ホームステイ先で大活躍!ニュージーランド人に喜ばれる意外な日本のお土産10選

スポンサーリンク

これからワーホリや留学でニュージーランドに渡航する方の多くは現地でホームステイを考えているのではないでしょうか。

そこで、親睦を深めるために何か日本のお土産を持っていった方がよいのではと考えている方も中にはいるでしょう。

でも、実際何を持って行けば喜んでくれるのか、悩みますよね。
ネットで調べればホームステイ先で喜ばれる日本のお土産が出てくると思いますが、あまりに定番過ぎても帰って喜ばれない可能性もあります。

これはホームステイの永遠のテーマですね。

そこで今回は、9ヶ月のホームステイを経験したぼくがニュージーランドのホームステイ先で喜ばれそうな日本のお土産をご紹介します。

え、こんなものまで!?というような意外なものも入っていますので、ぜひお土産選びの参考にしてみて下さい。

 

ホームステイ先に日本のお土産は必用?予算はどれくらい?

まずそもそも、ホームステイするにあたってお土産を渡す必用があるのかどうかについて話していきます。

結論からいうと、どちらでも良いと考えています。

ホームステイはステイする私たちがお金を支払って現地の家庭に住まわせてもらうことになるので、プラスアルファでお金を掛けてお土産を買う義務はありません。

とはいうものの、お互い初めて会うのですから最初は緊張するでしょう。そんな時に日本のお土産を渡せばそこから話が広がり親睦が深まりやすくなるのも事実です。

ですので、どちらでも良いとはいうものの、ステイ先の家族とより早く打ち解けるために日本のお土産はあった方がよいかなというのがぼくの意見です。

次に、もしお土産を持って行くなら予算はどれくらいが目安になるのでしょうか。

人それぞれ考えがあると思いますが、ぼくはそんなに高いお土産を買う必用はないと思います。

もちろん、ホームステイ先の家族構成によって大きく変わってきますが、大体1,000〜2,000円前後が1つの目安ではないでしょうか。

 

ホームステイ先のお土産を選ぶ3つのポイント

続いてはホームステイ先のお土産を選ぶために必用なポイントを3つまとめました。

お土産を選ぶ前に、まずは以下のポイントを押さえておきましょう。

 

ホームステイ先の家族構成を事前に知っておく

ホームステイのお土産で特に重要になってくるのは、ステイ先の家族構成です。

ホームステイと言えば、夫婦2人に小さい子供が2〜3人といった家庭を想像してしまいがちですが、実際はそうとは限りません。

夫婦2人だけの家庭、子供が高校生以上の家庭、老夫婦、シングルマザーやシングルファザーの家庭など、ステイ先によって実に様々です。

もちろん、家族構成によって好み趣向は異なります。

ですので、お土産を選ぶ前にまずはステイ先の家庭構成を把握しておきましょう。

留学エージェントからホームステイを申し込む方はエージェント経由で、現地で直接申し込む方はステイ先の代表者に教えてもらいましょう。

 

外国人(ニュージーランド人)に人気のお土産を調査しておく

定番かもしれませんが、外国人に人気のお土産ランキングを調査しておくことも重要です。

日本人から見て何でもないようなものでも、彼らにとっては喉から手が出るほど欲しいものだったりします。

まずは、日本のどのようなお土産が外国人に需要があるのか調査しておきましょう。

できれば、1つのサイトだけでなく複数のサイトから情報を入手しておくとよいでしょう。サイトによって紹介されているお土産も内容も異なるので。

 

可能であれば直接連絡を取って聞く

外国人に人気のお土産を選んだつもりでも、ステイ先によっては喜ばれない事もあります。

例えばあるお菓子をお土産に持って行ったものの、ステイ先の家族にとって苦手なものだったりアレルギーで食べれない物であることも考えられます。

また、あまりに定番過ぎる日本のお土産(特にモノ系)も微妙です。

特に日本人の留学生、ワーホリメーカーを多く受け入れているホームステイ先は、毎回日本のお土産をもらっていると考えられます。
つまり、あまりに定番なものだと「また箸かよ」などと思われ逆効果になる恐れがあるんですね。

