NZの基本情報

ニュージーランドの運転免許証に書き換える方法!現地の免許証はメリットだらけ

ニュージーランドで車を運転する方は国際免許証を取得する事になると思いますが、ワーキングホリデーなど1年以上の長期滞在者にとってあると便利なのがニュージーランド(NZ)の運転免許証。

日本の運転免許証を所持している方であればNZの免許証に書き換える事ができます。

しかし、用意する書類が多かったり手続きに時間がかかったりするので、面倒に感じて諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。

でも、その面倒をしてでも書き換えた方が良いメリットがいくつかあります。僕も実際にNZの免許証に書き換えましたが、書き換えて感じたNZ免許証のメリットを今回3つご紹介します。

ニュージーランドで車を運転するために必用なもの

まず、ニュージーランドで車を運転する際には以下の3つの書類のうちどれか1つが必用になります。事前に確認しておきましょう。

 

①国際免許証

ニュージーランドに限らず、海外で車を運転する際に便利なのがこの国際免許証。有効期限は発行日から1年で、日本の運転免許証とセットで携帯することでニュージーランドでも運転する事ができます

申請は日本の運転免許センターや運転免許試験場でできます。ただし、日本の免許証の有効期限が1年未満の場合は国際免許証の発行ができない場合があります。その場合は特例措置として事前に日本の免許証の更新ができますので、早めに手続きを行いましょう。

詳しい手続き方法などはこちらのサイトが参考になります→https://abroad.driver.jp/license/

 

②日本の免許証の英文訳

国際免許証の代わりに、日本の免許証の英文訳でも運転する事ができます。(もちろん、日本のオリジナル免許証の携帯も必須です)こちらが日本の免許証を英文翻訳してもらったもの。

有効期限は入国日から1年間。発行してからではなくニュージーランドに到着してから1年間なので注意しましょう。ワーホリビザを延長して1年以上滞在する方はNZの運転免許証への書き換えが必用です。

日本の免許証の英文訳の申請はニュージーランドの日本領事館、または日本人大使館などでできます。場所はオークランド、ウェリントン、クライストチャーチと限られ、更に申請してから受取りまで3日間程掛かるので、ワーキングホリデーの方は渡航後すぐに申請する事をお勧めします。

申請費用は24ドルで、現金のみ(釣り銭のないよう)の受付となりますのでご注意下さい。

 

③NZの運転免許証

ニュージーランドで1年以上長期滞在し、かつ運転する方にとって必用なのが、こちらのNZの運転免許証。サイズは日本の免許証とほぼ一緒。

発行料は56ドル掛かりますが、有効期限は10年と長く、更に以下で紹介する様に保険料が安くなったりIDとして使うこともでき、とても便利です。日本の運転免許証を持っていれば比較的簡単に申請する事ができます。

 

NZの運転免許証を取得する事で得られる3つのメリット

①有効期限が長い

上記でも紹介した様に、有効期限が10年とかなり長いです。その為、例えばワーホリ終わってからワークビザに切り替える方や、帰国後もまた再度ニュージーランドに訪れたい場合でも、再度国際免許証を発行する必用がないので楽です。

また、期限が長いので更新の手間や費用が少なくて済みます。

 

②保険料が安くなる

NZの免許証を取得すると保険料が安くなります。どれくらい安くなるかは入る保険会社やプランによっても異なるので何とも言えませんが、保険会社によっては大幅に異なる場合もあるそうです。

因みに僕はNZの免許証を取得する前に保険に加入したので、この恩恵を受けられませんでした。

 

③ID(身分証明書)として使える

僕個人的に一番嬉しいメリットはIDとして使えること。

ニュージーランドではお酒やタバコを買う時、もしくはバーやカジノに行く時はID(身分証明書)を提示しなければなりません

私達ワーホリメーカーがIDとして使えるのはパスポートのみ。日本の免許証やその英文訳、国際免許証はIDとして使うことができませんとても不便です。

お酒等を買いに行く時はパスポートがあれば事足りるかもしれませんが、バーやカジノに行く際にパスポートを持参するのはちょっと恐いですよね。盗難のリスクがあるので。

その点、NZの免許証があればIDとして使えるのでいちいちパスポートを持参する必用がありませんし、盗難の心配をする必用もありません。

スポンサーリンク

 

NZの運転免許証への書き換え申請方法

続いて、NZの運転免許証へ書き換えするための条件や必用書類、手順について詳しく説明していきます。

 

