NZの基本情報

ニュージーランドのネットバンクが簡単・便利過ぎる件について

どうも、つい最近iPhone Xを買って大はしゃぎの小林です。

さて、今日はニュージーランドのインターネットバンキング(ネットバンク)の利便性についてお話していこうと思います。

今の時代、インターネットでお金の振込みや残高照会等が出来るネットバンクが急速に普及しており、これまで以上にお金のやり取りが楽になりました。

そんなネットバンク、もちろんニュージーランドでも広く普及していたのですが、ビックリしたのがその使い易さ。

正直なところ日本のネットバンクって手続きが複雑で結構使いにくいんですよね。セキュリティ上しょうがない事かもしれませんが、複雑過ぎて窓口で手続きした方が楽なんじゃないか!と思えるほどです(窓口行くのも面倒ですがw)。

しかし、ニュージーランドのネットバンクを1年程使ってみて感じたのが、とにかくシンプルで使い易いという点。え、こんなに簡単で良いの!?ってくらい楽過ぎて超感動しましたからね。日本のネットバンクもこんな風にしてくれればな〜(笑)

という事で、今回はニュージーランドのネットバンクの素晴らしさをお伝えしたく、記事にしてみました。これからニュージーランドで銀行口座を開設する方は参考にしてみて下さい。

日本のネットバンクは複雑過ぎてイライラ

日本のネットバンクってどうしてこうも複雑なんでしょうか?

これは僕がワーホリに行く前、ニュージーランドのネットバンクの便利さを知る前から常々疑問に思っていました。

僕は日本に3つほどネットバンクの口座を(と言っても普通口座の開設のついでに)持っていますが、どれも複雑過ぎることこの上ない。

確かに、ネットバンクは便利な反面ウイルス感染による不正送金等の心配があります。こうした対策のため複雑化してしまうのはしょうがないかもしれませんが、それゆえに振込み等の手続きが超メンドクサイ

ログインするだけで何段階もパスワード入力しなければならなかったり、そもそもサイトやアプリが使いにくく手続きするだけでストレスが溜まります。

この使いにくさには常日頃から悩まされてきました。

それで、セキュリティ対策で不正送金等の被害が減っているかといったら、実はそうでもないらしいんです。セキュリティ強化にともないウイルスも強化されているので、結局のところいたちごっこという訳です。

これでは、使いやすいうんぬん以前の問題ですね。

 

NZのネットバンクが便利過ぎて驚いたこと3つ

では、ニュージーランドのネットバンクはどうなのでしょうか。

僕がニュージーランドでワーホリ始めてすぐに現地の銀行口座を開設しましたが、その時ついでにネットバンクも申込みました。

そして使ってみたら、それが信じられない程使いやすかったんです!

正直、当時はニュージーランドって日本より遅れているイメージがあったので最初はあまり期待していなかったんですが、その期待を良い意味で裏切ってくれました。

ではどういう所が使いやすかったか、3つのポイントに絞ってご紹介します。

因みに、今回は僕が開設したBNZ(Bank Of New Zealand)のネットバンクアプリ(iPhone用)での使用感になります。

あわせて読みたい
ニュージーランドでおすすめの銀行口座と開設方法についてワーホリでニュージーランドに着いたら、まず一番最初にやるべき手続きが「銀行口座の開設」。 仕事のアプライだけでなく、IRDナンバー...

 

UIデザインがとにかくシンプルで見やすい

まず、最初に驚いたのがとにかく見やすいUI(ユーザーインターフェース)デザイン。

BNZのiPhone版アプリではログインするとすぐに以下の様な画面になります。

表示されるのはたったこれだけ!?って驚いたのは言うまでもありません。

日本のネットバンクって色々ごちゃごちゃしてて、どこで残高照会できるのか分からないって事もあるので。

サイドバーでは振込先の登録や各種設定などができます。

これだけシンプルで見やすいと見たい情報にすぐアクセスできるのでストレスもだいぶ減ります。

 

