管理人のつぶやき

ニュージーランドが好きになる人、嫌いになる人の違いは?

どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokinstyle)です。

突然ですが、あなたはニュージーランドが好きですか?

僕はもちろん、ニュージーランドが大大大好きです(笑)

 

それはさておき、今回はニュージーランドが好きになる人と嫌いになる人の違いというテーマでお話していきたいと思います。

よく聞く話なのですが、ニュージーランドへ行った後に、ニュージーランドが好きになる人と嫌いになる人に分かれるみたいなんです。

僕はニュージーランドを好きになる人の気持ちは痛いほどよく分かるのですが、嫌いになる人がいるというのもある意味うなずける気がします。

 

では、なぜニュージーランドを嫌いになってしまう人がいるのでしょうか?

その原因、気になりますよね。

 

そこで本記事では、ニュージーランドを嫌いになってしまう原因を探るとともに、ニュージーランドを好きになる人、嫌いになる人の違いをまとめてみました。

これからニュージーランドへ旅行で行く人はもちろん、留学やワーホリなど長期でニュージーランドに滞在しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

行ってみて分かる!ニュージーランドの良いところ・残念なところ

どこの国でもそうですが、良いところもあれば残念なところもあるもの。

僕はワーホリでニュージーランドに1年3ヶ月間滞在していたこともあり、ニュージーランドの良いところ、残念なところを一通り体感してきたつもりです。

そんな僕からみた、ニュージーランドの良いところ、残念なところをまとめてみました。

人それぞれ感じ方は違うと思うので、あくまで参考の一つにしていただければ幸いです。

 

ニュージーランドの良いところ(メリット)

  • 手つかずの自然が多い
  • ダイナミックで美しい景色が見られる
  • アウトドアスポーツが盛ん(トレッキング、キャンプなど)
  • 空気がきれい
  • ゴミ箱の設置数が多い
  • 人が少ないので休日の混雑もあまりない
  • 信号が少ないのでドライブしやすい
  • 親切で優しいNZ人が多い
  • 無料Wi-Fiスポットが多い
  • 学歴や職業などの偏見が少ない

 

他にも挙げればキリがありませんが、だいたいこんな感じです。

一番の良いところは、やはり自然の美しさでしょうか。

日本も郊外に行けば美しい自然はたくさんありますが、ニュージーランドの自然は日本のものとはまた違った魅力があります。

言葉で表現するのは難しいですが、強いて言えば「まるでファンタジー映画のワンシーンに出てきそうな、引き込まれる自然」といった感じ。

ニュージーランドが舞台になった、かの有名映画「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」を見れば、その魅力をわかっていただけるかと思います。

トレッキングコースやキャンプ場も多く、ニュージーランドのダイナミックな自然を手軽に味わうことができるのも魅力ですね。

 

他にも、人が少ない、優しいNZ人が多い、職業や学歴に対する偏見が少ないなど、日本に比べてストレスフリーで住みやすいとも感じます。

日本とはまた違った景色を見たい、ストレスフリーな暮らしがしたい、そんな方にとってはニュージーランドの良さがより実感できるでしょう。

 

ニュージーランドの残念なところ(デメリット)

  • 日本に比べてショッピングモールなどの商業施設・娯楽が少ない
  • 早く閉まる店が多い(24時間営業のコンビニがない)
  • ネットが遅い、繋がりにくい
  • 料理のレパートリーが少ない
  • 全体的に物価(特に家賃、外食系)が高い
  • 車がないと不便
  • 公共交通機関が少ない
  • 盗難・置き引きなどの軽犯罪が多い
  • 紫外線が強い(日本の約6〜7倍といわれている)

一方で、僕が感じたニュージーランドの残念な点は上記の通りです。

僕自身が特に残念、というか不便に感じたのが、「ネットが遅い、繋がりにくい」と「料理のレパートリーが少ない」の2点。

 

ネット環境については以下の記事でもご紹介していますが、ニュージーランドのネット環境はあまり良いとはいえません(今はどうかはわかりませんが、2017年当時はまだ遅かった)。

ニュージーランドのネット、Wi-Fi事情は?生活してみて感じたことこれからニュージーランドへ行くのであれば気になるのがインターネット事情。 ホテルの予約から目的地へのナビゲーション、フラット探し、...

Googleのトップページを立ち上げるだけで10秒以上かかったり、途中で回線が切れることも日常茶飯事。

とはいえ、ネット環境についてはどうすることもできないので、長期滞在するならこうした不便さを受け入れる覚悟が必要です。

 

料理のレパートリーの少なさも個人的には残念だと思いました。

もちろん、ニュージーランドにも美味しい名物料理はいくつかあります。ムール貝やラム肉を使った料理がその代表です。

 

ただ、僕がニュージーランドに1年3ヶ月住んでみて思ったのが、どこに行っても似たりよったりのニュージーランド料理が多いな、という印象です。

1〜2ヶ月程度の短期滞在ならまだ気にならないかもしれませんが、それ以上となるとさすがに飽きてきます。

僕の場合、ほとんどの期間は自炊で日本食ばかり食べていましたから(笑)

(とはいえ、手に入る日本食向け食材も少ないですが)

あらためて、日本は世界に誇るグルメ大国だなと実感させられます。

 

この他、盗難・置き引きなどの軽犯罪が多いのも残念な点です。

実際に僕の身近な知り合いでも、置き引きの被害に遭った人が何人かいました。

全体的な治安の良さは日本と変わらないくらいですが、こと盗難・置き引きに関していえば日本の比にならないくらい悪いように思います。

 

また、ニュージーランドは日本に比べて公共交通機関が圧倒的に少ない。

電車は一部の都市部にわずかしかないので、移動のメインはバスか車になります。

とはいえ、バスも経路が限られる上に本数が少ないので、自由に移動したければ車が必要になります。

逆にいえば、車がなければ自由に移動できません。都市部での生活ならともかく、郊外で暮らすなら車がないと超不便です。

 

ニュージーランドを好きになる人・嫌いになる人の特徴まとめ

ニュージーランドの良いところ・残念なところを考慮した上で、ニュージーランドを好きになる人とそうでない人の特徴をざっくり挙げてみました。

僕個人の見解になりますので、あくまで参考の一つとして捉えていただけると幸いです。

 

ニュージーランドを好きになる人の特徴

  • 自然が大好き
  • 人が少ない場所が好き
  • 価値観に縛られないストレスフリーな生活を送りたい
  • 自炊はわりと好き
  • トレッキングやキャンプなど、アウトドアが好き
  • 大自然をいかしたアクティビティにどんどん挑戦したい
  • NZ人の、優しくフレンドリーな気質が好き
  • ドライブが好き

 

僕自身がまさにそうですが、ニュージーランドを好きになる人の多くは上に挙げたような特徴に当てはまる場合が多いです。

特に自然好きの人は、ニュージーランド生活をより楽しめるはず。

僕はもともと登山(トレッキング)やキャンプが好きだったので、アウトドアスポーツが盛んなニュージーランドは僕にとってまさに理想的な環境でしたね。

 

また、ニュージーランドは日本に比べて人が少ない(人口密度が30分の1くらい)ので、休日に出かけても日本のような混雑に遭遇することがあまりありません。

(ただし、オークランドのような都市部、クイーンタウンのような人気観光地は例外)

日本のような無言の同調圧力的な(?)ものとも無縁なので、物理的にも精神的にもストレスフリーな生活を送りたい方には最高の環境かもしれません。

 

一方、ニュージーランドは日本に比べて結構な不便さを感じることはあります。

そんなニュージーランドを好きになるかどうかは、こうした不便さをすんなり受け入れられるかがカギになるでしょう。

むしろその不便さを楽しめる人こそ、ニュージーランドに向いていると僕は思います。

 

ニュージーランドを嫌いになる人の特徴

  • 都会での生活が好き
  • ネット環境の良さは譲れない
  • コンビニ(24時間営業)を多く利用したい
  • 外食が多い(1食500円以内で)
  • 自炊は苦手
  • インドアな生活が好き
  • 車の運転は苦手だ

 

ニュージーランドを嫌いになる人の多くは、おそらく上に挙げた理由が大きいと思います。

僕がワーホリ中にも、ワーホリで来ている日本人が途中で帰国したという話をよく聞きました。

 

彼らが帰国した理由のメインは、ニュージーランドの不便さが受け入れられないとのこと。

日本のような便利さを求めている人にとっては、ニュージーランドの不便さは結構キツいかもしれません。

 

また、ニュージーランドは思った以上に物価が高いです。

特に外食が多い人にはキツいかもしれません。

ニュージーランドのレストランやカフェでまともにランチしようものなら、1食で最低でも10〜15ドル(1,000円前後)は覚悟しなければなりません。

日本のように500円以内で食べられる外食チェーンはごく一部に限られますし、あったとしてもハンバーガーやフィッシュアンドチップスなどのジャンクフードが主流。

長期滞在するなら自炊して少しでも節約したいものですが、自炊が苦手な人にとっては日々の生活だけでストレスを感じてしまうでしょう。

 

この他、ホームステイ先のホストとウマが合わなかった、仕事が見つからない、盗難やカラミなどのトラブルに巻き込まれた、とかさまざまなケースがあると聞きます。

こればかりは時の運というか、タイミングもあると思うのでどうしようもありません。

 

とはいえ、ニュージーランドの自然が大好きであれば上記のデメリットは些細なものでしょう。

しかし、自然がそれほど好きでない、アウトドアにあまり興味がないのであればニュージーランドに行くメリットをあまり感じられないかもしれません。

 

いずれにせよ、ニュージーランドでの長期滞在を考えている方は、上記を踏まえて慎重に考えることをオススメします。

 

スポンサーリンク

ワーホリ・留学でNZに長期滞在するなら、事前の下調べをしっかりしましょう!

