

今年はコロナのせいでアルバイター同士の交流が少ないのが残念ですが、コロナが落ち着いたらアルバイター同士の交流もあり楽しいでしょう。

(コロナ渦でも少しはアルバイター同士の交流ありました)

 

今後コロナがどうなるかわかりませんが、騒ぎが落ち着いたらまた富良野の農作業ヘルパーやりたいですね。

これから富良野の農作業ヘルパーをやる方、興味のある方の参考になれば幸いです。

それでは、バーイ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です