NZの基本情報

夏のニュージーランドはどんな服装がベスト?注意点は?【12〜2月】

どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokin_nz)です。

夏のニュージーランドは絶好の観光シーズン、外仕事シーズンなので旅行するにもワーホリで仕事を探すにも最適な時期です。

そんな夏のニュージーランドに合わせてワーホリや留学、旅行へ行く方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、初めてニュージーランドへ行く方は現地の夏がどのような気候で、どのような服装がいいのか悩むかもしれません。

そこで、ニュージーランドで夏を2回過ごした僕がオススメする夏の服装、および注意点をまとめてご紹介します。

夏のニュージーランドに行く予定の方、NZに滞在中でこれから初めて夏を迎える方はぜひ参考にしてみてください。

ニュージーランドの夏の気候ってどんな感じ?

早速、ニュージーランドの夏の気候について述べていきます。ニュージーランドの夏は12〜2月と、ちょうど日本と真逆になります。

ところで、日本の夏って死ぬほど暑いですよね。場所によっては40℃を超える猛暑日もあるなど、エアコンが無いと立っていられないほど。

 

しかし、ニュージーランドの夏はちょっと事情が異なります。まず、日本の様に死ぬほど暑いという事はありません。

ニュージーランドで一番暑いのは北島のオークランド周辺ですが、夏のオークランドの平均気温も20℃前後とかなり過ごしやすい気候です。

以下、ニュージーランドの主要都市5か所の平均最高気温、および最低気温を表にしたものです。

 

このように、ニュージーランドは夏でも全体的に過ごしやすい気温であることがわかります。

 

また、気温だけでなく湿度も低いのが特徴。

日本のようなジメッとした蒸し暑さがなく、カラッとしていて過ごしやすいんです

また、空気が乾燥しているので暑苦しさはほとんどなく、夏でもエアコンを付ける必用はほぼありません。洗濯物も室内干しでも半日で乾いてしまう程です。

 

ただし、ニュージーランドは1日の中でも四季があると言われており、夏でも朝晩は冬並みに冷え込むことが多いので注意が必要です。

特に、南島の山間部(クイーンズタウンなど)は日中と朝晩の気温差が大きいので、旅行や短期留学で行く方は夏でも防寒着をお忘れなく。

ニュージーランドの年間の気候(平均気温・降水量など)については下記記事をご覧ください↓

ニュージーランドの気候はどんな感じ?年間気温とオススメの服装まとめどうも、NZ大好きヒロキ(@hirokin_nz)です。 これから旅行や留学、ワーホリなどでニュージーランドへ行くみなさんは、ニュ...

 

夏のニュージーランドでオススメの服装は?

さて、いよいよ本題に入ります。

夏のニュージーランドは日本に比べて涼しい事は分かったのですが、実際どのような格好・服装がベストなのでしょうか。

以下、僕がニュージーランドの夏を過ごして出した結論です↓

NZでオススメの服装(夏)
  • 上:長袖Tシャツ
  • 下:長ズボン

 

えっ!?夏だから半袖半ズボンじゃないの?

女子だったらワンピースやショートパンツとかじゃダメなの!?

 

と疑問に思う方もいるでしょう。

もちろん、ご自分の好きな格好がいいかと思います。

 

でも、僕個人的には夏でも男女関係なく長袖シャツ、長ズボンをオススメします。

その理由は以下の2つ。

  • 思った以上に涼しいので長袖・長ズボンでも平気
  • 紫外線から身を守るため

 

ニュージーランドは日本の夏では考えられないほど涼しく過ごしやすい気候です。ちょうど、日本の春秋の気候に近いかもしれません。

暑くないかと言われたらNOですが、空気が乾燥していて涼しいため、人によってはちょっと肌寒く感じるかもしれません。

 

また、それだけでなくニュージーランドは夏でも1日の中に四季があると言われるほど寒暖の差が激しいことがあります。

特に南島に行く方は夏でも朝晩かなり冷え込むことがあるので注意が必要です。

ちなみに、僕が2月に南島一周旅行をしていた時は、長袖のヒートテック+半袖Tシャツの重ね着、下はジーンズをはいて過ごしていました。

暑がりの僕ですら旅行中は常にこの格好でちょうど良かったので、寒いのが苦手な方は厚手のジャケットや小型軽量のダウンジャケットも用意しておくことをオススメします。

 