ログイン・残高の照会が一瞬でできる

続いて便利だと思ったのがログインの手軽さ。

これには賛否両論あると思いますが、僕は大いに賛成派です。

では、どれだけ手軽にログインできるかというと…

一瞬です(笑)

基本的にネットバンクにログインする時はパスワードが必用になりますが、iPhone版のBNZアプリだとTouch ID(指紋認証)が設定できるんです。

つまり、ホームボタンに指を添えるだけでログインできてしまうんです。まさに一瞬です。

更に、最近発売されたiPhone X だとFace ID(顔認証)でログインできます。

日本のネットバンクだといちいちIDとパスワードの両方打たなければならず、中には「秘密の質問」とか訳の分からんセキュリティ対策が発動するのでメンドクサイったらありゃしないww

しかも、パスワードも英数字混合で◯文字以上と指定があるものだから、打つのはともかく覚えておくだけでも大変。忘れたらメモしておいたパスワードをいちいち見ないといけないし…それだけで味わう精神的ストレスは計り知れません←僕だけでしょうかww

そんな面倒くささが一切ないニュージーランドのネットバンクはもう神です(笑)

ログインしたら先程のログイン画面に行き、そこから見たい口座をタッチすると残高や取引履歴を見ることができます。

簡単過ぎて恐い!って思う方もいるかもしれませんが、僕はこの便利さに慣れてしまったのでもう日本のネットバンクに戻れません(戻らざるをえませんがw)。

 

お金の送金・振込みがスワイプ操作一つでできる

最後に、僕が最も感動した便利な機能が、スワイプ操作一つで送金・振込みができること。

画面下の様に、あらかじめ送金先や振込み先を登録しておけばスワイプするだけで振込み手続きができるんです。

スワイプして手続き画面が表示されたら、送金・振込みしたい金額や日にち(デフォルトは当日)を入力してポチっとするだけ。

どう?簡単過ぎて恐いでしょww

この機能、ワーホリ中に本当に重宝しました。

どういう場面で使ったかというと、

例えばワーホリ友達とワイトモ洞窟のツアーに参加した時、ツアー代を自分が最初にまとめて建て替えた場合。

代金もキリが良ければ現金でもいいんですが、中途半端な金額だと釣り銭とか面倒くさいですよね。そういう時にネットバンクで送金してもらえれば支払う方も受け取る方も楽ちんです。

他にも仕事仲間とアコモデーションでパーティーした時の食費を割り勘する時やガソリン代の割り勘など様々な場面でネットバンクを利用しました。

そして、送金に関して一つ嬉しいのが送金手数料が無料であること。同じ銀行間はもちろん、ANZやKiwi Bank など他の銀行に送金しても手数料が無料という素晴らしい仕様なのです(少なくとも2017年4月まではそうでした)。

日本だと他銀行に送金すると手数料がかかる事を考えると、このしくみには感動しました。

スポンサーリンク

便利過ぎる故のデメリットはあるのか?

これだけ簡単、シンプルゆえに心配なのがセキュリティの問題。

先程ご紹介したBNZアプリの場合、一回ログインしてしまえば後はパスワード無しで送金・振込みができてしまいますからね

例えるなら、日本のネットバンクへの入り口は二重、三重扉になっているのに対し、ニュージーランドのネットバンクは扉が一つしかないということ。万が一破られてしまったら…

と思うと恐いですよね。

でも、実はニュージーランドでは不正送金などの被害は少ないと言われています。もちろん、ない訳ではありませんが、日本に比べると圧倒的にリスクは低いといいます。

というのも、ある情報によれば不正送金の標的は世界の8割が日本だと言われているからです。

なぜ、こうも日本が集中的に狙われているのかは定かではありませんが、どうりで日本のセキュリティは複雑過ぎるんだね!と納得しました。

つまり、ニュージーランドではそういった脅威が比較的少ない国だからこそ、これだけシンプル・簡単な送金システムにできるわけなんですね。

僕はやっぱりデメリットを差し引いてもニュージーランドのネットバンクが魅力的ですね。日本も同じくらい簡単・シンプルなシステムにして欲しいと願っていますが、厳しいでしょうね。

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選