NZ製品・お土産

【NZグッズ】global cultureのTシャツ&パーカーをネット通販で購入したよ(レビュー)

どうも、管理人のヒロキ(@hirokinstyle)です。

時はさかのぼり、3年前。

 

デザインに一目惚れし、自分へのお土産として購入してから愛用し続けていたglobal culture(グローバル・カルチャー)のTシャツたち。

global cultureのTシャツたち(3年前の写真Part1)
global cultureのTシャツたち(3年前の写真Part2)

 

襟元のヨレやシミなども目立ってきてそろそろ寿命を迎えそうなので、新しいTシャツが欲しくなり…

 

ついにこの度、ネット通販を利用してglobal cultureのTシャツを購入しました。

3週間前にネットで注文し、先日ようやくNewTシャツたちとご対面。

この感動を誰かと分かち合いたいと思い、記事にしようと思い立ちました。

 

【追記(7/10)】

メリノウール製のパーカー&Tシャツも追加購入しました。レビュー記事はこちらから↓

1着1万円以上も!global cultureの100%メリノウール製パーカー&Tシャツを買ってみたどうも、管理人のヒロキ(@hirokinstyle)です。 先日、global cultureのTシャツとパーカーを購入したばかり...

 

今回購入したアイテムたち

購入したのは半袖Tシャツ3枚、長袖Tシャツ1枚、パーカー1着の合計5点。

値段はそれぞれ、

  • 半袖Tシャツ:39NZD × 3
  • 長袖Tシャツ:49NZD × 1
  • パーカー:79NZD × 1

なので、合計245NZD(約17,000円)のお買い物。

 

Tシャツだけでもよかったんですが、せっかくならパーカーも購入してみたいと思い、パーカーも1着購入してみました。

以下、それぞれレビューしていきます。

 

Tシャツは綿100%、肌触りの良さは抜群

ユニークなデザインが持ち味のglobal cultureのTシャツですが、見た目だけでなく品質もしっかりしています。

素材は綿100%(1番右の紺色のTシャツは綿80%、ポリエステル20%でした)。

ぱっと見た感じ縫い目もしっかりとしており、安物ではない印象を感じさせられます。

素材は綿100%

 

生地もサラサラとしていて、とても着心地がいい。

サラサラとした着心地で気持ちいい

 

これがあれば夏は快適に過ごせそうです。

約1枚だけ、「これ着て街中歩くなんて恥ずかしい」と思うデザインもありますが…

 

でも旅行中、バックパッカーズやユースホステルなんかで着ると、他の旅人と話す良いきっかけになるかもしれませんよ。

友達作りたい人にはオススメです(笑)

 

嬉しい誤算!パーカーが思った以上に最高だった

今回はTシャツのついでに購入したパーカーですが、このパーカーが思った以上に良い品で感動しました。思わぬ伏兵ってやつでしょうか。

 

まず、良かったのが生地の質感。

パーカーの裏面がフリース生地になっているので、着心地も抜群ですし着た瞬間から暖かいんです。

裏面はフリース生地になっていて暖かい。これなら冬も超えられそう。

 

僕は正直、パーカーは綿オンリーで冬は寒いんだろうな、と勝手に思っていましたが、これなら冬も全然余裕で過ごせそう。

なんなら、保温性のあるインナーシャツ1枚(モンベルのジオラインとか)と中間着としてカジュアルシャツ、アウターに本パーカーの3枚で真冬も乗り切れるんじゃないか、って思っています。

 

パーカーのフードは中がグレーで、背景にはglobal cultureのロゴが並んでいます。

個人的に、この色合いとさりげないロゴデザインの組み合わせがとても好き。

フードの中身がオシャレ(←個人的な見解)

 

実際に着てみると、パーカーの色とフードの色、ロゴデザイン、前面のKiwiのトレードマークが絶妙にマッチして良い感じ。

Sサイズ。身長172cm、体重60kg、体型は普通での装着感。少しダボダボ感があるかも。

 

どんな服とも合わせやすいデザインだなという印象です。

ただ、Sサイズにしては少し丈が長すぎる気が。腕も手のひらの先まですっぽり覆ってしまうほど長い。

全体的にダボダボ感のある印象になってしまうのが個人的にマイナスポイントでしたね。

(サイズ選びについては後ほど)

 

でも、この点を差し引いても満足のいく買い物でした。

せっかくなので、他の服と組み合わせてみたところ…

色合いもいいので、色んなコーデができそう

 

普通にオシャレじゃないですか!(個人的な見解)

パーカーの色合いがいいので、どんな服にも合わせやすいですね。

これで79NZD(約6,000円)なら文句なしコスパ最高です!

