5/27(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復79,000円〜】
NZの基本情報

ニュージーランドの夏服事情は?お勧めの服装と注意点まとめ

日本はいよいよ秋に入り冬を迎えようとしていますが、ニュージーランドはこれから夏を迎えようとしていますね。

夏のニュージーランドは絶好の観光シーズン、仕事シーズンなので旅行するにも仕事を探すにも最適な時期です。

そんな夏のニュージーランドに合わせてワーホリや旅行へ行く方も多いのではないでしょうか。

ただ、初めてニュージーランドへ行く方は現地の夏がどのような気候で、どのような服装がベストなのか想像し難いかと思います。

そこで、ニュージーランドで夏を2回過ごした僕がお勧めする夏の服装、および注意点をまとめてご紹介します。夏のニュージーランドに行く予定の方、NZに滞在中でこれから初めて夏を迎える方は参考にどうぞ。

ニュージーランドの夏の気候ってどんな感じ?

早速、ニュージーランドの夏の気候について述べていきます。ニュージーランドの夏は12〜2月と、ちょうど日本と真逆になります。

ところで、日本の夏って死ぬほど暑いですよね。場所によっては40℃を超える猛暑日もあるなど、エアコンが無いと立っていられないほど。

しかし、ニュージーランドの夏はちょっと事情が異なります。まず、日本の様に死ぬほど暑いという事はありません。

ニュージーランドで一番暑いのは北島のオークランド周辺ですが、夏のオークランドの平均気温も20℃前後とかなり過ごしやすい気候です。

この表は過去記事「ニュージーランドの冬はどんな服装がベスト?」で作成したものですが、日本の各都市と比較してもニュージーランドの過ごしやすさが分かるかと思います。

また、気温だけでなく湿気も少ないのが特徴。日本のようなジメッとした暑さがなく、非常にカラッとしています

もちろん、日に当たると暑さを感じますが、日陰にいけば一気に涼しくなります。また、空気が乾燥しているので暑苦しさはほとんどなく、夏でもエアコンを付ける必用はほぼありません。洗濯物も室内干しでも半日で乾いてしまう程です。

ただし、夏でも昼と夜の寒暖の差は激しく、朝晩は冬並みに寒くなる日が多いです。夏だからといって夏服しか持っていなかったら痛い目に遭う可能性が高いでしょう。

 

夏のニュージーランドお勧めの服装は?

 

さて、いよいよ本題に入ります。

夏のニュージーランドは日本に比べて涼しい事は分かったのですが、実際どのような格好・服装がベストなのでしょうか。

僕がニュージーランドの夏を過ごして出した結論は、上は長袖Tシャツで下は綿パン(長ズボン)というスタイルがお勧めです。

えっ!?夏だから半袖半ズボンじゃないの?女子だったらワンピースやショートパンツとかじゃダメなの!?

と疑問に思う方もいるでしょう。なぜ、夏なのに長袖・長ズボンなのか。

理由は以下の2つ。

  • 思った以上に涼しく、たまに肌寒く感じる時がある
  • 紫外線から身を守るため

 

ニュージーランドは日本の夏では考えられないほど涼しく過ごしやすい気候です。暑くないかと言われたらNOですが、空気が乾燥していて涼しいため、人によってはちょっと肌寒く感じるかもしれません。

ですので、日本人の感覚でいけば長袖の方が快適でしょう。

また、それだけでなくニュージーランドは夏でも1日の中に四季があると言われるほど寒暖の差が激しい気候です。気象条件によっては夏でも一日中肌寒く感じることがあるでしょう

特に南島に行く方は夏でも常に長袖・長ズボンでいる事をお勧めします

僕が2月に南島一周旅行をしていた時は、長袖のヒートテック+半袖Tシャツの重ね着、下はジーンズをはいて過ごしていました。

暑がりの僕ですら旅行中は常にこの格好だったので、もし寒さが心配なら厚手のジャケットや小型軽量のダウンジャケットも用意しておくと良いかもしれません。

また、長袖・長ズボンをお勧めする理由のもう一つがNZの紫外線。知っている方もいるかもしれませんが、ニュージーランドの紫外線量は日本の約7倍です。

ちょっと油断しているとすぐに焼けます。それどころか、紫外線が強すぎて肌に悪影響を及ぼしかねません。特に女性にとって紫外線は天敵なのではないでしょうか。

日焼け止めクリームを塗ればそれなりにガードはできますが、強すぎる紫外線ゆえにこまめに何度も塗り直す必用があります。

そういうのが面倒くさいという方は、最初から肌を隠してしまった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

オシャレ過ぎ&露出のし過ぎに注意!NZでは地味な格好の方が良い理由

最後にもう一つ、服装に関して注意点があります。

ずばり、ニュージーランドでオシャレ過ぎる格好や露出多めの格好はお勧めできません

特に女性に当てはまるのですが、どのような格好か例を挙げると、

  • ヒラヒラ付きのワンピース
  • ミニスカート
  • ショートパンツ
  • 派手な色使いの服

 

などなど。なぜ、このような格好がお勧めできないのでしょうか。

知っている方もいるでしょうが、ニュージーランドは思ったほど治安が良くありません。世界的に見れば安全な方ですが、日本と比較すると圧倒的に日本の方が安全と言えます。

特に女性が気を付けたいのが盗難・強盗と性犯罪。

ニュージーランドでは殺人などの重犯罪率は低いものの、人命に関わらない軽犯罪は非常に多いです。特に多い盗難・強盗の人口あたりの発生率に関しては日本の何と約7倍以上もあります。

もちろん、盗難・強盗では金目の物を狙われるため、いかにもお金持ってそうな格好をしていると格好の標的になってしまいます。

また、性犯罪の発生率も日本に比べて断然高いため、露出が多い格好をしていると狙われやすくなります。特にアジア人は小柄で可愛いため各国から人気がある故、逆の見方をすると狙われる確率がより上がるでしょう。

もちろん、オシャレしたい!夏だから開放的な格好が良い!という気持ちは分かりますが、こういう危険性もあるという事をしっかりと心に刻んで、ほどほどに留めておきましょう。

できれば、上はTシャツ・下はジーンズとシンプルな格好でいる方が無難です。

 

まとめ

以上、ニュージーランドの夏服事情はいかがでしたでしょうか。

どこへ行くにもやはり現地でどのような服装がベストなのか気になりますよね。

ニュージーランドは夏と言えども日本に比べて涼しく快適な気候ですが、寒暖の差が激しいため服装を間違えると体調を崩しかねません。

夏だからといって油断せず、体温調節できるようしっかり防寒具を携帯するようにしましょう。

また、治安の面からも服装には気を遣いたいところ。日本に比べて治安はそれほど良くないため、派手過ぎる格好はなるべく避けましょう。

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする