管理人のつぶやき

32歳フリーターの今後の生き方

どうも、管理人のヒロキです。

2016年、NZワーホリ帰国後からフリーターとなり、全国の農業バイトなどを転々としながら生活し今に至ります。

現在無職、独身32歳。

世間的に見たら絶望的な人生を送っているように見えるでしょう。

 

まだ32歳だから、本気になれば(一般的に良いと思われている)人生をやり直すことはできるはずです。

でも、僕は一般的に良いと思われている人生にはもう戻れない。

いや、むしろ考えただけで憂鬱になる。

どれだけ給料が良かろうが、待遇が良かろうが、世間から褒められようが、僕の本心は騙せない。

僕は心からの自由を求めている。

だから、今後も今のライフスタイルを変えるつもりはありません。(まだわかりませんが)

 

前置きが長くなりましたが、本記事では僕の今後の生き方について、現時点で思ったことを書こうと思います。

 

今年度の予定(2021年)

2021年ももう半分が過ぎました。

2021年前半の過ごし方を振り返ってみると、

  • 1〜3月:ニート(ほぼゲーム生活)
  • 4月:富良野で農作業ヘルパー
  • 5月前半:ニート
  • 5月後半〜6月:福島でブロッコリー収穫

こんな感じ。

仕事していたのは2ヶ月ほどなので、ほとんど遊んでいたことになりますね(笑)

 

さて、2021年後半の予定ですが、今のところはこんな感じです↓

  • 7〜8月:北海道でボラバイト(2箇所)
  • 9月初旬:屋久島旅行(1週間)
  • 9月中旬〜10月:未定(たぶんニート)
  • 11〜12月:愛媛みかんバイト

2021年前半よりは行動しますが、相変わらずニート期間は入れてますww

ニート最高ww

自慢じゃありませんが、こんな体たらくな人間でも彼女はいますよ(笑)

 

来年以降の予定(2022年以降)

結論、未定です(笑)

とはいえ、ぼんやりながら2パターンの未来を想像しています。

  • 今まで通り農業バイトを転々とする
  • 職業訓練校に通う(電気工事系)

1つ目は今まで通り、農業バイトを転々としながら生きる、フリーターの生き方。

 

そして、2つ目は職業訓練校に通い、就職する生き方。

「え、就職しないんじゃなかったの?」

って思うかもしれませんが、これには2つ理由があります。

  • 農業バイトを転々とする生き方にそろそろ飽きてきた
  • 生きるための手段として、手に職(電気工事の資格)をつけておきたい

 

職業訓練校も電気系を選ぼうと思ったのは、もともと電気系の大学を卒業したから。

大学の授業は正直つまらなかったけど、電気系の実習は結構楽しかったのを今でも覚えています。

 

それに、就職といっても終身雇用はまったく考えてなく、好きなタイミングで就職、退職できればいいと思っています。

とりあえず手に職があれば、生きるのに困らない。いざとなれば就職できるという安心感がほしい(笑)

というか、電気工事系の仕事ができれば就職でなくともアルバイトや契約社員でも全然OKです。

働く分野は違えど、根本的なライフスタイルは2016年以降何も変えるつもりはありません。

僕は根っからの怠け者なのでね。できれば仕事はしたくないww

 

まぁ、職業訓練校行くかどうかはわかりませんが、選択肢の一つとして心に留めておこうと思います。

 

もしベーシックインカムが導入されたらどう生きるか?

話は変わりますが、、

最近、コロナパンデミックが引き金になりベーシックインカム導入の話題をよく聞くようになりましたね。

ベーシックインカムは全国民に対し、毎月一定金額を給付するという制度。

生活保護と似ていますが、ベーシックインカムは受給資格の制限がなく、全国民対象という点がおおきい。

そんな夢のような制度が導入されたら、僕は今後どう生きるのでしょうか。

 

結論をいうと、ベーシックインカムが導入されても仕事はすると思います。

「毎月働かなくてもお金がもらえるなら、働く必要ないじゃん」

って思うかもしれません。

しかし、ニートを経験してきた僕からいえることは、仕事しないと暇すぎて退屈すぎて耐えられないです。

仕事したくない僕でも、1ヶ月間ニートすると仕事したくなるという、逆の現象が起きます。

ありえないと思うでしょう?でも、本当なんです。

この原理(?)については話が長くなるので別記事で書こうと思います(てかすでに書いてたかも)。

 

ただ、仕事といってもお金を稼ぐことだけが仕事ではないと思っています。

「仕事」という言葉を調べてみると、こんなものがあります。

何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。

仕事って生計を立てるためにイヤイヤするイメージがあると思いますが、僕のイメージする仕事は好きで楽しみながらするものだと思っています。

 

たとえお金にならなくても、だれかの役に立っている、支えになっている、影響を及ぼしている。

家事や育児だって、お金はもらえないけど立派な仕事です。

(実際に、海外では家事や育児は立派な仕事だと認識されています)

たとえ1円も稼げていないユーチューバーやブロガーでも、発信している時点で立派に仕事をしていると思います。

 

話が逸れましたが、もしベーシックインカムが導入されたとしても、今まで通り変わらずブログで自分の生き方を発信するという仕事を続けていくつもりです。

そして、コロナが落ち着き海外へ行き来できるようになったら、またニュージーランドへ行き、現地での生活をブログで発信したいですね。

もともと、このブログはニュージーランドについて発信するブログですし、ニュージーランド大好きですし。

その際にかかる旅費、生活費がベーシックインカムでまかなえたら嬉しいですね。

 

以上、僕のひとり言でした(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です