ニュージーランドに憧れて行ってみたものの、「こんなはずじゃなかった」という話はよくあると思います。

短期滞在ならまだしも、ワーホリや留学(3ヶ月以上)の長期滞在となると、失敗した時のショックは大きいですよね。

先走って後悔しないためにも、ニュージーランドで長期滞在を考えている方は事前の下調べをしっかりしておくことをオススメします。

以下、僕がオススメするニュージーランドの下調べ方法を3つご紹介します。

 

現地在住者のブログを読んでみる

下調べ方法として一番手軽なのはネットでの情報収集です。

とはいえ、ネットには情報が溢れかえっているので、情報の信頼性は保証できません(僕のブログ情報も怪しいかもww)。

そこで、一番オススメなのが現地在住者のブログを読むことです。

 

現地在住者が運営しているブログでは、実生活に基づいたリアルな情報が得られます。

それだけでなく、現地在住者にしか知り得ない裏情報だって得られることも!?

 

本当の意味でニュージーランドを知るなら、実際に住んでいる人の情報が一番信頼できます。

ネットで検索すれば色んな在住者のブログが出てきますので、一度検索してみてください。

(自分が住んでみたい地域がある場合、その地域在住者のブログを読むといいでしょう)

ニュージーランドの情報収集に!現地在住者のおすすめブログ5選+4選【ワーホリ・留学する方必見】どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokinstyle)です。 みなさんは旅行やワーホリ、留学などでニュージーランドへ行く前、どうや...

 

ワーホリ・留学エージェントの説明会に行ってみる

留学エージェントなどが主催する説明会に行ってみるのも一つの手です。

説明会ではワーホリや留学に関することはもちろん、現地のリアルな情報も教えてくれます。

また、留学エージェントには実際にワーホリ・留学を経験したスタッフが多いため、経験者からみた個別アドバイスが得られるのも大きいです。

こうした説明会は無料で参加できることが多いので、チャンスがあればぜひ参加してみてください。

ただし、エージェントの中には良いことしか言わない、やたら語学学校への入学を勧めてくるところもあるので、その辺は見極めた方がいいでしょう。

 

ニュージーランドへ行ったことのある友人・知人に相談してみる

あなたの周りにニュージーランドへ行ったことある友人・知人がいれば、直接相談に乗ってもらうのも手です。

特に気心の知れた友人なら聞きたいことも遠慮なく聞けますし、情報の信頼性も高いでしょうし。

親しい友達の中に経験者がいなくとも、友人の友人を紹介してもらうなど、使えるコネは積極的に使ってみるといいでしょう。

もちろん、もし僕で良ければ相談に乗りますので、気になることがあれば「お問い合わせフォーム」から遠慮なく聞いてくださいね。

答えられる範囲でお答えしますので。

 

まとめ

本記事ではニュージーランドを好きになる人、嫌いになる人の違いについて、僕なりの経験からまとめてみました。

僕はもちろん、僕の周り(ワーホリ仲間)でもニュージーランドを好きになった人は多いです。

 

しかし、残念ながらニュージーランドを嫌いになってしまった人も一部います。

せっかく、高い航空券代払って片道10時間以上かけてニュージーランド来たのに、嫌いになってしまうほどの経験で終わってしまったら残念ですよね。

 

そうならないためには、ニュージーランドが自分に合っているかどうかをしっかり見極めることが大切。

今は日本にいながら信頼性の高い情報が得られる時代になりました。ニュージーランドでの長期滞在を決める前に、しっかり下調べをしておくことをオススメします。

もし、ニュージーランド行きを決めたならば、あなたのニュージーランドライフが最高に楽しいものになることを心より願っています。

1年間のニュージーランド生活で感じたカルチャーショック10選どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokis_style)です。 今回の話題は、僕がニュージーランド生活で感じたカルチャーショックに...
ABOUT ME
ヒロキ
NZ好きの31歳ブロガー。新卒で大手メーカー就職→3年で退職→2016年にNZワーホリへ→NZ生活にハマる→NZの良さを広めるため本ブログを開設。僕のNZワーホリ体験談(1年3ヶ月)や旅行記、NZ生活など、NZに関するネタを中心に書いています。好きなNZの街はクイーンズタウン、ワナカ。