5/27(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復79,000円〜】
NZのお土産

マヌカハニーって普通のハチミツとどう違うの?知って驚きの効果とは?【実食レビューあり】

誰しも一度はマヌカハニーというワードを聞いたとがあるのではないでしょうか。そう、ニュージーランドで有名なあの蜂蜜ですよね。

ニュージーランドでは健康食品として注目されており、更には旅行のお土産としてトップクラスの人気を誇っています。でも、ふとある疑問が浮かびました。

普通のハチミツとマヌカハニーって一体何が違うの?

そこで、今回はその違いについてお話していきます。また、今回は実際にアマゾンで2種類のマヌカハニーを購入して食べてみましたので、そのレビューも兼ねてご紹介していきます。

マヌカハニーって何?

まず最初にマヌカハニーとは何ぞや?という話をしていきましょう。

まず、マヌカとはニュージーランド固有の樹木で、毎年初夏の11月〜1月頃に花を咲かせます。マヌカの木の成長は早いですが、成長しても3〜4mと意外に小ぶりな木です。

このマヌカの木は元々、ニュージーランドの先住民族「マオリ」が病気の治療に役立つ事を発見し、広められたと言われています。

そのため、別名「癒やしの木」「回復の木」とも言われています。

 

そんな「マヌカ」の花から蜂が採取したハチミツがマヌカハニーなんですね。

ニュージーランドにしか咲かない花なので、もちろんマヌカハニーもニュージーランドでしか採れないと言われています。

また、マヌカはハチミツ以外にもエッセンシャルオイルやアロマなど、様々な用途で利用されています。

 

マヌカハニーに記載されているUMF、MGOとは?

ニュージーランドには様々な種類のマヌカハニーが売っていますが、一つ気になるのが容器のラベルに書かれている「UMF」とか「MGO」とかいう表記。

僕が今回買ったマヌカハニーにも、

  • UMF 5+
  • MGO 100+

 

と書かれていますが、コレって一体何なのでしょうか。気になったので調べてみました。

 

UMFとは?

UMFとは Unique Manuka Factor の略で、マヌカハニーに含まれる特殊な抗菌作用成分を数値で表すための指標なんだとか。

ニュージーランドに市販されているマヌカハニーのUMF値は 2.5+、5+、10+、15+、20+など何段階かあり、このUMF値が高いほど抗菌作用が強いといわれています。

また、数値が上がれば上がるほど採れる量も少なく希少価値が高いため値段も高くなります。どれだけ希少価値が高いかというと、例えば、UMF 20+以上のものは全体生産量のわずか1%にも満たないと言われており、大変貴重で高級品でもあるのです。

 

MGOとは?

MGOとは Methylglyoxal (メチルグリオキサール)と呼ばれる抗菌作用をもたらす物質のことで、MGOの横に書かれている数値はメチルグリオキサールの含有量を示しています。

例えば、MGO 100+ の場合、マヌカハニー1kg中にメチルグリオキサールが100mg以上含まれているということです。

こちらもUMFと同じくMGO 30+、100+、250+、400+、550+のように何段階かあり、数値が高いほど抗菌作用も強く、また値段も高くなります。

 

UMFとMGOの違いについて

マヌカハニーに含まれる抗菌作用を表す指標はその他にもありますが、よく目にするのがUMFとMGOの2種類。

意味合いとしてはほぼ同じですが、それぞれ指標が違うので具体的にどちらが抗菌作用成分が多く含まれているのか分かりませんよね。

そこで、例えばUMF 5+はMGOではいくつに該当するのか、の大体の目安を表してみました。

  • UMF 5+ = MGO 30+
  • UMF 10+ = MGO 100+
  • UMF 15+ = MGO 250+
  • UMF 20+ = MGO 400+
  • UMF 25+ = MGO 550+

 

おおよそこの数値に該当すると言われています。つまり、MGO 400+以上のマヌカハニーは全体の1%未満の高級品ということになるんですね。

 

普通のハチミツとの違いや気になる効果は?