かと言って、奇抜過ぎる物を選ぶのもリスクが高いので、不安であれば直接メールなどで聞いてみるのが一番です。

 

ぼくがお勧めする日本のお土産10選

続いては、ホームステイ先の日本のお土産として、ぼくがお勧めするものを10種類ご紹介します。

ニュージーランドで合計9ヶ月ホームステイしてきて感じた、彼らが喜びそうな定番なものから、日用品などの意外なものまでを10種類厳選しました。

ぜひ一つの参考にしてみて下さい。

 

1.キットカット(地域限定品)

キットカットは世界的に有名なお菓子なので、一見そこまで需要が無いように思われます。

ただ、日本にしか売っていないキットカットが実は外国人に大人気。特に抹茶味は人気がありますね。


引用:ihoestle.jp

実際にニュージーランドのスーパーなどでキットカットはよく目にするのですが、抹茶味はなかなか売っていないです。売っていたとしても、味が日本の抹茶味と全然違います。

実際に最初のホームステイ先に抹茶味のキットカットを持って行ったら、思いの外大喜びしてくれました。

定番でありながら喜ばれる確率が極めて高いので、日本のお土産としては無難な選択肢でしょう。

他には桜抹茶も人気です。外国人って日本の桜が好きな人が多いので、ネタとしてもアリな商品ですよ。


引用:nestle.jp

そして、ぼく個人的に好きなのが夕張メロンのキットカット。


引用:nestle.jp

夕張メロンチョコレートの風味豊かな味わいが特徴。

味も美味しいですが、北海道というネームバリューもあってか、外国人ウケは良いかもしれませんよ。

成田空港や関西国際空港であれば空港内のお土産店に売っているので、出国前に買っていくと良いでしょう。

 

2.日本のお菓子

キットカット以外の、普通の日本のお菓子も実は外国人に人気があります。

例えば、ぼくがニュージーランドに持って行った日本のお菓子の一つに「きのこの山」というチョコレート菓子がありますが、あのビスケットの食感とミルクチョコレートチョコレートの味が絶妙で、海外のワーホリ友達に食べてもらったら大好評でした。

他にもコアラのマーチ、ブラックサンダー、プリッツなど挙げればキリが無いほど日本には美味しいお菓子がありますよね。

 

実は、あまり凝ったお土産を渡すよりも、手軽に食べられる物の方が意外と喜んでくれるんですね。

特に小さい子供がいるホストファミリーにはお勧めです。間違いなく喜ばれるでしょう。

お勧めはチョコ系と抹茶系のお菓子。特に抹茶系は王道でありながら、外国人の間では根強い人気がありますからね。

 

3.抹茶粉末

抹茶系のお菓子も良いですが、あえて抹茶粉末をお土産として持って行くと尚喜んでくれるかもしれません。

というのも、ニュージーランドでは抹茶粉末は手に入らないので、お土産としてのプレミア度はかなり高い事間違いなし。

抹茶粉末って結構色んな使い道がありますが、例えばステイ先で抹茶ミルクや抹茶クッキーなどを作ってあげると喜ばれるでしょう。

ファミリーとのコミュニケーションのきっかけにもなりますし。

 

もしお茶が好きな家庭であれば、お茶碗と泡立て器もセットで持って行ってあげると良いのではないでしょうか。

 

4.お守り

日本人の間ではお馴染みのお守りですが、外国人の間でも意外と人気があったりします。

というのも、海外から見たら日本のお守りは独特で、なおかつ漢字で書かれているため漢字好きな外国人にとっては魅力的なアクセサリーに映るからです。

ただ、ネット情報だと宗教によっては貰っても困るという方もいるみたいですね。

個人的には大丈夫だと思うんですが。ニュージーランド人の多くは日本のことが好きor興味があると言われているので。

もし無難にいくなら、ガッツリお守りというよりはキャラ系のストラップや幸運を呼ぶ物シリーズが良いでしょう。

個人的には「さるぼぼ」のストラップが良いかなと。

 

