季節労働

季節労働(農作業アルバイト)って楽しい?キツい?5年間やってみた正直な感想

どうも、季節労働しながら自由に生きているヒロキです。

2016年、NZワーホリを始めて依頼、すっかり季節労働にハマり気づけば早5年。

もう、季節労働以外の仕事(一般企業への就職、派遣、都会のアルバイトなど)ができない体質になってしまったようですw

 

さて、今回は季節労働についての話題です。

季節労働とは、季節的な影響を受ける仕事において、一定期間のみ就業する労働のことをいいます。

例えば、果物・野菜の収穫などの農業系、漁業系、スキーのリゾートバイトなどが代表的ですね。

とはいえ、これから話す季節労働は主に農作業アルバイトについてです。(僕が農業系の季節労働しかやったことないので)

 

季節労働は肉体労働が多いので、結構キツいんじゃないかって心配になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では僕の5年間の季節労働経験も踏まえ、季節労働の魅力、大変だと思うこと、などなど赤裸々に語っていきたいと思います。

季節労働に興味のある方、これから季節労働をやろうと思っている方は参考にしてみてください。

 

僕が今まで経験した季節労働(農作業アルバイト)

僕が今まで経験してきた季節労働をざっくりとご紹介します。

  • キウイフルーツの箱詰め(NZワーホリ、3ヶ月)
  • チェリーの収穫、選果(NZワーホリ、2ヶ月)
  • ブルーベリー収穫(NZワーホリ、1週間)
  • 製糖工場で黒糖の箱詰め(沖縄-伊江村、3ヶ月)
  • 梅の収穫(三重、2週間)
  • ブロッコリー収穫(北海道-帯広、3ヶ月)
  • みかんの選果、運搬(愛媛、2ヶ月)
  • 農作業ヘルパー(北海道-富良野、1ヶ月)

他にもいくつかありますが、書くのが面倒なのでこれくらいでw

上に挙げたものが、僕が印象に残っている季節労働です。

この中でも、特にNZワーホリで経験したキウイフルーツの箱詰めは超楽しかったですね。

このキウイフルーツの箱詰めが僕にとって初めての季節労働、そして初めての楽しい思い出なので、これがきっかけで季節労働にハマりだしたのだと思います。

キウイフルーツパッキングの仕事が稼げる?僕が3ヶ月で稼いだ額は?ニュージーランドと言えば、キウイフルーツが有名ですよね。 ゴールドキウイとグリーンキウイの2種類あり、どちらも日本のスーパーでもよ...

 

季節労働(農業)はどんな感じ?

季節労働は楽しいことばかりではありません。

ここでは、季節労働が実際にどんな感じなのかをお話します。

 

季節労働はぶっちゃけキツいと思う

季節労働(農作業アルバイト)は体を動かす仕事が多いので、結構体力がいります。

特に男性の場合、収穫した野菜や果物を運搬する仕事を任されることが多いですが、これがまたかなりの肉体労働。

(収穫物の入った10〜20kgのコンテナを運んだり、自分の身長以上の高さに積んだり。腰を使うので腰を痛める人も少なからずいます)

体力に自信がないとついていけずにリタイアしてしまうかもしれません。

 

また、季節労働は夏がメインになりますが、畑仕事の場合だと30℃以上の炎天下の中でも作業することがあるのでかなりしんどいと思います。

まぁ、農業系の季節労働といっても様々ですが、基本的にはキツいと思っておいた方がいいでしょう。

ちなみに、NZワーホリで経験したキウイフルーツの箱詰め、チェリーの収穫、ブルーベリーの収穫はかなり楽でした。

もうNZ移住しようかなw

 

季節労働は給料(時給)が安い

農業系の季節労働は給料が安い傾向にあります。

僕の感覚ですが、だいたい時給900〜1000円くらい。

まぁ、日本のアルバイトの時給と同じくらいの金額ですが、季節労働をメインの仕事にするならば、これだけで食べていくのは大変かもしれません。

結構重労働な仕事もあるので、もっと給料上げてくれよ〜って思うかもしれませんが、季節労働って誰でもできる単純作業が多いので、それゆえ給料が安いのかもしれません。

 

それに、季節労働は期間限定雇用のことろが多いので、会社の健康保険や厚生年金、雇用保険にも入れない。

結婚して子供を作って、など家庭を持つのであれば季節労働だけでやっていくのは考えものだと思います。(まぁ、頑張ればなんとかなりそうですがw)

 

それでも季節労働は楽しいと思う理由

季節労働はキツい仕事が多いですし、体を痛めるリスクもあるし、給料も安いし、良いことないじゃん!って思うかもしれませんね。

だかしかーし、それでも僕は季節労働が好きです。

 

