1/28(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復90,000円〜】
ニュージーランドの基本情報

ニュージーランドの運転事情は?日本との交通ルールの違いや注意点まとめ

これから夏になるニュージーランドは絶好の観光シーズンに入りますが、それに合わせてニュージーランド旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。

そして、旅行する方の中にはレンタカーを使ってニュージーランドを周ろうと考えている方もいるでしょう。

走行車線が日本と同じなので、ドライバーの方には好都合かもしれません。ただ、ニュージーランドの道路は日本と少し事情が異なるので、初めての方はやはり不安に感じる事が多いでしょう。

ということで、今回はニュージーランドで運転する前に知っておきたい現地の運転事情について述べていきます。

これからニュージーランドで運転する機会がある方はぜひチェックしておきましょう。

ニュージーランドで運転するために必用なもの

本題に入る前に、まずはニュージーランドで運転するために必用なものについて述べます。

車を運転するには免許証が必須ですが、国が違うので国際免許証が必用になります。

国際免許証は下の写真の様なハガキサイズの証書で、警察署か運転免許センターで取得できます。

ただし、ニュージーランドを運転する際はこの国際免許証と一緒に日本の運転免許証も所持しなければなりません。どちらか片方しか持っていない場合は運転できないので注意しましょう。

また、国際免許証の有効期限が発行日から1年間なので、取得は計画的に行いましょう。

因みに、ワーホリや留学などで長期滞在する方なら現地の運転免許証を取得してしまうというのも1つの手です。

NZの運転免許証を取得すれば、ID(身分証明書)としても使えるので何かと便利ですよ。

以下、NZの運転免許証の取得方法、および取得する事のメリットをまとめた記事がありますので、よければ参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
ニュージーランドの運転免許証に書き換える方法!現地の免許証はメリットだらけニュージーランドで車を運転する方は国際免許証を取得する事になると思いますが、ワーキングホリデーなど1年以上の長期滞在者にとってあると便利...

 

ニュージーランドの運転事情は日本とどう違う?

それでは本題に入りましょう。

まず、ニュージーランドの道路事情ですが、先にも述べた様に日本と同じ左側走行となっています。運転する感覚的には日本とさほど変わりません。

ただし、ニュージーランドには日本では見かけないような道路標識や交通ルールが存在するなど、細かい運転事情の違いがいくつもあります。

そして一番の違いは、日本ではあまり見かけない「ラウンドアバウト」という交差点があること。

慣れればこちらの方が楽なのですが、NZ初心者の方にとってはかなり厄介かもしれません。運転歴10年の僕でも、始めはかなり戸惑いました(^_^;)

では、ラウンドアバウトとはどのような交差点なのか、次でご紹介します。

 

NZ初心者の難関「ラウンドアバウト」とは?

ラウンドアバウトは通称ドーナツ型交差点と呼ばれ、中央に円形の島があり、その外周が通行路となった信号機の無い交差点です。

よく、駅前なんかにある「ロータリー」に似た感じの道路です。

ラウンドアバウトでの車の流れを示した図がこちら。


出典:Wikipedia

車は円の中心を軸に時計回りに進みます。パっと見、複数そうですよね。

ですが基本的なルールは単純で、

  • 右から来る車が優先
  • ラウンドアバウト内での車線変更禁止(複数車線の場合)
  • 円を出る直前に左ウィンカーを出す

 

これさえ覚えておけば大丈夫でしょう。

ただ、最初のうちはラウンドアバウトに進入するタイミングが分からなくて苦労するかもしれません。

車通りの少ないラウンドアバウトなら良いんですが、街中の車通りの多い場所だと通行するだけでも大変です。

 

