NZワーホリ

AUSかNZか?ワーホリするならどっちの国がいい?

どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokin_nz)です。

ワーホリ経験者のみなさん、そしてこれからワーホリへ行く予定のみなさんの多くは、どこの国へ行くかで迷った方も多いのではないでしょうか。

特にオーストラリア(AUS)とニュージーランド(NZ)。

 

同じ英語圏かつ近隣国だけあってか、悩む人も多いと聞きます。実際に僕もワーホリする前は、どちらの国に行くかかなり悩みましたし。

「それなら両方行けば良くない?」

と思うかもしれませんが、ギリホリで行く人、大学の休学中に行く人、など1カ国しか行けない事情がある人も多いでしょう。

 

そこで、今回はワーホリ行くならオーストラリアかニュージーランドか、どちらがオススメなのかをご紹介します。

単純にどちらが優れているかという話ではなく、「どういう性格・趣味嗜好の人がどの国に合っているか?」といった基準でお話していきます。

オーストラリアとニュージーランドで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

オーストラリアとニュージーランドの特徴をざっくり紹介

まずはじめに、オーストラリアとニュージーランドの特徴をざっくりとご紹介します。

だいたいどんな感じの国なのか知る目安になると思うので、参考にしてみてください。

 

オーストラリアの特徴

  • とにかくデカい、広い(面積は日本の約20倍)
  • 人口は約2,500万人
  • 公用語は英語
  • 世界有数の移民国家(多文化社会)
  • 治安は世界でわりと良いほう(世界ランク10〜20位くらい?)
  • 物価は高め(特に外食や嗜好品などは高い)
  • 気候は亜熱帯、温暖(南にいくほど寒くなる)
  • 紫外線が強い
  • 寛容でフレンドリーな国民性
  • カンガルー、コアラが有名
  • ミートパイ、ベジマイト、フィッシュアンドチップスが有名
  • 毒蛇や毒グモ、ワニなどの危険動物が多い
  • 綺麗なビーチや砂浜、熱帯雨林、広大な大地が魅力
  • 車は左側通行(日本と同じ)
  • ワーホリの最低時給は24.36ドル(2019年当時)

本当ざっくりでしたが、いかがでしょうか。

続いてはニュージーランドの特徴をみていきましょう。

 

ニュージーランドの特徴

  • コンパクトサイズ(面積は日本の約4分の3)
  • 人口は約500万人
  • 公用語は英語、マオリ語
  • 世界有数の移民国家(多文化社会)
  • 治安は世界トップクラス(日本に近い)
  • 物価は高め(特に外食や嗜好品などは高い)
  • 気候は日本に近く、四季がある(南にいくほど寒くなる)
  • 紫外線が強い
  • 寛容でフレンドリーな国民性
  • 飛べない鳥、キウイが有名
  • ミートパイ、フィッシュアンドチップス、マッスル料理が有名
  • 毒蛇や毒グモ、クマなどの危険動物がいない
  • 高くそびえ立つ山々や森、氷河、湖など多様性のある自然が魅力
  • キャンプ場、トレッキングコースが多い
  • 車は左側通行(日本と同じ)
  • ワーホリの最低時給は17.7ドル(2019年当時)

以上です。

それぞれの国の特徴はなんとなく分かっていただけたでしょうか?

 

オーストラリアかニュージーランド、行くならどっちがオススメ?

考える、悩む、悩み、どっち

オーストラリアとニュージーランドの特徴を比較すると、似ている部分が多いことがわかります。

しかし、実際に行ってみると、オーストラリアとニュージーランドは想像以上に違う場所だと感じる人が多いそうです。

僕は実際にオーストラリアへ行ったことがありませんが、ワーホリ中は「オーストラリアもニュージーランドも両方行った」という日本人に多く会ってきました。

そこで、僕はいつも「オーストラリアとニュージーランド、行ってみてどう違う?」「どっちの国が好き?」などと聞いたりしていました。

 

答えは人それぞれでしたが、聞いていくうちに「どちらの国、どういう人にオススメか」という基準が見えてきました。

ここでは、そういった基準をご紹介します。オーストラリアとニュージーランドで迷っている方の、国選びのヒントになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

オーストラリアがオススメな人

  • 都会生活が好きな人
  • 温暖な気候がいい人(寒いのが苦手な人)
  • お金をガッツリ稼ぎたい人
  • マリンスポーツ(海系)が好きな人
  • 長期間ワーホリ生活がしたい(最長3年まで延長可)

ワーホリの間で、オーストラリアといえば「とにかく稼げる!」と言われていました。

有名なのが歩合制のチェリーピッキングですね。

チェリーピッキングは作業がラクなわりに1箱収穫あたりの単価が高く、早い人だと1ヶ月で1万ドル近く(70〜80万くらい)稼ぐ猛者もいるくらいです。

 

お金稼ぎたいワーホリさんにとっては、まさに夢のような仕事。当然ながら超人気の仕事なので、仕事を得るのも一筋縄ではいかないみたいですよ。

ただ、オーストラリアはそもそも最低時給が高いので、チェリーピッキングのような歩合制の仕事でなくても、工場やレストラン、カフェなど時給制の仕事でも十分稼ぐことはできるでしょう。(最低時給は世界トップレベル)

いずれにせよ、稼ぎにメインを置きたい方は迷わずオーストラリアがオススメです。

 

この他、都会暮らしが好きな人、マリンスポーツが好きな人などもオーストラリアが向いているかもしれません。

 

ニュージーランドがオススメな人

  • 田舎暮らしが好きな人
  • 四季の変化を感じたい人
  • お金稼ぎはほどほどに、のんびり暮らしたい人
  • 日本のような気候が好きな人(暑すぎるのは苦手な人)
  • キャンプやトレッキング(山系)が好きな人

ニュージーランドは、一言でいうと自然好きにオススメの国です。

ニュージーランドは、オーストラリアと比べるとわりと田舎が多い印象。

オークランドやウェリントン、クライストチャーチなど都会はありますが、オーストラリアに比べると規模はそこまで大きくない印象。

 

一方で、高くそびえたつ山々や森、氷河、湖などが織りなすダイナミックな景色が魅力です。

また、ニュージーランドには日本のように四季があるため、四季が織りなす景色も見もの。

夏はトレッキングやキャンプ、冬はスキーやスノボーなど季節に応じたアクティビティが楽しめるのも魅力です。

 

ニュージーランドはオーストラリアに比べると最低時給が低めなので、どちらかといえばのんびり暮らしたい人にオススメです。

(とはいっても、日本よりは最低時給が高い。ガッツリ稼ぐのもありだと思いますし、そういう人も結構いました。)

 

総まとめ

オーストラリアかニュージーランドか、ワーホリで行くならどちらの国がオススメか?

というテーマでお話しました。行きたい国、決まりましたか?

最後にザッとまとめるとこんな感じ↓

オーストラリア ⇒ ガッツリ稼ぎたい人、都会暮らしが好きな人
ニュージーランド ⇒ のんびり暮らしたい人、アウトドアスポーツ好きな人

ただ、正直どちらの国に行っても、どちらも実現できる気がします。

オーストラリア行ってものんびり暮らせるし、ニュージーランド行っても仕事によっては稼げるし。

 

要は、どちらの国にピンと来たか?だと思います。

ちなみに、僕がニュージーランドを選んだ理由の一つは、美しい山々とトレッキングコースが多いことです。

もともとトレッキングが大好きだったので、行くならトレッキングが楽しめる国が良かったからです。

他にも、国土のサイズ感がちょうどいい、都会過ぎず田舎過ぎずちょうどいい、など色々あります。

 

「やっぱり迷うな〜」

「決められないや」

 

そんな方は今一度、自分は何が好きなのか?どういう暮らしがしたいのか?など自己分析してみるといいかもしれません。

実際にワーホリ行った人に聞いてみるのもいいでしょう。日本ワーホリ協会などが開く交流会などに参加すれば、ワーホリ経験者に会うこともできるので。

これで、あなたにピッタリの国が見つかるはず!きっと!

 

それではまた〜。

ABOUT ME
ヒロキ
愛知出身の31歳、ブロガー。自身のNZワーホリ経験(1年3ヶ月)をもとに、ニュージーランドのワーホリや旅行に役立つ情報から、日常のどーでもいいことまで色々書いています。趣味は登山、料理、カフェ。詳細なプロフィールはこちら