ホストファミリーとのコミュニケーションのきっかけにもなりますしね。

 

5.筆記用具

ホームステイのお土産として意外と喜ばれるのが日本の文房具。

日本の文房具は質が高く壊れにくい事から、ニュージーランドのみならず世界から注目されており、需要も高いです。

ニュージーランドにも一部日本の文房具は売っていますが、ビックリするほど高い値段します。

下記記事でも取り上げていますが、通常の相場で日本の3倍程、中には5倍以上もの値段で売られているものもありました。

えっ、こんなに高いの!?ニュージーランドで日本より物価が高いものシリーズ

2017.08.26

 

欲しいけど、高くて中々手が出せない代物。そこで、お土産として日本の文房具を渡せば喜ばれる事間違いないでしょう。

特に消えるボールペンや蛍光ペンはお勧めです。消せるシリーズはニュージーランドに売っていないので、彼らからしたらレア度は相当高いはずです。

また、小中学生くらいの子供がいる家庭なら、アニメなどキャラクターシリーズの文房具を渡すと尚良いでしょう。

 

6.日本酒や梅酒

日本のお土産として意外に喜ばれるのが日本酒や梅酒など、日本独特のお酒。

ニュージーランドはワインの産地であるため、スーパーでは数え切れない程のワインが売られています。

しかし、日本のお酒は普通のスーパーマーケットにはまず売っていないので、レア度はかなり高め。

ですので、日本のお酒が好きな家庭であれば喜ばれる事間違いないでしょう。

個人的には日本酒も良いですが、梅酒がお勧めですね。甘くて飲みやすいので、日本酒に比べると広く受け入れて貰える可能性が高いです。

また、杏や桃などの果実酒も良いかもしれません。

 

ただし、日本のお酒が好きでない、もしくはアルコール自体飲めない家庭もありますので、お酒を買う事を検討している場合は直接ファミリーに聞いてみましょう。

また、子供がいる家庭であれば、子供用のお土産を持って行く事も忘れないように。お酒だけだと子供達が拗ねる恐れがあるので(笑)

 

7.ホストファミリーの名前を漢字(当て字)で書いた手ぬぐいなど

よく外国人の人気お土産ランキングで「印鑑」が取り上げられていますが、ぼく個人的に印鑑よりお勧めなのがホストファミリーの名前の漢字の当て字を書いてプレゼントしてあげること

これは、ブレナムのシェアハウスで日本人のシェアメイトが実際にやっていた試みで、別れ際にシェアハウスのオーナーに名前の漢字当て字をプレゼントしたら驚くほど喜んでいました。

また、クライストチャーチのランターンフェスティバル(中国の旧正月イベント)に行った時の話、名前を漢字で書いてもらえるコーナーがあったのですが、そこだけものすごい行列ができていました。

もちろん、ほぼニュージーランド人でした。

 

日本人が英語に憧れるように、ニュージーランド人も漢字に憧れているんです。

自分の名前を漢字で書いてもらったら、それは彼らにとってはうれしいに違いありません。

そこで、お土産としてぼくがオススメするのは、無地の手ぬぐいなどにファミリーの一人一人の漢字名を書いてプレゼントしてあげること。

 

その際、英名と漢字名の両方書いてあげるのがポイントです。

また手ぬぐいでなくても、厚手の画用紙でも良いでしょう。その場合は、事前に準備するよりもその場で書いてプレゼントしてあげるのがベターです。

名前を書く筆記用具は油性ペンでも構いませんが、市販の筆ペンで書くとより漢字独特の味が出るのでお勧めです。

 

8.漢字入りのTシャツ

漢字関係で関係するお土産の代表が漢字入りのTシャツ。

たまに街を歩いていると漢字入りTシャツを来ている外国人がいますよね。

日本人からしたら意味不明な漢字や日本語が書いてあるものもありますが、外国人からしたら漢字・日本語入りTシャツは憧れの的。

ただ、ニュージーランドに日本語入りTシャツはなかなか売っていません。

そこで、日本のお土産として漢字入りのオリジナルTシャツをプレゼントしてあげるとかなり喜ばれるでしょう。

 