コツとしては、「右から来る車が止まるタイミング」or「右から来る車が左折するタイミング」を狙うこと。

例えば、対向車線の車が直進する時、右から来る車は一時停止するため、一定時間は右から車が来ません。

また、右から来る車が左折する場合も同様。進むのはこれらのタイミングがベストでしょう。

また、進む方向を問わず、ラウンドアバウトを出る際は左ウィンカーを出す必用があります。これは、「今から円を出ますよ!」と対向車にアピールするため。

まぁ、ウィンカー出していないからと言って罰則を受けるわけではないですが、安全のためでもあるのでウィンカー出すクセをつけておきましょう。

(右折時はラウンドアバウト進入時に右ウィンカー⇒出るタイミングで左ウィンカーとなります)

 

最初は色々と厄介に感じるラウンドアバウトですが、慣れると信号機交差点よりも断然こちらの方がスムーズに通行できます。

何より信号待ちというストレスを感じなくて済むのが最大のメリットでしょう。

因みに、最近では日本にも導入され始めてきているようですが、全国的にみてもほんの一部の県や地域にしかありません。

もちろん、色々と課題はありますが導入が進めば交通渋滞も緩和されて良いと思うんですがね。

 

ニュージーランドの代表的な道路標識一覧

続いては、ニュージーランドで運転するなら知っておきたい、代表的な道路標識をご紹介します。

日本と似ているものもあれば、全く見たことのない謎の標識まで様々ですので、事前にチェックしておきましょう。

 

まずは、こちらの速度制限の標識。時速10〜100キロまで10段階あり、街や郊外の主要道路には必ずこの標識があります。

 

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:New_Zealand_road_sign_R1-1_(40).svg

 

ただし、町の住宅街に行くとこのような制限速度表示が無い場合が多いです。この場合は基本的に制限速度は時速50kmとなるので覚えておきましょう

 

続いては、郊外でよく見かける、一見謎の標識。これ、一体どんな意味でしょう。


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Belgian_road_sign_C46.svg

 

進入禁止?などと一瞬思ってしまいそうですが、実はこれ「オープンロード」と言う意味で、簡単に言えば「ここから先は時速100kmですよ」ということです。

ニュージーランドの制限速度のマックスは時速100km、つまりオープンロードは制限速度マックス以内であれば時速何キロで走ってもOKだよという事だったんですね。

ただ、このオープンロードがあるのは見通しの悪い山道だったり車通りの少ない田舎道だったりする事が多く、そうなるとどう考えても時速100kmではとても走れないですよね。

たまにオープンロード=時速100kmと勘違いして猛スピードでビュンビュン飛ばす走り屋もいますが、あくまで自分が安全に走行できる速度を保つことを優先しましょう

 

続いては街中でも郊外でもよく見かけるこの標識。


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:New_Zealand_road_sign_R2-2.svg

 

直訳すると「譲れ」という意味。そのままです。

交差点でよく見かける標識ですが、もしこの標識が現れたら速度を落とす、もしくは一時停止して周囲を確認してから通行しましょう。

 

そして、「GIVE WAY」と近い意味の標識がこちら。


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vienna_Convention_road_sign_B2a.svg

 

見たまんま、「止まれ」という意味です。

ただ、「GIVE WAY」と決定的に違うのは、必ず一時停止しなければならないということ。

「GIVE WAY」は速度こそ落とす必用があるものの、周囲に車がいない事が確認できれば一時停止する必用はありません。しかし、「STOP」は問答無用で一時停止しなければなりません。

ここで一時停止無視をして警察に見つかったら150ドルの罰金を食らうことになるので十分注意しましょう。

 

こちらの標識は「進入禁止」。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

 

一方通行の道路なんかによく設置されている標識です。

因みに、一方通行の標識はこちら。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

日本とほぼ一緒ですね。

 

続いては、先に述べたラウンドアバウトの標識。


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:New_Zealand_Sign_Assembly_-_RG-6R_with_RG-6P.svg

 

ラウンドアバウトに差し掛かる前にこの標識が設置されています。

 

続いては、こちらの矢印。


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:New_Zealand_road_sign_R2-8.svg

 