ところで、マヌカハニーって普通のハチミツとどう違うのか、気になりますよね。

確かに普通のハチミツでも健康食品としては十分な殺菌作用がありますし、価格も手頃で続けやすいというメリットもあります。

なので、わざわざ高いマヌカハニー買う必用ないんじゃないのか、と思うかもしれません。しかし、マヌカハニーは普通のハチミツとは比べ物にならないほど凄いことが分かったのです。

では、どう凄いかと言うと、

  • 普通のハチミツの約8倍の抗菌力
  • 光や熱に強い

 

抗菌作用だけでも約8倍と圧倒的な差がありますが、更に凄いのが光や熱に強いこと。

普通のハチミツにももちろん抗菌力はありますが、体内に取り込まれると熱(体温)で有効成分が溶けていき、抗菌力がだんだん失われていきます。

 

それに対して、マヌカハニーは熱に強いため抗菌力を失うことがないんですね。

因みに、ホームステイ先のオーナーに聞いた話ですが、純度の高いマヌカハニーはニュージーランドの医療の現場でも使われているんだそうです。

気になる効果はと言うと、ざっくり挙げると以下の通り

  • 風邪の症状を和らげる
  • 喉の痛みを和らげる
  • 免疫力UP
  • 健康維持
  • 腸内環境を整える
  • ビロリ菌・ブドウ球菌などの撃退
  • ダイエット効果UP
  • 美容の維持

 

僕は昔から風邪を引きやすい体質で、特に引き始めは喉からやられます。

日本に居た時、特に冬場は毎度風邪に悩まされてきました。

 

しかし、ニュージーランドでマヌカハニーに出会ってから現地で一度も風邪を引いていませんし、喉がやられてもマヌカハニーを舐めると直ぐに元通りになるので非常に重宝していました。帰

国前に大人買いしたのは言うまでもありません(笑)

 

ただ、マヌカハニーが風邪に直接効果があるかどうかは微妙な線ですが、僕が思うにマヌカハニーの摂取により体内の自然治癒力を上げ、結果的に風邪を引きにくくなったのではないかと考えています。

さらにすごいのがピロリ菌やブドウ球菌など、胃の病気となる菌を撃退してしまうこと。

特にピロリ菌が厄介者で、胃炎や胃潰瘍、胃がんなど様々な胃の病気を引き起こすと言われています。

逆に言えば、これらの菌を除去してしまえば胃の病気のリスクを大幅に減らすことができるのです。

 

このピロリ菌にはマヌカハニーに含まれるMGOが非常に効果的で、体内に生息するピロリ菌などの悪玉菌を副作用なく除去してくれるのです。

それだけでなく、体内の免疫力を高めてピロリ菌に負けない体を作ってくれるのも大きなメリット。

 

また、胃や腸内環境が良くなると代謝が良くなり、ダイエット効果UPも期待できます。

さらにマヌカハニーにはビタミンや葉酸などの栄養素が多く含まれているため、美容にも良いとされています。

 

また、健康食品としての用途だけでなく、例えば肉を柔らかくしたり臭みを取ったりなど料理する場面でも使うことができます

もちろん、熱に強いので調理しても有効成分はある程度残ったまま。料理と一緒に摂取できるので一石二鳥です。

ただし、熱に強いと言っても火にかけ過ぎるとよくないので、火加減はほどほどに調理した方が良いでしょう。

 

マヌカハニーってどんな味?お勧めは?実際に買って試してみた【レビュー】

さて、続いてはいよいよマヌカハニーの味についてお話していきます。

マヌカハニーはニュージーランド滞在中によく食べていましたが、他のものと食べ比べた事がなかったのとお土産用のマヌカハニーのストックが無くなったので、今回改めてネット通販で購入してみました。

買ったマヌカハニーはComvita(コンビタ)Manuka Health(マヌカヘルス)。この両者を食べ比べてみたレビューをしたいと思います。

 

Comvita(コンビタ)のマヌカハニー

まず1つ目はComvita(コンビタ)のマヌカハニーから。UMF 5+と、マヌカハニーの中では一般的なUMF値です。

正面は英語表記ですが、側面を見てみると…

上から日本語のラベルが貼られていました。分かりやすくて良いですね。

保存方法は直射日光を避け、なるべく涼しい所が良いとのことですが、僕は基本的に冷蔵庫に保存しています。

因みに、賞味期限は約2年。この量なので2年もあれば十分でしょう。

さらに横を見ると成分表と1日の摂取目安量が書かれています。

よく見ると、「1歳未満の乳児には与えないで下さい」との注意書きが。

マヌカハニーは性質上加熱処理していないので、抵抗力の弱い乳児に与えると帰って良くないんだそうです。注意しましょう。

さて、いよいよ開封の義へ。

内蓋のデザインが良い感じですね。

そして、内蓋を開けていざ中身とご対面↓

普通のハチミツと違って褐色がかっているのが分かるかと思います。かなり濃いです。

スプーンですくってみると、その粘土の高さに驚き。

スプーン山盛り一杯すくってもなかなか下に垂れていかないほど、ドロっとしています。

普通のハチミツって透明がかっていて、粘土もサラっとした印象ですよね。

一般的なハチミツ(イメージ)