ただし、サイズには注意しましょう。ニュージーランドのサイズはワンサイズ大きいので、例えばニュージーランドのLサイズは日本のXLサイズ、ニュージーランドのMサイズであれば日本のLサイズに該当します。

恐らく、成人のニュージーランド人であればXLサイズがベストかもしれません。

とはいうものの、1枚当たり結構なお値段するので、予算に余裕がある方は検討してみて下さいね。

 

9.洗濯用グッズ

日本のお土産としては意外性、そして実用性のある洗濯用グッズ。

特に洗濯物を干す時に便利な干し分けハンガーなんかは意外と喜ばれるそうです。

ニュージーランドでは洗濯ロープ上に洗濯物をピンチで固定して干すのが一般的。

ぼくもワーホリ中はそのように洗濯物を干していましたが、靴下や下着など細々とした物をいちいちロープ上に固定するのって面倒なんですね。

そこで、干し分けハンガーがあれば細々としたものも楽々干せますし、洗濯物の取り込みも一発でできて便利。

ニュージーランドにはあまり見かけない商品なので、意外と喜ばれるのではないでしょうか。

 

また、干し分けハンガー同様、洗濯ネットもニュージーランドではあまり見かけません。

小物と分けたい時、個々で洗濯物を分けたい時に洗濯ネットがあると便利ですよね。

実用性があるだけに使ってもらえる確率も高いのでお勧めです。

 

10.カレーのルー

最後にご紹介するのが、日本のカレーのルー。

日本のカレーはまろやかで美味しいので、日本人だけでなく外国人からも根強い人気があります。

ところで、カレーと言えばインドというイメージがありますよね。

もちろん、インドカレーは美味しいですし、ぼくもインドカレーファンですが、日本のカレーも引けを取らない程美味しいですよね。

ニュージーランドにはインドカレーの店が至る所にあり、意外と需要も高いので、それならば日本のカレーも需要が高いはず。

実際にホームステイ中にシェアハウスのオーナーにカレーを振る舞った事があるのですが、「めちゃ美味しい!」と感激してくれました。

ですので、お土産として日本のカレールーは良い選択肢でしょう。

カレールーを持っていってファミリーと一緒に作れば、コミュニケーションのきっかけにもなりお勧めですよ。

因みに、レトルトカレーは検疫上持っていけないので注意しましょう。

 

お土産を買う際の注意点

最後にお土産を買う際の注意点を一つ。

ニュージーランドは食品の持ち込みに非常に厳しい国で、近年はより一層厳しくなっているそうです。

せっかくお土産として買ったのに、空港で没収されてしまったら元も子もないですよね。

そうならない為に、事前に持ち込み禁止品目を確認しておきましょう

例えば、上で紹介したお土産で関連するものにレトルトカレーがあります。

肉製品の持ち込みが禁止されているので、肉が入っているレトルトカレーは持ち込めないという事です。

ニュージーランドへの食品の持ち込みに関しては下記のサイトが非常に分かりやすいので参考にして下さい。

ニュージーランドへの食品の持ち込み|留学・ワーホリのサザンクロス

 

まとめ

以上、ホームステイ先で喜ばれる意外なお土産10選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

もちろん、今回ご紹介した物の中以外でも喜ばれるお土産はたくさんあります。なので、どれにしようか悩みますよね。

でも、何であれお土産をもらえたらうれしいものです。

大切なのはお土産ではなく、その先にあるコミュニケーション。

本ブログがこれからホームステイされる方の楽しいホームステイに繋がれば、これ以上うれしい事はありません。

 

【関連記事】

ニュージーランドの入国審査ってどんな感じ?持ち込み検査が厳しいって本当?

【留学前の英語学習】たった三ヶ月で英語をマスターした女性に聞くオススメ英語学習法

スポンサーリンク