片側通行の道路や橋に設置されている標識で、「進行方向の矢印が大きい方が優先ですよ」という意味です。

上の図だと、自分側が優先になるので、対向車と同じタイミングで片側通行路に差し掛かったら自分が先に行けます。

逆に、進行方向が小さい矢印(赤い方)だった場合は、対向車が優先となります。

片側通行路は基本的に対向車の有無が確認できるような造りになっていますが、たまに対向車が見えないほど離れていたりカーブしていたりするので、自分が優先であっても減速してしっかり確認しましょう。

 

続いては、こちらの矢印。


出典:https://nelsonsigns.co.nz/shop/

「Keep Left」と呼ばれる標識で、左側に寄って走行せよという意味です。よく、道路の中央分離帯に設置されており目にする機会が多いでしょう。

この標識を見かけたら、とりあえず左側に寄っておけば大丈夫です。

 

続いては、街中の無料駐車場でよく見かけるこちらの標識。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

P(パーキング)の下に数字と矢印が表記されていますが、これはそれぞれ「無料で駐車できる時間」と「指定場所の範囲」を表しています。

また、中には「Mon-Fri」のように更に細かい条件が表記されている事もあります。

因みに、パーキングの時間は必ず守りましょう。ニュージーランドは駐車違反に対して非常にキビシー国です。5分くらいいいや、と思い戻ってみたら罰金の貼り紙があったなんて話もよく聞くので。

 

こちらは駐停車禁止のマーク。駐車も一時停車もできません。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

 

日本の駐停車禁止マークと全く同じですね。因みに、NZの駐車だけ禁止はPに斜め線が書かれたマークとなります。

 

続いては、郊外の道路で特に気を付けたいマークを一部紹介しておきます。

まずは、下図のひし形の中に赤い8角形がある謎のマーク。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

 

一体、どんな意味を表しているのでしょうか。

 

その前に、この黄色いひし形の看板には、前方に◯◯があるので注意しましょう!という注意喚起の意味があります。◯◯は看板の中に表記された図のこと。

ところで、先にご紹介した道路標識の中に、この赤い8角形の標識があったのを覚えていますでしょうか。

 

そう、「STOP」の標識ですよね。つまり、この標識は「前方に一時停止があるから注意せよ!」という事を示しているんです。

でも、どうして郊外でこの標識に注意しないといけないのでしょうか。

知っての通り、郊外の制限速度は時速100km。見通しの悪い道路も多いです。

そんな見通しの悪い道路で前方に一時停止がある事に気付かずに時速100kmで突っ込んだら、一時停止線に間に合わず重大事故を引き起こす可能性がありますよね。

こうした事故を未然に防ぐための注意喚起として、この標識は重要な役割を果たしているんです

 

あと、郊外の道路でたまに見かける標識がこちら。


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_New_Zealand

 

中に羊など動物が表記されていますが、これは前方に動物出現の可能性がある!との注意喚起を表しています。

ニュージーランドを運転してみると分かるのですが、郊外の至る所にファーム(牧場)があります。また、自然豊かゆえに野生の動物も多く生息しています。

つまり、運転中にいつ遭遇してもおかしくないのです。

万一、引いてしまった時はしょうがないのですが、恐いのがパニックになりハンドルをむやみに切ってしまうこと。

僕の海外のワーホリ友達が動物を引きそうになり慌ててハンドルを切ったため、大事故を起こしてしまいました。(車は大破したものの奇跡的に軽症で済んだそうです)

ですので、動物注意のマークが現れたら減速して安全運転で行きましょう。

 

 

以上、ニュージーランドの主要な道路標識をご紹介しましたが、これはほんの一部。さらに知りたい方は下記サイト(ウィキペディア)よりチェックしてみて下さい。

>> Road signs in New Zealand

 

また、ニュージーランド政府観光局より観光客向けのドライブインフォメーションも発行されています。僕もワーホリ前に一読して、かなり役立ったのでお勧めです。

>>ニュージーランドのドライブ・インフォメーション

 