NZ免許証への書き換え条件と必用書類

NZの免許証は基本的に日本の免許証があれば書き換えることが可能です。ただし、日本の免許証を取得して2年未満の場合は別途実技試験を受ける必用があります。実技試験は助手席に試験管を乗せて、公道にて行います。英語での実技試験なので、英語に自信がない方には難しく感じるでしょう。

以下、申請時に必用なものですので必ず持参しましょう。

申請時に必用な書類
DL5の申請書
・パスポート原本とそのカラーコピー
・日本の運転免許証とそのカラーコピー(裏面も)
・日本の運転免許証の英文訳
・名前と住所の記載された書類(IRDナンバーが書かれた書類でもOK)
・運転時にめがねやコンタクトが必用な方は申請時に着用
・料金$56(2016年7月時点)

 

申請書は現地のAAにて入手可能ですが、事前にダウンロード&印刷して書いて持っていってもOKです。

日本の免許証の英文訳は事前にニュージーランドの日本領事館や日本大使館で作ってもらいましょう。

書類のコピーは基本的に現地でできないので、最寄りの図書館かWarehouse Stationary でコピー(カラー)してもらいましょう。場所によっては現地でコピーしてもらう事ができますが、基本的にコピーは全て自分でとる必用があります。

 

申請の手順

申請は一般的に以下の場所で行うことができます。

 

お勧めはNZAA。国内最大手で各主要都市や街にはほぼ必ずありますので便利です。以下、申請の流れを説明します。

 

①用紙の記入

まず、DL5の申請書類に必要事項を記入していきます。申請書類の記入方法は下記を参考にして下さい。

 

※こちらの申請書類は2017年4月現在の最新版です。年度によって記入フォームの内容に変更がある可能性がありますのでご注意下さい。

 

②必要書類の提出

DL5の用紙の記入が終わったら、申請時に必用な書類と一緒に提出します。

提出書類が結構多いので、事前にまとめてファイリングしておくとスムーズに提出できます。

 

③写真撮影&視力検査

書類が受理されると視力検査と免許証に載せる写真の撮影があります。

視力検査は日本とほぼ同じで、顕微鏡を覗いて指示された場所のアルファベットを答えるという簡単なものです。指示を英語で聞き取る必用があり難しく感じるかもしれませんが、英語に自信がない事を告げれば丁寧にゆっくり話してくれます。

その後、写真撮影があります。その日撮った写真が今後10年間免許証に刻まれることになるので、当日はビシッとキメていきましょう!

 

④仮免許証の受取り

申請が全て完了したら本免許が発行されるまでの間有効な仮免許証がもらえます。有効期限は約3週間。

本免許証は遅くとも3週間以内で発行され、郵送先の住所に届けられます。僕の場合は1週間程度で届きました。本免許証発行までの間に運転する場合は必ず仮免許証を携帯しましょう。(仮免許証はIDとして使用できません)

 

こんな人にお勧め

最後に、NZの免許証への書き換えをぜひお勧めしたい方をご紹介します。僕個人的には以下に該当する方にNZの免許証への書き換えをお勧めしたいです。

NZ免許証書換えをお勧めする人
・車を頻繁に運転する方
・ニュージーランドに1年以上滞在する予定の方
・パスポートを常に持ち歩きたくない方
・お酒、タバコをよく買う方
・友達とよく飲みに行く方

 

ニュージーランドでただ運転するだけであれば国際免許証や日本免許証の英文訳で十分ですが、ニュージーライフを超満喫したい方はNZの免許証があると本当に便利です。

ニュージーランドで海外の友達ができるとお酒を買ったり、バーへ飲みに行ったりする機会が増えます。そうなると、必ずIDが必用になりますが、パスポートだと安全上常に持ち歩くのは恐いですよね。特に飲みに行って酔っ払って、気付いたらパスポート盗まれてたなんで事もあります。

その点、NZの運転免許証であればカードサイズなので財布又はカードケースに入れる事ができ、取り出しが非常に楽。また、パスポートより管理がしやすく、万が一盗難に遭ったとしても比較的簡単に再発行できるので安全面でも優れています

運転する人であれば必ずNZの免許証を携帯する事になるので、IDが必用な場合でもパスポートを持参する必用がありません。また、運転時にかさばる国際免許証&日本の免許証セットも持参する必用がなくなるので、身軽に行動したい方には特にお勧めです。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選