中国旅行

今日から2週間中国に行ってきます

こんにちは、帰国後ライフを満喫している小林です。

さて、そんな僕は今日から2週間中国旅行に行ってきます。

今夜出発前の便に乗り、目的地の重慶へ到着するのは明日の午前中。一旦、合肥という場所で乗り換えるんですが、そのトランジットの時間が9時間という…。

僕の人生初の長時間トランジットに耐えられるか今から不安で夜も眠れなさそうです(笑)

さて、それはさておき今回は中国旅行の大まかなプランや中国で楽しみにしている事などについて忘備録として書いていきます。

今回の中国旅行で訪れる場所

まず、一番最初に向かうのは重慶(じゅうけい、チョンチン)という、中国内陸部にある人口約3,000万人の都市。

上海や香港、北京などの海岸沿いの大都市と違い、内陸部なので日本からの直行便が無いのがイタい。格安航空を使って3万4千前後だったけど、安いのかな?相場がイマイチ分かりません。

さて、中国語はニーハオぐらいしか知らない僕ですが、今回の中国旅行はマレーシア人の友達(華僑系なので中国語ペラペラ)と一緒に行くので幾分安心ではあります。中国ではあまり英語が通じないそうなので(^_^;)

そして今回の旅行経路はこんな感じ↓

重慶→成都→昆明

ざっくりし過ぎやなw

まぁ、1つ1つの都市がむちゃくちゃデカイんで、正直2週間じゃ足りないくらいなんですけどね。

旅行のメインは中国料理を堪能する事ですが、せっかくなんで人気観光地も周りたいですね。どうやら重慶には温泉もあるみたいですが、中国の温泉事情はどうなんでしょうかね。余力があったらトライしてみます。

宿泊方法は、7〜8割くらいがバックパッカーズやホステルで、残りはホテルにしようかなと考え中。本当はリッチにホテル泊が良いんですが、友達がどうしても安く済ませたいという事なので嫌々バックパッカーズに宿泊することに(笑)

まぁ、2週間だけなので良いかw

 

中国は2週間までならノービザで入国できる

中国と言えば、入国が厳しいイメージがあると思います。なぜなら、中国にビザ無し(パスポートのみ)で入国できる国はわずか数か国しかないとのこと。

そして、何とその中に日本が含まれているんです。日本がビザ無しで中国に滞在できる期間は15日間(入国日含む)。旅行する分には十分ですね。普通なら観光ビザを取る必用がありますが、そのビザ申請が非常に面倒なのです。

僕のマレーシア人友達はもちろんビザが必用ですが、ビザを取るために必用な大きな条件がこちら

  • 往復航空券
  • ホテルやバックパッカーズなどの予約確認表(全日程)
  • 申請料

 

他にも必用な書類等ありますが、出発前に全ての日程を決めなければビザが取れないんですね。短期間の旅行であればまだ良いにしろ、長期の旅行だとなかなか先の予定なんて立てられませんよね。

日本人はほとんどの国にビザなしで行けるので、観光でビザを取る機会はあまりないと思いますが、ここまで面倒くさい手順を踏まなければ入国すらできないんですね。

いや〜、そう考えると日本のパスポートって最強ですね!日本人で良かった。てか、日本人の先人達に感謝です、本当に!

ただ、2週間以内であっても往復の航空券は買っておいた方が良いみたいです。片道航空券だけでも入国はできるっぽい(分かりませんw)ですが、ほぼ確実に理由を聞かれるそうなので。持っていれば説得力あるので安心ですね。因みに、往復航空券さえあればホテルの予約確認とかは要らないそうです。たぶんw

まぁ、ここは行ってみないと分かりません。現地現物、体当たりで確認してきますw

 

中国旅行で一番楽しみな事

さて、今回の中国旅行で僕が最も楽しみにしているのが本場の「中華料理」

中華料理って日本でもお馴染みで、どれも美味しいですよね。餃子や麻婆豆腐、チャーハンなど、食べたい物を上げればキリがありません。

ただ、日本で食べる中華料理って、日本人に合わせた味らしく、実際の中華料理は想像以上に辛いんだそうです。

そこで気になったんです、「本場の中華料理ってどれくらい辛いんだろう?」

まぁ、辛いものはそんなに得意ではありませんが、半ば興味本位ですねw

そして、きっとあるはず、日本にはないレアな中華料理が!そんな隠れ名物を食べるのも今回の楽しみの1つですね。

マレーシア人友達は自称フードブロガーなので、彼女のセンスに期待ですね。

スポンサーリンク

中国旅行で不安に感じる事

そして、中国へ行く上で不安な事がいくつかありますが、特に不安なのがやはり「反日感情」があるかどうか。

色々調べてみたら、思ったほど反日的ではなかった、皆普通に優しい、など心配する必用なさそうなんですが、何せ中国に行くのは初めてなんで不安なんですよね。

まぁ、メディアが日中関係のことを過剰に報道するせいもあるかもしれませんが。

因みに、僕がニュージーランドで出会った中国人ワーホリメーカーは皆良い人ばかりでした。とてもフレンドリーで、何か困った事があったら全力で助けてくれたり親身に相談に乗ってくれたりと、彼らの暖かみを肌で実感しましたね。(日本人より優しいかもw)

もちろん、人によると思いますが、僕が今まで抱いていた中国人のイメージとは全然違うことが分かりました。

なので、中国行ってもそういう人と出会える事を期待しています。

あと不安なのは病気盗難ですね。病気といっても腹痛とかですがw

本場の中華料理って油っこくて辛いらしいので、万一胃に穴が空いてしまわないか心配なのですw

そして、盗難。中国ではスリや置き引きなどの盗難が結構多いらしいので、その辺が特に心配ですね。まぁ、ニュージーランドほどではないですが。

一応保険(エポスカードの自動付帯保険)は持っているので安心ですが、スリや置き引きには十分注意する必用がありそうです。

 

おわりに

以上、出発前の簡単な忘備録でした。今回はパソコンも持って行くので、気力あればまた中国の日常も更新していこうと思います(ニュージーランドブログなのにねw)。それでは、行ってきます!

 

【関連記事】

海外旅行保険が無料で付いてくるエポスカードの特徴やメリットとは?

中国旅行用のプリペイドsimはFacebookもLINEも使える中国聯通がお勧め!

>>中国聯通のsimカードの詳細はこちらから

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選