リゾバ・季節労働

今年も十勝のブロッコリー農家で約1ヶ月働いてきました【北海道ボラバイト】

こんにちは、管理人のヒロキです。

さて、今年も行ってきました。昨年(2020年)も働いた十勝のブロッコリー農家です。

北海道でボラバイト!十勝のブロッコリー農家で約3ヶ月働いた感想こんにちは、管理人のヒロキ(@kobatch0820)です。 今回は、十勝のブロッコリー農家で約3ヶ月間働いた感想についてお話しま...

 

昨年は7〜10月の約3ヶ月間いましたが、今年は7月下旬〜8月下旬の約1ヶ月間。

他にもやってみたいボラバイトがあったので、今年は少し短めの期間でした。

 

昨年も同じところへ行ったのでこの記事書こうか迷いましたが、今年は少し環境がかわったので改めて記事を書こうと思います。

それではまいります。

(僕が働いていた十勝のブロッコリー農家について詳しく知りたい方は昨年の体験談をご覧ください)

 

今年のブロッコリー農家はどんな感じ?

今年も多田牧場&農園でブロッコリー収穫の仕事をしてきました。

期間は2021年7月26日〜8月25日の1ヶ月間

ここでは昨年行ったときと比較してどう変わったか、をメインに話していこうと思います。

 

ボラバイトは今年は男性が多め

例年、女性が多いボラバイト先ですが、今年は逆で男性が多い年でした。

僕が行っていた期間(7-8月)では男性が3人(本当は4人だったけど1人来れなくなった)、女性が2人。

9月には男性5人、女性1人来る予定だそう。男性が圧倒的に多いですね。

昨年は女性が最大6人、男性は2人でしたし、その前の年も似たような人数配分だったと聞きます。

 

今年だけ異常に男性が多い理由はわかりませんが、オーナーいわく僕のブログの体験談を見て応募してくれた男性(大学生)が多かったとのこと。

僕が思うに、昨年の僕の体験談には女子大生ボラバイター達と楽しそうに遊んでいる写真を載せまくったので、それに釣られた男ども健全な男子が多かったのだと思います(笑)

今年はイケメン男子が多かったですよ〜

(こう言えば、きっと来年は女性の応募が増えるはずww)

 

寮は離れの一軒家(昨年女子寮だったところ)

ボラバイトの住む寮は男女別で、通常は男性がオーナー宅の2階の一室、女性が離れの一軒家(車で約5分)という割り振りになります。

ただ、今年は男性ボラバイターが多くオーナー宅の一室に入りきらなかったので、男性が一軒家(最大6人まで入る)、女性がオーナー宅という割り振りになりました。

 

離れの一軒家はオーナーの目がないので気が楽なのですが、インターネット環境があまり良くないのが欠点でした。

(昨年まではWi-Fiなし。携帯もdocomo以外ほぼ繋がりません)

 

だがしかーーーし!!!

なんと、今年から離れの一軒家にポケットWi-Fiが導入されていました!!!

1ヶ月60GBまでなので無限には使えませんが、この北海道のど田舎でネット環境があるだけでも感激です!←失礼w

(たまたま今年はありましたが、来年からどうなるかはわかりません)

Wi-Fiがないのがネックだと思っていましたが、それも解消されたので離れの一軒家暮らしは最高でしたね。

→離れの一軒家に暮らしてみた感想はこちら

 

仕事内容、時給は同じ(昨年は箱詰め、今年は収穫メイン)

時給は800円。食事と寮付きで。

昨年、その前の年と変わらず。ボラバイトの中では好待遇な方です。

仕事内容はブロッコリーの収穫がメインで、状況に応じて植え付けや草取りなどの作業もあります。

 

ブロッコリーの収穫の仕事は大きく分けて2種類あり、1つはブロッコリーの収穫係、もう1つは収穫したブロッコリーの箱詰めがあります。(箱詰めは男性がやります。人数は1〜2人)

ブロッコリー収穫作業の流れ
  1. ベルトコンベア付きのトラクターの後ろに5〜6人が横一列になって付いていきながらブロッコリーを釜で収穫、コンベアに流す
  2. コンベアに流れたブロッコリーを、箱詰め係がトラクターの荷台に乗ってコンテナ(1箱18個入る)に詰めていく
  3. 詰めたコンテナをパレットに積んでいく。1パレット50コンテナになったら紐で結んでトラクターで運んでもらう。
  4. 新しいパレットと交換。上記の流れの繰り返し。

 

昨年は箱詰め係をやっていましたが、今年は収穫メインでやらせていただきました。

両方やってみて、個人的には収穫の方が楽しいし好きですね。

ブロッコリーを釜でスパッと切る、これが思った以上に快感でして(笑)

 

食事も美味しい!