 

global cultureの店舗はどこにある?

global cultureの実店舗は大きく分けてオークランド、ウェリントン、プナカイキ、カイコウラ、クライストチャーチ、クイーンズタウンの6地域にあります。

(Google Maps と global culture公式サイトで調べた店舗数)

【北島】

  • オークランド:3店舗
  • ウェリントン:1店舗

【南島】

  • プナカイキ:1店舗
  • カイコウラ:1店舗
  • クライストチャーチ:4店舗
  • クイーンズタウン:4店舗

 

クライストチャーチには工場直営の店舗があります。

ここなら、種類も在庫も豊富なので、欲しいデザインのお目当てサイズがない、なんてことはなさそうですね。

 

あと、なぜかクイーンズタウンには4店舗もあります(笑)

街中に2店舗、空港に2店舗。1番人口の多いオークランドや首都ウェリントンを差し置いての店舗数。

ちなみに僕は当時、クイーンズタウンの店舗で購入しましたが、日本人スタッフも働いていましたよ。

クイーンズタウンは日本人に人気の観光地でもあるので、日本人に人気なのかな?と密かに思っていました。

(詳しい場所はGoogle Mapsで調べてみてネ)

 

【サイズ選び】日本でMサイズ着ているならSサイズがオススメ

一つ注意したいのがサイズ選び。

基本的に、衣類や靴などのサイズ感は日本とNZでは異なります。

サイズ表や僕の感覚では、日本でMサイズを着ている人は、NZではSサイズをオススメします。

日本でSサイズの人はXSサイズ、Lサイズの人はMサイズ、といったように日本で普段着ている服の1サイズ小さめのサイズを選ぶと良いでしょう。

 

とはいえ、サイズ感は人それぞれ。

この法則が当てはまらない場合があるので、実際に試着してみるのが1番でしょう。

(もしくは、ホームページ上にあるサイズ表を見て決める)

 

ちなみに、僕は身長172cm、体重60kg、体型は普通ですが、Sサイズでちょうど良かったです。

とはいえ、Tシャツの丈が日本のもの(Mサイズ)よりも数センチ長いので、その辺気になる方にはちょっとオススメできないかも^^;

 

global cultureのネット通販でかかる送料&配達日数について【NZ→日本】

global cultureのネット通販では、日本への送料が20NZD〜かかりますが、100NZD以上の買い物をすると送料無料になります。

配送方法も以下2種類から選べます。

  • NZ POST Untracked:20NZD(100NZD以上の買い物で無料
  • Tracked Courier:40NZD(100NZD以上の買い物で20NZD

 

上2つの違いは荷物の追跡サービスがあるかどうか。

配達日数はどちらもだいたい1週間くらいです。

 

ただ、2020年7月現在、コロナの影響で配達日数が大幅に遅れることがあります。

実際、今回は配送方法として「NZ POST Untracked」を選択しましたが、到着まで3週間ちょいかかりました。

コロナが落ち着くまでは配達日数が大幅に前後する可能性があるのでご注意を。

 

まとめ【大満足の買い物だった】

最後にひとつ言いたいことがあるとすれば、

やっぱりglobal cultureは最高!!

これに尽きます。

期待を裏切らないユニークなデザインと品質の高さ。

今回は初めてパーカーを購入しましたが、デザインや生地の質感が思った以上に良くて大満足の買い物でした。

もう、global cultureなしの生活は考えられない(笑)

global culture最高ーー!!!

 

はい、ただこれが言いたかっただけですw

きっと、global culture好きの方ならわかってくれるはず!

いつか、global culture好きの日本人とNZでオフ会してみたいですね(^o^)

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それでは、また。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です