雑記

ワーホリでニュージーランドを選んで良かったと思った6つの理由

ニュージーランドでワーキングホリデー(ワーホリ)を始めてから1年と半月が経過。

 

北島のロトルアから始まり南島のクロムウェルまで、今まで数多くの都市や街を周ってきました。仕事はキウイフルーツのパッキングやヴィンヤード、チェリーピッキングとソーティングを経験。

 

日本にいた頃はニュージーランドかオーストラリアで悩みましたが、今改めてニュージーランドに来て良かったと感じています。それでは、具体的に良かったと思った事について述べていきます。

ニュージーランドとオーストラリアで悩んだ日々

ワーホリに行くと決めたら、次に決めるのは行き先。最初は英語圏で人気の高い、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドに絞っていました。そして、最終的に過ごしやすい気候のオーストラリアとニュージーランドまで絞りました。

 

この時点で僕の気持ちはすでにニュージーランドに傾きかけていましたがオーストラリアも捨てきれずに悩んでいたある日、ワーホリのエージェントに相談しました。そしたら、断然オーストラリアを勧められました。

 

というのも、オーストラリアの方が仕事が多く、語学学校も充実しているから。逆に「ニュージーランドは仕事が少ないから仕事見つけるの大変だよ」と言われ、あまりお勧めされませんでした。

 

行きたいのはニュージーランド、でも仕事もしたいのでオーストラリアの方が職には困らなそう。色々と悩み抜き、最終的にニュージーランドに決めました。

 

ニュージーランドを選んで良かったと思った6つの理由

エージェントの反対(?)を押し切ってまでニュージーランドを選んで良かったのだろうか。と最初は思っていましたが、ニュージーランドで過ごしているうちに、やっぱりここに来て良かったと思うようになりました。

 

また、オーストラリアでワーホリした事のある人にも数多く会いましたが、8割程の人がオーストラリアよりもニュージーランドの方が好きだと言っています。

 

それではどういう所が良いと思ったのか。オーストラリアとの比較も兼ねてご紹介していきます。

 

①景色が想像以上に綺麗だった

これはニュージーランドに来て一番良かった理由ですが、自然が想像以上に綺麗でした。特に南島の自然は想像を遥かに上回る綺麗さ

 

つい先日、クイーンズタウンから車で約1時間にあるGlenorchy(グレノーキ)という場所に行ってきましたが、道の途中には湖と山が織りなす壮大な景色が広がっており、ついつい足を停めて見惚れてしまいました。

 

こちらはグレノーキにある「Glenorchy Wharf」と呼ばれる観光地にて撮影した写真です。ミルキーブルーの湖と少し白みがかった山が織りなす景色は壮大でかつ美しい。30分くらい写真撮影に没頭してしまうほど、美しい景色でした。

Glenorchyにて

 

また、グレノーキに行く途中に大きなファームがあり、無数の羊たちが放し飼いにされています。この景色はまさにニュージーランドだなって感じですね。

 

Glenorchyに向かう道の途中の牧場にて

 

ニュージーランドにはこのような景色が数多くあるので、自然好きにはたまりませんよ。

 

②人がとても親切

ある日、車のエンジンがオーバーヒートして路上で立ち往生していた時、通りがかりのニュージーランド人が停まってくれて色々と助けてくれました。また、ある日はスーパーマーケットの駐車場でタイヤの状態をチェックしていた時に、近くにいたニュージーランド人が「大丈夫?何か手伝おうか?」と声をかけてくれました。

 

僕以外にもニュージーランド人に助けられたワーホリメーカーの友達を何人か知っていますが、ニュージーランドでは困っている人を助けたい!と考えている人が本当に多いなと実感しました。

 

しかし、オーストラリア人はニュージーランド人に比べると冷たいとよく聞きます。もちろん、オーストラリア人にも良い人は沢山いますし、僕も実際にここニュージーランドで親切なオーストラリア人に何人か会いました。ただ、長く生活しているとその違いを実感するそうです。

 

③国土が小さめなので街から街への移動が楽

オーストラリアの面積は日本の約20倍。街から街まで移動するだけで丸1日程かかりますし、車の場合だとガソリン代がバカになりません。

 

その点、ニュージーランドは日本の4分の3とコンパクトなので、街から街への移動時間も少なくて済みますし、簡単にニュージーランド国内を1周できるので、移動や旅行が非常にしやすいです。

 

④気候が熱すぎず寒すぎず快適

ニュージーランドは日本の様に4季がありますが、夏は暑すぎず冬は寒すぎず1年を通して過ごしやすいです。オーストラリアも同じく4季がありますが、北の方は熱帯気候で湿度も高く夏はかなり蒸し暑いそうです。

 

僕はニュージーランドをほぼ周っていますが、蒸し暑いと感じたことはあまりありません。

 

⑤景色の素晴らしいトレッキングコースが多い

ニュージーランドには数多くのトレッキングコースがあり、短いものだと数十分、長いと数日〜1週間と様々です。NZ国内には景色の素晴らしいコースが多くありますが、その中でも特に良いといわれているのがグレートウォークと呼ばれる、国内に9つあるトレッキングコース。

 

その中でも特に有名なのがミルフォードトラックとルートバーントラック。特にミルフォードトラックは世界でもトップクラスで美しいトレッキングコースと言われており、世界中から大勢のハイカーが集まります。しかし、1日に40人までという制限があるため、半年以上前から予約しないと取れません。

 

ここニュージーランドではトレッキングが好きな方はもちろん、ちょっとウォーキングしたい方でも気軽にニュージーランドの自然を楽しめます。オーストラリアにはあまりトレッキングコースがないので、ウォーキングやトレッキングが好きな方は断然ニュージーランドがお勧めです。

 

⑥ヘビやクマ、サソリなどの危険生物がいない

ニュージーランドにはヘビやクマなどの危険生物がいません。ニュージーランドで有名なKiwiという鳥は飛ぶことができませんが、その理由は危険生物が全くいないので空を飛ぶ必用が無くなったからだと言われています。

 

そのため、危険生物の心配をしなくても良いので安心して旅行できます。

 

ただし、サンドフライと呼ばれる、小さいハエみたいな虫に刺されると激しいかゆみと腫れに襲われるので注意が必用です。

スポンサーリンク

ニュージーランドにまた行きたいか?

結論から言うと、また行きたいです。ただし、住むには少し不便なので観光しに行くのがベストだと思っています。

 

日本にも素晴らしい観光地は沢山ありますが、自然の美しさでみたらニュージーランドには敵わないでしょう。一度行ったらまた行きたくなる、やみつきになるような自然が沢山あります。

 

僕はこの広大な自然の広がる地でのドライブが大好きなので、行ける限り何度でもニュージーランドに行こうと思っています。

 

まとめ

以上、ニュージーランドで良かったと思った事をまとめました。ニュージーランドの良いところを挙げればキリがありませんが、これからニュージーランドでワーホリしようと考えている方、ニュージーランドに行こうかどうか悩んでいる方は是非本ブログを参考にしてみて下さい。

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選