WiFi・SIMカード

使ってみて分かった!LINEモバイルのメリットとデメリットは?

今、日本では格安SIMが流行っていますよね。

そんな流れに乗って僕もついに格安SIMを申込み&契約しました。

申し込んだのは僕のワーホリ友達にも勧められた「LINEモバイル」です。

月額500円でLINEも無制限に使えるLINEモバイル。

いったいどんなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットも気になるところ。

 

今回は、僕が実際に使ってみて分かった格安SIM「LINEモバイル」のメリットやデメリットをご紹介します。

海外への長期滞在をきっかけに格安SIMへ乗り換える方、一時帰国用で申し込もうか検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい
SIMの入れ替えが面倒!そんなあなたにおすすめのデュアルSIMスマホ3選 みなさんは海外旅行へ行く時や一時帰国の時、「SIMの入れ替えが面倒!」って思った経験ありませんか? 海外でネットを使うなら...

使ってみて分かった!LINEモバイルのメリットとデメリット

では早速、実際に僕が使ってみて感じたLINEモバイルのメリット、デメリットをまとめてみます。

 

メリット

僕が感じたメリットは以下の通りです。

  • 年間維持費が安い
  • LINEの使用は無制限(カウントフリー)
  • 体感的に回線速度が速い
  • 最低利用期間がない(音声通話SIMは1年間)
  • データの繰越し&プレゼントができる
  • 外国の方も契約できる

 

一つずつみていきましょう。

 

年間維持費が安い

LINEモバイルは何といっても料金が安いです。

料金が安いので、年間の維持費も安くなります。

以下、申込み初年度の年間維持費を最安値のLINEフリープランで計算してみました。

 

【初期費用】
・契約事務手数料:3,000円
・SIMカード発行手数料:400円

→合計3,400円

【月額料金】
・LINEフリープラン:500円

 

【1年間の合計金額】
・初期費用:3,400円
・月額料金500円 ✕ 12ヶ月:6,000円

→合計9,400円

 

なんと、1年間でたった9,400円で利用できるんですね。

2年目以降は月額料金500円のみなので、年間6,000円です。

 

海外在住の方で、年に複数回一時帰国する方は使い捨てのプリペイドSIMよりもLINEモバイルを契約しっぱなしの方がお得かもしれません。

それに、日本の空港に到着した瞬間からネット接続できるのは結構大きなメリットですよ。家族や友人へいち早く連絡が取れますし。

 

LINEの使用は無制限(カウントフリー)

このカウントフリー、めちゃくちゃ重宝しています。

家にいる時はほとんど家のWi-Fiを使うのでデータは使いませんし、外出時も友達や家族との連絡はもっぱらLINEなのでデータ消費がほとんどありません。

LINEフリープランでも1GB付いていますが、LINEだけで事足りるならほとんどデータを使わなくて済むので安心です。

これで月額500円は個人的にはうれしすぎる!!

(ちなみに僕はデータ通信+SMSプランにしたので、月額620円。それでも安いです)

 

体感的に回線速度が速い

LINEモバイルは安いだけではありません。

docomoの回線だけあって、回線速度も速いです。

 

実際に使ってみた感じでも、ストレスなくWebページが閲覧できるレベルでした。

  • LINEのトーク、通話・・・快適
  • Webページの閲覧・・・快適
  • Youtubeなど動画の閲覧・・・わりと快適

 

さすがに大手キャリア契約時の通信速度には敵いませんが、MVNOでも十分使えます。

(時間帯によっては回線混雑により遅くなります。それでも動画の閲覧以外なら問題なく通信できます)

 

最低利用期間がない(音声通話SIMは1年間)

LINEモバイルはデータ専用とデータ+SMSの場合、最低利用期間がありません。

契約して気に入らなければいつ解約してもOKです。

大手キャリアと違って、気楽に加入できるメリットがあります。

 

また、音声通話SIMの場合も最低利用期間が1年間と短めです。

 

外国の方も契約できる

LINEモバイルは、期間内の在留カードさえ持っていれば外国人でもカンタンに申し込むことができます。

これは外国人を友達に持つ方や、結婚相手が外国人という方にとっては大きなメリットとなります。

 