季節労働ってキツいですが、1日終えた後に何ともいえない達成感を感じるんです。

(登山で山頂に着いた、もしくは下山したときの気持ちに似ている)

キツい仕事で汗をかいた後に浴びるシャワーの気持ちよさ。疲れてお腹カラッカラに空いた後に食べるご飯の旨さ!そして、ビールw

何でもない日常の些細な幸せをより強く感じることができる。

時には仕事仲間と達成感をビールを通して分かち合う。

 

こうしたこと全てひっくるめて、季節労働は楽しいなと思うんです。

 

僕はもともと大手自動車部品メーカーの開発職で給料もかなり良かったのですが、正直あまり楽しい記憶はありません。

毎日仕事へ行くのが嫌で嫌で仕方なかった。

今は会社員時代に比べて給料は劇的に下がりましたが、それでもまた会社員に戻りたいとは思いませんし、逆にいえば給料が安くても季節労働を続けたいなと思っています。

(ただ、僕ももう33歳なので、今後は季節労働はほどほどにし、国家資格を取って別の仕事に就こうかなとも考えています)

 

季節労働は若いうちに(特に大学生は)経験しておくといいかも

もし季節労働に興味があるという方は、一度は経験してみるといいかもしれません。

僕個人的には、なるべく若いうち(特に大学生は夏休みの時)に経験しておくことをオススメします。

どんな仕事でもそうですが、若ければ雇ってもらいやすいですし(特に季節労働は体力がいるので、若者は大歓迎!)、向いていないと思えばすぐに方向転換できるというフットワークの軽さもメリット。

もし、季節労働が自分に向いていると思えば、就職せずに季節労働者として生きる道もありますしね。

 

あと、季節労働では色んな人(旅人が多い気がする)との出会いがあるので、今まで狭い世界でしか生きてこなかったと思う人にとってはとても刺激を受けられると思います。

実際に、季節労働での出会いが人生変えることって結構ありますし(そういう話はよく聞きます)。

人生に迷う若者よ、ぜひ季節労働をしてみてはどうだろうか。(僕も絶賛人生に迷う若者ですがw)

 

季節労働(農業)ってどうやって探す?

農業系の季節労働を探す方法は大きく分けて2つあり、1つは知り合いの紹介、もう1つは求人サイトで探す、です。

ただ、知り合いの紹介はめったにないと思うので、ここでは求人サイトで探す方法についてお話します。

農業系の季節労働を扱っている求人サイトは、以下のサイトが有名です。

ただ、こちらの2サイトは長期(就農する人向け)の求人が多い印象です。

 

農業の仕事とはどんなものか体験してみたい、という方にオススメなのがボラバイトという求人サイトです。

ボラバイトはボランティアとアルバイトをかけ合わせた造語で、あくまで体験重視だけどお給料もでる、つまりはアルバイトに近いボランティアです。

正直給料はかなり安いですが、2週間〜1ヶ月の短期間の求人が多いので、体験してみたい人にとっては気軽に応募できるのがいいですね。

農家での仕事は基本的に住み込みになるので、短期間だけ田舎暮らしを体験できるのもいいですね。

 

ちなみに、僕は求人サイトの回し者ではないですよw

 

まとめ

季節労働(主に農作業アルバイト)について、約5年間経験した僕からみた季節労働の魅力や大変だと思うことなどをご紹介しました。

結論をいうと、季節労働は超楽しいです。

もちろん、仕事はキツいですよ?

なれない肉体労働で体を痛めることもザラですし。

農家によっては理不尽な目にあったり、人間関係で嫌な思いをすることもあります。

でも、それも込み込みで季節労働はやる価値あると僕は思います。

ぶっちゃけ、普通に就職して良いお給料もらうよりも、安月給でも季節労働していた方が何倍(もしかしたら100倍)も楽しいしストレスフリーです(笑)

 

将来のこと(結婚とか家庭を作ることなど)を考えるのであれば就職した方がいいのかもしれませんが、正直なところ就職したくありませんし、できればこのまま季節労働をしながら自由に生きていきたいというのが本音です。

これは僕の思い描く理想ですが、、

食っていけるような国家資格取りまくってフリーランスとして仕事をしつつ、たまに季節労働をする、というライフスタイルが最高ですね。

組織の中で仕事をするのが苦手ですし、通勤ラッシュも嫌なので会社というものには行きたくないのでw

 

話が逸れましたが、以上です。

季節労働に興味がある方の参考になればうれしいです。

ではでは〜\(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です