ボラバイト先での楽しみの1つが食事。

昨年は美味しい手料理が多く毎日ハッピーでしたが、今年はどうだったのか。

結論、今年も昨年と同じく美味しい手料理にうなされました。

 

オーナーが忙しい時はコンビニ弁当、外食などの日もありますが、そうでなければ手作りの食事をいただくことができます。

今年の手料理も載せておきますね。

みんな大好き野菜カレー♪
オーナーのオムライスは味もボリュームも最高!
オーナーオリジナル豚丼。ここでしか食べられません。
みんな大好きハンバーグ。
みんな大好き生姜焼き。

 

 

ご飯は毎日違うメニューなので、飽きがない。

美味しいご飯があるおかげで、どんなに過酷な仕事も頑張れました(笑)

 

1ヶ月間で稼いだ金額(7月下旬〜8月下旬)

今回、1ヶ月間で稼いだお金はズバリ、154,400円。

今年は天候の都合で勤務時間が多く、予定よりも多めに稼ぐことができました。

昨年の同じ時期の勤務時間を計算したら12万円稼げるかどうかだったので、今年は予想以上の収入にウハウハです♪

まぁ、その代わり休みが1日潰れましたけどね(笑)

 

オーナーは相変わらずの怖さ優しさ

昨年の体験談にてオーナーの人柄について言及しましたが、今年も相変わらずの怖さ優しさ(太っ腹)でした。

仕事頑張れば焼き肉連れて行ってくれましたし♪

今年は1ヶ月間で2回も焼き肉に行きました。いや〜マジで焼き肉美味しかった!!

個人的に日本一うまい焼き肉屋

 

ただ、人によっては怖いと感じるかもしれません。

今年も変わった(ストレートに言うと人の話を聞かない)ボラバイターが1人来ましたが、その人はよく怒られていましたし。

その起こり方がちょっといや、めちゃ怖い(笑)

 

ここだけの話、僕も今年1回だけキレられましたww

オーナーから借りていた車、パンクしたまま走行してしまい、それに気づかなかったことに対して怒られました。

パンクに気づかなかった僕も悪いですが、もともとタイヤも古かったですしいつパンクしてもおかしくなかったので、、、

なんか僕だけめちゃくちゃ責められてかなり凹みましたね(他に同乗者2人いましたが、その2人には優しく接していた。僕ばかり怒られて不公平だ!!と内心思いました←子どもかっw)

 

と、少し不安になること書きましたが、オーナーの話をしっかり聞く、仕事を真面目にやる、変に口答えをしない、これを徹底していればオーナーは優しいので安心してください(笑)

 

離れの寮に住んでみた感想

結論からいうと、個人的にはかなり快適でした。

一番の理由はオーナー宅から離れているので気を遣わなくていいこと(笑)

昨年はオーナー宅の1室が寮だったのですが、正直オーナー宅はあまり落ち着きませんでした。

というのも、お風呂や洗濯しに行く際はオーナーのいるリビングルームを必ず通らなければならないですし、仕事が終わって部屋でゆっくりしているとたまにオーナーから呼ばれることがあるから。

 

今年は男女の人数の関係で男性が離れの一軒家に住むことになりましたが、離れはマジでストレスフリーで最高でした!笑

出勤や食事の時はオーナー宅に行かなければいけませんが、車で5分ほどで行き来できるのでそこまでデメリットを感じない。

 

一軒家自体はそこまで新しいわけでもなく、一般的な家庭の家と比較して少し古く小ぎたない印象ですが(笑)、僕はそこまで気にならない。

一軒家の辺りには畑しかないので近所迷惑とかもない。

精神的には超スーパーウルトラ快適だと思いますw

 

以下、離れの一軒家の写真です。ぜひ参考に。

こちらキッチンになります。
こちらリビングになります。
こちら僕が住んでいた部屋になります。リビングのすぐ隣。
リビングから15mほど奥に行くとある部屋。奥にも更に1部屋。
一番奥にある部屋。エアコン付きで綺麗で一番快適な部屋。だが、リビングから遠い。(ここと迷ったが、リビングから近い部屋にした)
リビングから近いトイレ
洗面台
洗濯機。1台しかないので皆で仲良く使いましょう。
お風呂
奥の部屋に近いトイレ。

 

今年はたまたま男性寮として使っていますが、例年は女子寮として使っているので、男性がこの寮使えるのは今後はほぼないかもしれません。

来年はきっと女性が多いので、女子寮になるでしょう、たぶん。

 

来年も行くのか?

来年も来なさい!って言われた僕ですが(笑)

正直来年は行かないかもしれません。

可能性があるとすれば、10%くらい(笑)

 

というのも、来年からは職業訓練校に行こうと思っているからです。

職業訓練校に行こうか迷っている話どうも、管理人のヒロキです。 突然ですが、今回は職業訓練校に行こうかどうか迷っている、という話をしようと思います。 もう二度...

上記の記事でも述べていますが、このフリーター生活にも飽きてきましたし、今のうちに手に職をつけておきたいと思ったからです。

自分で農業やるならノウハウ身につけるために農作業の仕事続けるメリットあると思いますが、農家になるつもりは1ミリもないので(笑)

 

仮に職業訓練校行かなくても、何かしらの国家資格を取っておきたい。

来年はそのための勉強期間として過ごそうと思っているので、勉強に集中できる環境に身を置きたいんです。

まぁ、もし農作業に行くとしたら富良野の農作業ヘルパーはアリかなと思っています。

理由は、寮が個室でWi-Fi付き、勉強も集中できる環境なので。

 

万が一気が向いたら、またブロッコリー収穫しに行くかもしれません。

もし僕の代わりに行ってみたい人がいましたら、ぜひボラバイトのホームページから応募してください(笑)

ボラバイトの固有記号「農園-tdab」で表示されている農園です。(各募集の詳細を開くと確認できます)

多田牧場&農園の募集リンク(募集終了後はリンク切れになる可能性あり)

 

以上!

それではまた〜\(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です