日本にワーキングホリデーしにきている外国人友達や留学生に紹介してあげれば、ものすごく喜ばれるでしょう。

また、外国人のパートナーと一緒に日本へ一時帰国した時、パートナーとも連絡が取りやすいでしょう。

 

データの繰越し&プレゼントができる

LINEモバイルは余ったデータを翌月末まで繰り越すことができます。

さらにLINEモバイル利用者どうしなら、データのプレゼントをすることもできます。

 

外国人の友達やパートナーがデータを使い切って困っている時、あなたのデータをプレゼントして助けることもできますよ。

 

デメリット

続いて、僕がデメリットだと感じたことを挙げます。

 

  • 最初に契約手数料+SIM料金3,400円がかかる
  • データ専用SIM〜音声通話SIM間のプラン変更ができない

 

やはり、プリペイドSIMと違って契約型なので手数料はかかります。

契約手数料3,000円とSIM料金400円は地味に高い・・・

 

ただ、月額料金が安いので、将来的な維持費を考えれば安いもんです。

頻繁に一時帰国してその度にプリペイドSIMを買うぐらいなら、格安SIMで年間契約してしまった方が安いかもしれません。それに、楽です(笑)

 

また、LINEモバイルの3種類のSIM間での料金プランができないのもデメリット。

例えば、LINEフリープラン(データ通信専用SIM)を申し込んだけど、コミュニケーションフリープラン(データ通信+SMS)に変更したい場合。

この場合はSIMカードの種類が違うのでプランの変更ができません。

変更する場合はまた新たにコミュニケーションフリープランに対応したSIMカード(データ通信+SMS)を申し込む必要があります。

チョー面倒くさいww

 

LINEモバイルの申込み方法

続いて、LINEモバイルの申し込み方法を説明します。

LINEモバイルはスマホからでも簡単に申し込むことができます。

>>LINEモバイル公式サイトはこちら

まず、申し込む前に必要な書類を用意しておきましょう。

  • 本人確認書類(免許証、健康保険証など)
  • クレジットカード(またはLINE Pay)

 

LINEモバイルの申し込み時には審査が行われるので、本人確認書類が必要となります。

本人確認書類は後ほどアップロードする必要があるので、事前にスマホのカメラで撮影しておきましょう。

 

申し込みの流れは以下のような感じです。

図.LINEモバイル申し込みの流れ(LINEモバイル公式サイトより)

 

まずはじめにプランを選択します。プランは前述の通り3種類あります。

プラン決めは一番肝心なプロセスなので、後悔しないためにもじっくり選びましょう。

プランを選択すると一番下の方に初期費用と月額料金が表示されます。

 

図.料金プランの選択(LINEモバイル公式サイトより)

 

プランを決めたら次へ進み、個人情報を入力していきます。

個人情報の入力が終わったら、お使いのスマホのSIMカードサイズを選択します。

SIMカードは、通常のSIMカード、Micro SIM、Nano SIMの3種類あります。

iPhoneの場合、iPhone5以降は全てNano SIMです。

 

図.SIMカード種類の選択(LINEモバイル公式サイトより)

 

SIMカードのサイズを間違えると面倒なことになるので、事前にお手持ちのSIMカードのサイズを確認しておきましょう。

SIMカードのサイズを選択したら、続いては本人確認書類のアップロードです。

本人確認書類を撮った写真を、LINEモバイルから届いたメールフォームよりアップロードします。

 

図.本人確認書類のアップロード

 

本人確認書類は「運転免許証」が一番ラクで確実です。

本人確認書類の種類についてはこちらをご覧ください。

続いては支払い方法の選択です。

支払い方法はクレジットカード、LINE Pay カード、LINE Payの3種類です。

※デビットカードは使えないので注意しましょう

 

図.支払い方法の選択(LINEモバイル公式サイトより)

 

支払い方法を選択し終えたら、ログインIDとパスワードを設定します。

最後に入力情報の確認を行い、間違いがなければ完了です。

 

