ニュージーランド行き航空券の相場は?最安値で予約するコツは?

みなさんはニュージーランド行きが決定したら、まずは航空券を予約するかと思います。

その航空券、航空会社や時期によって大きく値段が違うことはご存知でしょうか。

同じニュージーランドへ行くなら少しでも安く行きたいですよね。

 

そこで、本記事ではニュージーランド行き航空券を安く購入するコツをご紹介します。

ニュージーランド行き航空券をまだ予約されていない方は参考にしてみてくださいね。

 

ニュージーランドの航空券が高い時期と安い時期は?

まず、ニュージーランドの航空券が高い時期と安い時期についてお話します。

ニュージーランドにも年間でハイシーズンとオフシーズンがあり、航空券の値段も大きく上下します。

航空券を安く予約するなら、基本的にオフシーズンを狙うのがオススメです。

 

NZの航空券が高い時期

  • GW(4月末〜5月初旬)
  • お盆休み(8月中旬)
  • 年末年始(12月末〜1月初旬)

 

日本からニュージーランド行きで最も高い時期は上記の通りです。

日本の大型連休が被るので当然といえば当然かもしれません。

この中でも特に高いのが年末年始(12月末〜1月初旬)です。

年末年始はニュージーランドのハイシーズン(夏)と被るので渡航者がグッと増えるからです。

 

お盆休みはニュージーランドのスキーシーズン&星空シーズンなので、こちらの時期も渡航者が多いので航空券は高めです。

 

NZの航空券が安い時期

  • 2〜3月中旬
  • 4月
  • 5月中旬〜7月
  • 9〜11月

 

基本的に大型連休や学生の長期連休以外は安い傾向にあります。

この中でもぼく個人的に一番狙い目だと思う時期は4月か11月です。

4月は会社も学校も始まる時期なので旅行者が激減します。また、気候も秋に差し掛かるタイミングで過ごしやすいのでベストシーズンなのではないでしょうか。

11月はニュージーランドの夏に差し掛かるタイミングなので、4月と同じく気候は良いですし人も少ないです。

 

航空券も安いしベストシーズンなので、時間に融通の利く方はこの時期の渡航がオススメです。

ちなみにワーキングホリデーの場合は10〜11月がオススメです。

 

時間か、それとも安さか?直行便か経由便のどっちがオススメ?

飛行機でニュージーランドへ行く場合、直行便か経由便の2択になります。

では、どちらを使って行くのが良いのか。それぞれの特徴とオススメの方をみていきましょう。

 

留学生・ワーホリの方は経由便がオススメ

経由便は直行便よりも安いです。

直行便はニュージーランド航空しかありませんが、ニュージーランド航空の航空券の相場は片道で7万円〜と高めです。

ハイシーズンになると片道だけで10万円以上になることもあります。

 

対して経由便だと最安値で片道3万円台〜と直行便に比べてかなり安いです。

経由便はオーストラリアなどで一度乗り換える必要があるため時間がかかるデメリットがあります。

そのため、時間に融通の利く留学生やワーホリメーカーは経由便がオススメです。

 

短期旅行者・往復チケットの購入は直行便がオススメ

1ヶ月以内の短期旅行者、短期留学生などは直行便がオススメです。

経由便だと2日近く、往復3〜4日ほどかかるため短期旅行者にとっては大幅な時間ロスになってしまいます。

 

また、経由便は待機時間も長く疲れも溜まりやすいのがデメリット。

「旅行1日目から超眠い…。早くホテルにチェックインしたい…」

「さっそく体調崩してしまった。最悪…」

せっかく楽しみにしていたニュージーランド旅行が、このような形に終わってしまったら残念ですよね。

ですので、疲れを残さないためにも短期旅行者は迷わず直行便がオススメです。

 

また、往復の日程が決まっている方も直行便がオススメです。

直行便(ニュージーランド航空)は片道料金は高いですが、往復とセットだとかなり安くなります。

ニュージーランド航空のセールを狙えば成田〜オークランド間が往復7万円〜という破格の時もあります。

 

「いつ行っていつ帰ってくるか」

日程がはっきり決まっている方は直行便の方が良いかもしれません。

 

航空券はどこで買うべき?

いよいよ航空券の購入の話ですが、結論を言うと航空会社のサイトで直接買った方が安く購入できる&安心です。

格安航空券を買うなら比較サイトの方が安く購入できそうなイメージがありますが、そこまで変わらないかむしろ割高です。

比較サイトが手数料を取るのでその分高くなります。

また、比較サイトで最安値のものは中華航空などちょっと不安な航空会社が多いです。

 

それなら信頼できる格安航空会社で直接予約した方が手数料も取られないので安いですし、なにより安心です。

一応、代表的な比較サイトも載せておきます。

 

航空券比較サイトで買う

比較サイトは手数料が取られるので割高になる、というお話をしましたが、一応メリットもあります。

比較サイトはワンクリックで検索→予約→購入できるため直接予約よりは楽というメリットがあります。

 

例えば、格安航空のジェットスターで予約する場合だと東京からニュージーランド(オークランド)をダイレクトに検索することができません。

東京から乗り継ぎ先の空港(オーストラリア)、乗り継ぎ先の空港からオークランドといった風に2回に分けて予約しなければならたいためかなり面倒です。

 