運転時の注意点まとめ

最後に、ニュージーランドで運転する際に注意すべきルールをいくつかご紹介します。

特に日本と違うルールをピックアップしましたので、これからニュージーランドで運転する方は要チェックです。

スポンサーリンク

横断歩道は歩行者優先

ニュージーランドでみかける写真のような、横断歩道。

縞模様のポールにオレンジの球が目印で、人の多い街中なんかによく設置されています。

この横断歩道で気を付けなければならないのは歩行者優先であること。

日本だと、信号機のない横断歩道では歩行者が渡ろうとしていてもほとんどの車は止まらないですよね。(何と9割以上が止まらないそうです)

しかし、ニュージーランドでは例外なく歩行者が優先。横断歩道を渡ろうとしている歩行者を見かけたら、必ず歩行帯の前で一時停止しなければなりません

一時停止しないとどうなるか…

 

通報⇒即罰金です。

そのためか、ニュージーランドの横断歩道を渡る際、ほとんどの車がちゃんと止まってくれます。(9割以上止まってくれます…日本と真逆ですねw)

ですので、ニュージーランドを運転される方は十分気をつけましょう。

 

信号が赤でも左折は進んでOK

ニュージーランドの街中に行くと信号機があり、基本的には日本のルールと同じです。

そして、たびたび目にするのが上の写真のような左折専用レーン。実はこの左折専用レーン、進行方向の信号が赤青関係なく左折することができるんです。

僕はニュージーランドに来たての頃、このルールが分からずに左折専用レーンで信号待ちしていたら後ろからクラクションを鳴らされたという経験があります。(よく思い返せば日本にもこんなレーンあったよなww)

ただ、中には信号待ちしないといけない左折レーンもあります。信号待ちしなくても良い左折レーンを見分ける方法は、「GIVE WAY」の標識があるかどうか

左折専用レーンの一時停止前に「GIVE WAY」表示があれば、注意して進めという事なので信号待ちしなくてOKです。

ニュージーランドにはこうしたレーンが多くあるので、左折する際は気を付けましょう。

 

NZの取締まりには十分注意しよう


出典:photoAC

ニュージーランドで運転するなら気を付けたいのが取締まり

ここニュージーランドの取締まりは想像以上に厳しく、その厳しさは世界トップクラスと言われています。

10キロのスピードオーバーで80ドル、ちょっと駐車違反しただけで罰金100ドル、中にはレッカー車で車ごと持っていかれるレベルの国ですww

特にこれから観光シーズンに入ると観光客による事故が多発するためか、いつも以上に取り締まりが厳しくなります。(5キロのスピードオーバーで捕まったワーホリ友達もいる)

日本で一度も切符を切られたことがなかったワーホリ友達でも、ニュージーランドで3回捕まるほど超絶に厳しいので、十分注意しましょう。(僕も駐禁で50ドル罰金を食らいましたw)

あわせて読みたい
ニュージーランドの交通違反の取り締まり方・罰金がえげつなかった話ニュージーランドでスピード違反で捕まった、駐車違反で罰金を食らった... そんな痛い思いをしたワーホリの方も多いのではないでしょう...

 

道路は羊が優先!?

郊外を走っていると、たまにこんな光景に出くわします。

羊の大群が道路を横断しとるww

これもニュージーランドならではの光景なので旅行者にとっては新鮮に感じるでしょう。

ただ、急いでいる人にとっては正直大迷惑でしょうww

しかも羊の大群も数十匹とかいう半端な規模じゃなく、数百匹、なかには数千匹に及ぶことも。そんな大群に出くわしたら…

きっと心の片隅に「この大群を追い払ってやりたい」という誘惑が出てくるかもしれませんww

 

しかし、ニュージーランドでは車ではなく羊が優先なのです。羊が何匹横断しようが、車は羊が横断しきるまで待たなければなりません。

羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹……

 

 

羊にも優しい国、ニュージーランド。羊が横断しようとしていたら、ちゃんと止まってあげましょう。

 

【関連記事】

ニュージーランド人の運転は荒い!?NZを車で一周した僕が感じた運転マナー事情