NZコラム

ニュージーランドで生活してハマった食べ物・飲み物12選

こんにちは、管理人のヒロキ(@kobatch0820)です。

今回は、僕がニュージーランドで1年3ヶ月間生活しててハマった食べ物・飲み物についてお話しようと思います。

もしかしたらこれからニュージーランドへ行こうと考えている方にとって参考になるかもしれません。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

①アイスクリーム

ニュージーランドは酪農大国かつ世界トップクラスのアイス消費国だけあって、アイスクリームの種類も多くて安い。

(2Lのボックス入りで5ドル前後とかなり安い)

しかも、どのアイスクリームも外れがないって言ってもいいほど美味しいんです。

ニュージーランドで有名なアイスクリームといえばホーキーポーキーですが、僕個人的にはノーマルなバニラかミルクアイスが好きです。

数あるアイスクリームメーカーの中で僕の1番のお気に入りはコレ↓

バニラビーンズがぎっしり入ってて、食べた瞬間にミルクの濃厚感とバニラの香りが口いっぱいに広がります。

甘ったるい感じもあまりなく後味もさっぱりしてて個人的に好きですね。

お値段は750mlで10ドル前後と、こちらは少々高めですが、試してみる価値アリの品です。

またニュージーランドへ行く時は絶対に食べると心に決めています(笑)

 

②フィッシュ・アンド・チップス

ニュージーランドの代表的な名物料理の1つ、フィッシュ・アンド・チップス。

完全にジャンクフードの部類なので好き嫌い分かれそうですが、僕はわりと好きでしたね。

特に、レストランやカフェなどで提供される、ちょっと高級感ある方のフィッシュ・アンド・チップスがお気に入り。

というのも、こちらはサイドにサラダやレモン汁などがついていることが多く、さらに揚げ方もうまく見た目のわりにさっぱりとしているから。

ワーホリ中はよくカフェに行きましたが、結構な頻度でフィッシュ・アンド・チップスを頼んでいました。

 

一方、フィッシュ・アンド・チップス専門店の方は、厚めの衣にたっぷり油が吸っているようなフィッシュ・アンド・チップスが多い印象。

味付けは基本塩のみ(オプションでソース付けてくれるところもあり)なので、食べているとだんだん飽きてくるのがちょっと…。

フィッシュ・アンド・チップス専門店のものは安くて量が多いのはいいのですが…

大人の男性でも1人前食べきれないほどの量なので、ご注文は計画的に。

 

③ミンスパイ

ニュージーランドの国民食とも言われているミンスパイ。

ミンスパイは、パイ生地にひき肉を詰めて焼いたもので、外はサクッと中はホクホクで美味しい。

ミンスパイの種類も豊富で、場所によっては鹿肉やラム肉のパイ、ブルーチーズ入りのパイなども味わえますよ。

写真はブルーチーズ入りの角切りステーキパイ(肉はたしか牛)。

このパイ、めちゃくちゃ美味しかったです。南島ブレナムの「The Burleigh」というベーカリーで買いました。

 

ミンスパイは主要な街のベーカリーには必ずといっていいほど売っているので、ぜひ一度はご賞味あれ。

ただし、1個食べただけでも結構お腹いっぱいになるほどカロリー高いです。食べすぎにはご注意を。

 

④マッスル料理

ニュージーランド近海で取れる、緑色のムール貝(グリーンマッスル)を使った料理です。

グリーンマッスルはニュージーランドの国民食でもあり、主要なスーパーならどこにでも売っています。

グリーンマッスルを使った料理、調理法は様々ですが、個人的に1番美味しい食べ方はシンプルに酒(ワインなど)で蒸し焼きにするだけ。

味付けにバターやガーリックなんかを入れるとより一層風味が際立ち美味しいですよ。

このマッスルの酒蒸しをワインと一緒にいただくのが最高の贅沢なのです。

 

レストランやカフェでも食べられますが、スーパーで食材を買って自炊した方が断然安上がりなのでオススメです。

NZ名産マッスル食べるならここ!The Mussel Pot Restaurant がお勧め!海外旅行に行ったら必ずしておきたいこと、それは名物料理を食べる事。 ここニュージーランドにも名物料理がいくつかありますが、その中で...