ジェットスターよりは高くなりますが、一度の検索で最安値のチケットをカンタンに予約できるのが比較サイトのメリットでしょう。

では、どの比較サイトがオススメか。

ぼくがよく見ている比較サイトを3つ載せておきます。

 

オススメの航空券比較サイト

 

また、旅行者の方で航空券もホテルもツアーもセットで予約してしまいたいという方はJTBやHISなど旅行会社から申し込むのも手です。

ツアーパックなら航空券がお得になるかもしれませんし、なによりもラクです。

JTBの公式サイトはこちら

HISの公式サイトはこちら

 

航空会社のサイトで直接買う

ニュージーランドへ行くならこちらの方法がオススメです。

それぞれ、直行便と経由便のおすすめ航空会社を載せておきます。

 

直行便ならニュージーランド航空

ニュージーランド行きの直行便はニュージーランド航空のみです。

経由便に比べると片道料金が割高ですが、セールを狙って往復セットで購入すれば経由便より安くなる場合もあります。

(最安で成田↔オークランドの往復69,000円の時もありました)

 

また、ニュージーランド航空は機内サービスの満足度が非常に高く、ユーザー満足度の高い世界の航空会社ランキングTOP10にも選ばれています。

ぼくもニュージーランドへの渡航、一時帰国の際にはニュージーランド航空を利用させていただきました。

 

セールは不定期で行われていますが、少なくとも年間7〜8回はセールをやっているので要チェックです。

ニュージーランド航空で予約する

 

経由便ならココ

 

格安航空会社を狙うなら言わずと知れたジェットスターがおすすめです。

調べてみたら、最安で片道30,000円前後で行けることが分かりましたww

ただし、ジェットスターの場合だと成田↔ゴールドコースト(オーストラリア)、ゴールドコースト↔オークランドの航空券を2回に分けて買わなければなりません。

また、早朝や夜間の便が多くベストなタイミングでの乗り継ぎが難しいため、乗り継ぎに10時間以上待たなければならないこともあります。

もちろん、格安航空なので機内サービスは最低限しかありません。

こうした不便さを承知でも安く行きたい方はジェットスターが良いでしょう。

ジェットスターで予約する

 

格安ほどではありませんが、オーストラリアのカンタス航空もおすすめです。

片道料金はニュージーランド航空に比べると1万円前後安く、機内サービスもニュージーランド航空なみに充実しています。

経由便なので乗り継ぎが面倒かもしれません。

ワーホリや長期留学生など、帰国の時期が不明な方は片道料金がお得なカンタス航空がおすすめです。

カンタス航空で予約する

 

日本からニュージーランドまでのフライト時間は?

日本からニュージーランドまでのフライト時間は直行便か乗り継ぎ便かで大きく違います。

最短で行ける直行便(ニュージーランド航空)でも片道11時間はかかります。

 

現地へ到着後にも疲れを残さないよう、体調管理には気をつけたいところ。

長時間フライトは疲れがたまりやすいので、こうした疲れ対策などのグッズがあると快適に過ごせますよ。

 

また、長時間フライトでの悩みの一つに、トイレ問題があります。

地上よりも気圧が低い上空では普段に比べてどうしてもトイレが近くなってしまいます。

こうした対処法も事前に知っておくと良いですよ。

 

ニュージーランドでの入国審査で注意すべきこと

最後にニュージーランドの入国審査についてお話します。

いきなりいいますが、ニュージーランドの入国審査はチョー厳しいといわれています。

 

特に持ち込み物品に関しては厳しくチェックされます。

持ち込みOKなものでも事前申請する必要のあるものも多く、もし申告せずに持ち込んだ場合、多額の罰金を課されてしまいます。

こうした事態を避けるためにも、持ち込みOKなものとそうでないものをしっかりチェックしておきましょう。

入国審査に関しては下記記事で詳しく説明しています。

 

とはいいつつも、ぼくの体感ではそれほど厳しいとは感じませんでした。

最初はどんなこと質問されるかビクビクしていましたが、そんな大したことは聞かれませんでした。

審査官にもよりますが、わりとユルいな〜って感じだったのであまり神経質になる必要はないですよ。

 

ただし、アウトドア用品を持ち込む方はほぼ100%別レーンに連れて行かれます。

虫や土が付いていたら洗わされるか、最悪没収されてしまうので注意しましょう。

 

まとめ

以上、ニュージーランド行き航空券を安く購入する方法をご紹介しました。

航空券について今までご紹介したことをまとめると、

  • GW、お盆、年末年始以外は基本的に安い
  • ニュージーランドへ行くなら4月、10〜11月がおすすめ
  • 短期旅行者、往復予約の方は直行便のニュージーランド航空がおすすめ
  • ワーホリ、長期留学など片道チケット購入なら格安航空がおすすめ
  • ニュージーランドの入国審査は厳しいので持ち込み品は要チェック

 

以上です。

本記事を参考の一つにして、自分に合った方法で予約してくださいね。

 

 

スポンサーリンク