審査の結果は早くて当日中にメールで知らせてくれます。

審査結果で契約成立の場合、早ければ当日中に商品が発送されます。

 

僕の場合は申し込んでからわずか1時間で審査結果が届き、その翌日にSIMカードが届きました←早っww

 

 

SIMカードは写真下のようなパッケージに入っています。

 

 

中にはLINEモバイルの使い方ガイドとSIMカードが入っています。

 

 

SIMカードの表側はシンプルな無印。

 

 

この裏面に電話番号が記載されています。

(データ専用でも、データ専用電話番号が記載されています。)

 

LINEモバイルのSIMカードが自宅に届いたら、さっそくSIMカードの設定を行いましょう。

 

LINEモバイルの設定方法

お使いのスマホでLINEモバイルのSIMカードを使えるようにするためには、APN設定をする必要があります。

 

APN設定ってナンダ・・・?

 

簡単にいうと、通信するための設定のことです。

大丈夫、安心してください。APN設定といっても、ほぼSIMカード挿して手順通りにボタンポチってするだけで完了します。

至ってカンタンですよ。

iPhone と Android でそれぞれ設定が異なるので、詳細は付属の緑の冊子をご覧ください。

もしくは、下記公式サイトでも確認できますよ。

 

【APNの設定】

>>iPhone の APN設定はこちら

>>Android の APN設定はこちら

 

こんな人におすすめ

本記事では一時帰国の方向けにLINEモバイルをおすすめしておりますが、一時帰国者の中でも特におすすめしたい方を挙げてみました。

  • 国際結婚して海外に住んでいる方
  • 海外で長期旅行している旅人
  • 仕事で海外駐在している方
  • 年に3回以上は一時帰国する方

 

国際結婚して海外に住んでいる方でも、年に何回かは外国人パートナーと共に日本を訪れるかもしれません。きっと実家に帰ったり、日本の観光地を回ったりしますよね。

一時帰国なら使い捨てのプリペイドSIMでも良いんですが、年に何回も一時帰国するのであればLINEモバイルがお得で便利です。

LINEのメッセージ、無料通話はカウントフリーですし、お互いLINEモバイルならデータを分け合うこともできるので何かと重宝するのではないでしょうか。

 

海外を長期旅行している旅人にもおすすめです。

僕のワーホリ友達で、世界一周にチャレンジしているK君はお金がなくなったら日本にしばらく帰国してバイトで稼ぎ、お金が貯まったら再び数ヶ月単位で海外旅行をしています。

そんなK君も日本にいる時は格安SIMを使っているそうです。

プリペイドSIMだと期間が決められているので、予定が変わりやすい旅人にとっては不向き。それなら、格安SIMを契約しっぱなしの方が気が楽だといいます。

契約しっぱなしでも維持費が安い&帰国時にいつでも使えますし。

 

また、仕事で海外に長期間駐在している方にもおすすめです。

特に家族を日本に残して単身海外赴任している方は、家族に会うために長期連休を狙って一時帰国する方もいるでしょう。

そんな時の日本での連絡手段として、格安SIMを利用するという手もあります。

格安SIMを契約しておけば、これからいつ日本に一時帰国しても、日本に着いた瞬間から家族と連絡が取れます。

家族が空港に迎えに来てくれていたら、リアルタイムで到着を知らせることもできるので、家族もきっと喜ぶでしょう。

>>LINEモバイル公式サイトはこちら

 

まとめ

本記事では僕が実際にLINEモバイルを利用してみて感じたメリットやデメリット、そして申し込みから設定方法までをご紹介しました。

一時帰国者向けの内容ですが、最近は携帯代の節約志向が高まっているのか日本在住者でも利用者が増えていますね(僕はauとLINEモバイルを併用しています)。

僕もニュージーランドのワーホリ中に一時帰国をした時、日本での携帯をどうするか結構悩みました。

おそらく、これから一時帰国をされる方も同じ悩みにぶち当たるかもしれません。

そんな時はぜひ本記事を参考に、格安SIMの利用を考えてみてくださいね。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選