また、長袖・長ズボンをお勧めする理由のもう一つがNZの紫外線。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ニュージーランドの紫外線量は日本比にならないほど強烈です。

あるデータでは、紫外線の量は日本の約7倍以上もあるのだとか。

 

それゆえ、ちょっと油断しているとすぐに焼けます。

一応、日焼け止めクリームを塗ればそれなりにガードはできますが、強すぎる紫外線ゆえにこまめに何度も塗り直す必用があります。

常に長袖・長ズボンの格好でいれば、日焼け止めクリームを塗る手間も省けるし、紫外線から見を守ることができるので一石二鳥です。

スポンサーリンク

オシャレ過ぎ&露出のし過ぎに注意!NZでは地味な格好の方が良い理由

最後にもう一つ、服装に関して注意点があります。

ずばり、ニュージーランドでオシャレ過ぎる格好や露出多めの格好はあまりオススメできません

 

特に女性の方は、以下の格好は避けた方が無難です。

NZで避けたい服装(女性)
  • ヒラヒラ付きのワンピース
  • ミニスカート
  • ショートパンツ
  • 派手な色使いの服

 

なぜ、このような格好がオススメできないのでしょうか。

理由はズバリ

  • 盗難・強盗に狙われやすくなる
  • 性犯罪に巻き込まれやすくなる

から。

 

えっ!?ニュージーランドって治安良いんじゃないの?

 

そう疑問に思うのもわかります。ニュージーランドは治安の世界ランキングで毎年トップクラスを誇る国ですからね。

でも、実際のところニュージーランドは日本に比べるとそれほど治安が良いとはいえません。(あくまで、日本と比較した場合)

 

なぜなら、ニュージーランドでは殺人などの重犯罪率は低いものの、盗難・強盗や置き引き、車上荒らしなどの軽犯罪は非常に多いからです。

どれくらい多いかというと、あるデータによると発生率は日本の10倍以上にものぼります。

つまり、確率論的にいうと日本の約10倍も被害に遭いやすいということ。

 

また、性犯罪の発生率も日本の約8倍以上と高いため、露出が多い格好をしていると狙われやすくなります。

特に、体格的に小柄なアジア人女性(日本人女性含む)は狙われやすい傾向にあります。

【2020年最新版】ニュージーランドの治安まとめ!日本より安全?注意すべきポイントは?どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokin_nz)です。 これからニュージーランドへ行く方にとって気になる「治安」。 ニュー...

 

もちろん、オシャレしたい!夏だから開放的な格好が良い!という気持ちは分かりますが、こういう危険性もあるという事をしっかりと心に刻んで、ほどほどに留めておきましょう。

どうしてもオシャレしたい!という女性の方は、アウトドア用のファッションがおすすめです。

アウトドア用ファッションなら動きやすいし、お金持ちそうに見えない(?)ので防犯対策にもなりますし。

詳しくは山ガールファッションを参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、ニュージーランドの夏服事情はいかがでしたでしょうか。

どこへ行くにもやはり現地でどのような服装がベストなのか気になりますよね。

ニュージーランドは夏と言えども日本に比べて涼しく快適な気候ですが、寒暖の差が激しいため服装を間違えると体調を崩しかねません。

夏だからといって油断せず、体温調節できるようしっかり防寒具を携帯するようにしましょう。

また、治安の面からも服装には気を遣いたいところ。日本に比べて治安はそれほど良くないため、派手過ぎる格好はなるべく避けましょう。

冬のニュージーランドはどんな服装がベスト?注意点は?【6〜8月】どうも、NZ大好きヒロキ(@hirokin_nz)です。 冬のニュージーランド(6〜8月)は日本と同じく寒さを感じる季節。 ...
ABOUT ME
ヒロキ
愛知出身の31歳、ブロガー。自身のNZワーホリ経験(1年3ヶ月)をもとに、ニュージーランドのワーホリや旅行に役立つ情報から、日常のどーでもいいことまで色々書いています。趣味は登山、料理、カフェ。詳細なプロフィールはこちら