 

⑤ポテトチップス

ニュージーランドはアイスクリームだけでなく、ポテトチップスの種類も多い。

そして、安くて美味しい。どれも外れがないといっていいかも。

ワーホリ中はしょっちゅうポテチ買って食べてました。

味は塩やバーベキューなど定番なものから、ニュージーランド独自(?)のサワークリーム味まで様々。

個人的にはサワークリーム好きでした。

 

ニュージーランドのポテチ食べだすと、必然的にビールも飲みたくなります。

こりゃ、太りますね(笑)

 

⑥フラットホワイト

フラットホワイトは、エスプレッソにきめ細やかなスチームミルクを注ぎ込んだ、カフェラテに近い飲み物です。

カフェラテとの違いは、エスプレッソの風味の強さ。フラットホワイトの方がよりエスプレッソの風味を感じられるといいます。

 

実は僕、ニュージーランドに行く前はコーヒーが苦手(特にブラックはダメ)でしたが、フラットホワイトを飲んでからコーヒーが好きになりました。

なんていうか、ミルクとエスプレッソの割合が絶妙なんですよ。エスプレッソの風味を残しつつ、程よいミルク感で飲みやすい。

いまだにブラックコーヒーは苦手ですが、フラットホワイトなら美味しく飲めます。

 

⑦クッキータイム

ニュージーランドで人気のお菓子の一つ、クッキータイム。

日本でよく知られているお菓子「カン◯リーマーム」に似たチョコレートチップ入りのクッキーですが、これがとんでもなく美味しい!

 

美味しいだけでなく、材料もシンプルかつ高品質なものにこだわっており、無添加・無着色のオーガニックである点にも注目。

僕はワーホリ中にいろんな市販のクッキーを食べましたが、クッキータイムが1番美味しいし好きです。

家族やいとこ、親戚などにお土産として持っていった時もとても喜ばれたので、お土産としても超絶オススメです。

(主要なスーパーなら基本的にどこでも売っています)

 

また、クイーンズタウンにはクッキータイムのカフェ「CooKie BaR」があり、ここでは焼き立てのクッキータイムや、クッキータイム入りのミルクシェイクなどもあります。

クッキーの種類も豊富。市販のクッキータイムにはない味も多いので、クッキータイム好きはぜひ行ってみてほしいです。

ちなみに、日本の原宿にもクッキータイムのカフェがオープンしており、ここでも焼き立てのクッキータイムやシェイクなどが味わえます。

東京へ行く機会があればぜひ。

ニュージーランドで大人気のお菓子「クッキータイム」が日本でも食べられる!?クッキータイム(Cookie Time)は1983年にクライストチャーチで創業されたクッキーメーカーで、今やニュージーランドでシェアNo...

 

⑧ワイン

ニュージーランドはワインの産地としても有名。

1本辺り10ドル前後と安く、それでいて美味しいワインが多い。

ワインにも色んな種類がありますが、ニュージーランドで代表的なのが白ワインのソーヴィニヨン・ブラン。

フルーティーで癖がなくとても飲みやすいので、ワイン初心者にはオススメです。

 

僕もニュージーランドでワーホリ初めてからワインにハマり、多い時では2日に1本ペースで飲んでいました(笑)

僕の1番のお気に入りはこちら↓

1本30〜40ドルと少々高いですが、めちゃくちゃ美味しいです。

お土産としてもオススメですよ。

 

⑨チーズ

ワインのお供といったらコレです。

酪農大国のニュージーランドではチーズ作りも盛んで、毎年チーズコンテストが開かれるほど。

 

チェダーチーズ、カマンベールチーズ、ブルーチーズなど色んな種類がある中、僕が1番気に入ったのがブルーチーズ。

特に、写真の「Whitestone Cheese」のブルーチーズが1番好き。

先に紹介した白ワインとの相性は最高で、ワイン飲む日はほぼ必ずブルーチーズも一緒に食べていました。

ほかにも、角切りにしたブルーチーズをサラダにふりかけたり、パスタに入れたりと色んな組み合わせで味を楽しんでいました。

 

日本にも売ってないかな〜。

やばい、禁断症状が…笑

 

⑩ハンバーガー(特にファーグバーガー&デビルバーガー)

ハンバーガーと言っても、マックとかバーガーキングとかそういう系統のハンバーガーではなく、ローカルなカフェなどで提供されるオリジナルハンバーガーの方。

ニュージーランドには美味しいローカルのハンバーガー屋が多いですが、特に気に入ったのがクイーンズタウンにあるファーグバーガーとデビルバーガー。

 

ファーグバーガーは世界的な有名店なので毎回長蛇の列になるほど人気があります。

説明するのは面倒なので単刀直入にいうと、うまい!!

材料はパテのお肉から野菜までのほとんどがニュージーランド産。中身もずっしりと重くかなり食べごたえがあります。

ワーホリ中に4〜5回くらい行きました(笑)

 

あと写真はありませんが、デビルバーガーもオススメです。

よく日本人の間ではファーグバーガーorデビルバーガーならどっち?みたいな話題になりますが、どうやら日本人の間ではデビルバーガー派の人が意外と多いみたい。

実は僕も、僅差でデビルバーガー派だったりします(笑)

ファーグバーガーみたいな行列もないので、「ファーグバーガー、並んでまで食べたいとは思わないなぁ…」という方はデビルの方に行ってみてはどうでしょうか。

 

⑪ラム肉

ラム肉料理は、ニュージーランドを代表する料理の一つ。

ラム肉は臭いから苦手という人もいるかもしれませんが、ニュージーランドのラム肉料理は臭みが全然なくて本当に美味しいです。

 

美味しいラム肉料理として有名な店の一つがこちら「Pedro’s House of Lamb」。

ここはラム肉のグリル焼き専門の店で、テイクアウトのみの販売。

ここのラム肉グリル焼きがビックリするほどうまいんですよ!

僕はもともとラム肉は苦手でしたが、ここのラム肉グリル焼きを食べてからラム肉に対する味方がガラリと変わりました。

ラム好き必見!クライストチャーチの全く臭くないラムのグリル焼きが超うまい!ニュージーランドと言えば、羊、羊、羊!果てしなく広がる草原に果てしなく続く羊の群れ。と、とにかく羊が沢山いることで有名ですね。 そ...

 

臭みのないラム肉は柔らかくてジューシーで本当に美味しいので、ぜひ。

ただし、スーパーに売っている下処理なしのラム肉は臭い可能性があるのでご注意を。(1回これで失敗しました)

 

⑫サーモン料理

ロトルアの日本食レストラン、大和(Yamato)のカルフォルニア巻き

 

最後はサーモン料理。

日本と同様、ニュージーランドでもサーモンは大人気です。

ニュージーランドのレストランに行くとサーモン系のメニューが多いですし、ホームステイ先で寿司を作るときもほぼ必ずサーモンを使ったりします。

 

しかも、ニュージーランドで食べられるサーモンは、ニュージーランド産のキングサーモンが主流。

キングサーモンは世界的にみて希少種なので、日本ではなかなかお目にかかれないんだとか。

肉厚で脂の乗りがよく、口当たりがとろっとして美味しいんです。

テカポの日本食レストラン、湖畔レストランの「サーモン丼」

 

さらに、ニュージーランド産のキングサーモンは広大な養殖池(主に南島)で育てるため、ストレスが少なく健康的なサーモンが育つといいます。

抗生物質や薬も一切使用せず、餌は遺伝子組み換えでない(GMOフリー)自然のものを与えているそうなので、安心して食べられます。

 

ニュージーランドのサーモンを味わったら、もう日本のサーモンが食べられなくなるかもしれません。

 

まとめ

以上、僕がニュージーランドのワーホリ生活でハマった食べ物・飲み物シリーズでした。

今回リストに挙がった食べ物・飲み物はわりとニュージーランドでも人気だったりしますが、他にも美味しいものはたくさんあります。

ニュージーランドへ行ったら、ぜひ色んなグルメを試してみてくださいね。

また、この記事には書かれていないけど、「これはうまい!」といった食べ物・飲み物があったらぜひ教えてください(^o^)

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です