この色と粘土がマヌカハニーの特徴でもあります。

そして、肝心の味の方は…

ちょっとクセがあるけと意外と美味しいです。

ただ、マヌカ独特の風味と有効成分がちょっとキツいので、初めて食べる方にとっては衝撃的かもしれません。僕が思うに、好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。

そして、驚くことに値段も意外と安く、ニュージーランドで買うのとそんなに変わらない値段で売っていました。

 

 

Manuka Health(マヌカヘルス)のマヌカハニー

続いて2つ目は Manuka Health(マヌカヘルス)のマヌカハニー。

こちらはMGO 100+で、UMF 10+に該当します。先程のコンビタよりも有効成分が多めに含まれていることになります。

そして、こちらは最初から日本語のラベルが貼られています。日本専用で輸出しているんですね。

保存方法は同じで、賞味期限は約3年。こちらの方が多少長持ちするようです。

成分表もコンビタとほぼ同じ印象。

外蓋を取ってみると、

こちらの内蓋はシンプル。

そして内蓋を開けてみると…

見た目はコンビタのマヌカハニーとほぼ同じ。

ただ、スプーンですくってみるとコンビタとの違いが明らかに。

コンビタのマヌカハニーはきめが粗くザラザラした印象ですが、マヌカヘルスのものはきめが粗くなめらかな印象。

そして実際に食べてみたら、確かにこちらの方が舌触りがなめらか。そして、有効成分が多めの割にコンビタより食べやすい印象でした。

ただ、マヌカの有効成分の独特の風味(薬局に行った時のような匂い)が後味として残るので、甲乙つけがたいですね。

 

 

買うならどっち?僕のお勧めは?

以上、コンビタとマヌカヘルスの2種類ご紹介しましたが、買うならどちらが良いのでしょうか。

結論から言うと、僕のお勧めは2つ目のマヌカヘルスの方です。

本当はコンビタも良いので甲乙つけがたいのですが、有効成分の含有量と食べやすさを総合的に踏まえてこちらにしました。

ただ、種類に関わらず有効成分が含まれたマヌカハニーの風味って結構キツいんですよね。特にUMFやMGOの数値が高くなるにつれて、風味も強くなる傾向にあります。

もしマヌカハニーを美味しく召し上がるのであれば、数値の低いマヌカハニーを選ぶか、UMFやMGOの記載が無い普通のマヌカハニーを選ぶと良いでしょう。

普通のマヌカハニーはコクがありなめらかで、風味もそんなにキツくないので初めての方でも食べやすいですよ。お勧めはArataki(アラタキ)のマヌカハニー

僕のお気に入りのマヌカハニーの一つですが、よくトーストにつけたり、アイスクリームと一緒に食べたりしていました。そのまま食べても美味しいです。

もちろん数値の記載がないこのマヌカハニーでも十分殺菌作用はあります。ニュージーランドに滞在している方やこれから旅行に行く方はスーパーで安く買えますので、お土産としてぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

手軽にマヌカハニーを摂取したいならマヌカハニーのど飴がお勧め

マヌカハニーの良さは十分に分かったのですが、唯一の欠点は手軽さに欠けること。

マヌカハニーをなめるにはスプーンか何かつけるものが必用になりますよね。さすがに指ですくってなめるのもアレなので…

いつでもどこでもという訳に行かないのが唯一のデメリット。特に冬場の乾燥シーズンの健康維持には手放せない代物。

そんな方にお勧めなのはマヌカハニーとプロポリス配合ののど飴。

コンビタの商品ですが、こののど飴にはUMF10+のマヌカハニーと、プロポリスまで配合されています

僕はニュージーランドで、特に乾燥する冬場なんかによくこの飴をなめていましたが、今まで毎年のようになっていた喉風邪に全くかかりませんでした。喉が弱い僕にとっては最強のアイテムでしたね。

マヌカハニーも良いですが、飴なので手軽に持ち運びでき「いつでもどこでも」摂取できるのが良いところ。

普通ののど飴に比べるとちょっと高めですが、それでも健康を考えたらコストパフォーマンスに優れた飴なので、喉が心配な方はぜひ試してみて下さいね。

 

【他にもこんな記載がよく読まれています】

これはお勧め!NZ産「Comvita」のプロポリス入り歯磨き粉の効果が凄かった!

ニュージーランドで人気のお土産は?僕のお勧めランキングTOP10

世界最強・最高級のマヌカハニーを買ってみた【実食レビュー】

 

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする