海外旅行や留学で大活躍!絶対に持っていきたいクレジットカードまとめ

海外旅行や留学、ワーキングホリデーへ行く方にぜひおすすめしたい持ち物の一つにクレジットカードがあります。

でも、実際にクレジットカードを持っていくことでどんなメリットがあるのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードは恐いからあまり使いたくない!

そう思う方もいますよね。

ぼくも最初はクレジットカードを使わない派の人間でしたので(笑)

 

でも、実はクレジットカードは海外でかなり役立つことがわかったのです。

いったいどんなメリットがあるのか。持っていくならどんなカードがおすすめなのか。

カードを作るタイミング、学生の方でも比較的作りやすいカードなども含めて詳しくご紹介していきます。

短期旅行者、学生の方、ワーキングホリデーへ行く方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

海外へ行く前にクレジットカードを作っておくべき理由

結論からいうと、海外旅行や留学、ワーキングホリデーへ行くならクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

特にワーキングホリデーの方はクレジットカードがほぼ必須です。

以下、クレジットカードを作っておくべき理由を述べていきます。

 

海外(欧米諸国)ではクレジットカード払いが主流

アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの欧米諸国ではクレジットカード払いが主流となっています。

ぼくが住んでいたニュージーランドでもカード払いが主流で、中には現金お断りの店もあるくらいです。

現地のニュージーランド人でも、スーパーなどで現金を使っている人はめったにいません。

 

ではなぜ、これほどまでにカード払いが主流なのか。

それは、カード払いの方が安全だからです。

 

欧米では現金を持ち歩くこと自体がリスクという考えがあります。

実際に、ニュージーランドでも現金を狙った強盗やスリなどが多発しています。

レジの支払いで多額の現金を見せびらかして(見られて)しまうと、強盗のターゲットにされてしまう可能性が高いからです。

カードなら盗まれてもすぐに止めることができるため、現金よりもカードの方が安全です。

 

こうした背景から、欧米諸国へ買い物をする時はクレジットカードの利用がおすすめです。

 

ワーキングホリデーのビザ申請料・延長申請料はクレジットカード払い

この記事を読んでいる方の中には、これからワーキングホリデー(ワーホリ)を計画されている方もいると思います。

そしてそのほとんどの方はオーストラリアかカナダ、ニュージーランドへ行かれると思います。

これらの国のワーホリビザ申請は基本的にインターネットからとなります。

 

ビザの申請料の支払いはクレジットカード決済のみとなるため、ワーホリする方はクレジットカードが必要になります。

(ニュージーランドの場合はビザ申請料は無料です)

また、ワーホリビザの延長申請の際もクレジットカードが必要になります。

 

ワーホリビザの申請は出発の1ヶ月以上前までにはしておきたいので、逆算して早めにクレジットカードを作っておきましょう。

 

現地通貨にお得に両替できる

クレジットカードは現金の両替もお得にできることをご存知でしょうか。

空港や街などの両替所の手数料って高ですよね。

例えば、現地の両替所で日本円5万円を両替した場合、手数料だけで3,000〜5,000円も取られます。

10万円の両替なら6,000〜10,000円と、10分の1は手数料で消えてしまうのです。

これって非常にもったいないと思いませんか?

 

それに比べて、クレジットカードのキャッシングなら5万円の両替でかかる手数料はわずか1,000円前後。

両替所よりもだいぶ格安でお得に両替できます。

 

ところで、クレジットカード払いが主流の海外なら現金は必要ないのでは?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

以下、現地通貨が必要な場面を挙げてみました。

 

現金が必要な場面
  • フリーマーケット、ナイトマーケットでの買い物や飲食
  • 市場での生鮮食材(野菜、魚など)の購入
  • イベントなど屋台での飲食
  • シェアハウスの家賃の支払い

 

カード社会のニュージーランドでも意外と現金を使う場面は多かったです。

また、現金はカードが使えない時の緊急時にも役立ちます。

一週間の旅行なら、5万円分のニュージーランドドルがあると安心です。

 

カードによっては海外旅行傷害保険が無料でついている

海外旅行や留学、ワーホリへ行く方は必ず保険に入りましょう、とよく言われますよね。

もし旅行先、留学中に病気やケガをしたら多額の治療費が必要になります。

保険に入っていなかったら数十万円、場合によっては数百万円を実費で払わなければなりません。

 

そんな時にそなえて海外旅行傷害保険には入っておきたいですが、補償内容によっては保険料が高額だったりします。

短期留学で1〜2ヶ月滞在するだけでも4〜6万円とバカになりません。

 

そこで便利なのがクレジットカードの保険です。

クレジットカードによっては年会費が無料なのに有料保険レベルの補償内容が付いていたり、カードを利用していなくても持っているだけで保険料が下りるカードもあります。

補償内容の項目は有料保険の方が充実していますが、今はクレジットカード保険でも十分カバーできるので安心です。

日本出国から90日(約3ヶ月)と期間限定ですが、海外旅行や短期留学の方にとっては十分な補償期間ではないでしょうか。

 

カードを作るタイミングはいつ?

クレジットカードは申請してからお手元に届くまで、だいたい1〜2週間ほどかかります。

中には審査が長引いて1ヶ月近くかかる場合もあります。

特に留学やワーホリを計画している方は、渡航日から逆算して2ヶ月〜1ヶ月前までにはクレジットカードの申請をしておきましょう。

 

渡航日までのクレジットカード入手の流れ
  • 渡航2ヶ月:クレジットカードの申請
  • 〜1ヶ月前まで:クレジットカードの審査、および発行
  • 〜2週間前まで:クレジットカードがお手元に届く
  • 渡航日当日:カードを持っていざ海外へ!

 

海外留学前の学生におすすめのカード

続いてはおすすめのクレジットカードのご紹介に入ります。

まずは学生の方におすすめのカードです。ずばり、以下の2種類がおすすめです。

 

学生の方におすすめのカード

三井住友VISAカード

エポスカード

 

三井住友VISAカードはクレジットカードの中で最も知名度が高く、学生専用のカードも豊富に取り揃えています。

通常、2年目以降は年会費1,250円が必要(条件によって無料化が可能)ですが、学生は在学中無料なのでお得です。

三井住友VISAカードでもいくつか種類がありますが、これから留学する学生さんへのおすすめは海外旅行傷害保険付きの「クラシックカード A」です。

「クラシックカード A」なら90日間の海外旅行傷害保険が付いており、クレジットカードの利用の有無関係なく保険が使えます(自動付帯)。

(クレジットカード決済の有無により、傷害死亡・後遺障害補償の最高補償金額が変わります)

デビュープラスカードというものもありますが、海外旅行傷害保険が付いていないので微妙です。

 

続いておすすめなのがエポスカードです。

あまり馴染みのないエポスカードですが、クレジットカードの無料保険の中ではトップクラスの補償内容です。

クラシックカードA 同様、自動付帯なのでカードを利用しなくても保険が適用されます。

ぼくも海外旅行へ行くたびにエポスカードにはお世話になっています。

学生でも簡単に作ることができるカードなので、海外旅行や留学で持って行って損はないカードです。

 

 

ワーホリや海外旅行前の方におすすめのカード

続いては海外旅行へ行く方や長期滞在がメインのワーホリ向けのカードのご紹介です。

 

ワーホリ、海外旅行者におすすめのカード

エポスカード

Booking.comカード

楽天カード

 

エポスカードはワーホリ、短期旅行者にも共通しておすすめです。

最短で即日発行もできるので、出発までに時間がない、という方でもすぐに入手することができます。

三井住友VISAカードは学生の方にはメリットが大きいカードですが、卒業以降は年会費がかかるので微妙です(条件によっては無料になります)。

 

2つ目のBooking.comカードは旅行でホテルやバックパッカーズ宿を予約する方にとってはお得なカードです。

Booking.comカードは三井住友カード(株)が世界最大手の宿泊予約サイト「Booking.com」と提携して作られたカードです。

世界各国のホテル・バックパッカーズが10%OFFになったり、ポイントの還元率が6%で貯まったポイントは自動でキャッシュバック。

さらに、レンタカーが8%OFFになるなど海外旅行をお得にしてくれる特典が満載です。

年会費は永年無料で、海外旅行傷害保険も「クラシックカード A」レベルの補償内容が自動付帯してくるので作っておいて損はないでしょう。

 

最後の楽天カードはもうみなさんお馴染みですよね。

すでに持っている方も多いのではないでしょうか。

楽天カードの最大のメリットはポイント還元率の高さにあります。

普段のお買い物、携帯の引き落としでも1%のポイントが貯まりますが、楽天市場でのお買い物ならポイント10倍など還元率が半端じゃありません。

貯まったポイントは楽天市場の買い物でも使えますし、Edyなど他の電子マネーにチャージすることもできて便利です。

また楽天カードは、利用付帯ではありますが海外旅行傷害保険も付いているので安心です。

 

実は上で紹介した3枚を使いこなせば、海外旅行では最強の組み合わせになりますよ。

おすすめカードの使いこなし術
  • 飛行機チケットの購入、カードでの買い物は楽天カード貯まったポイントで旅行用品を購入
  • ホテル、バックパッカーズの宿泊費支払いはBooking.comカードキャッシュバックによりお得に宿泊
  • キャッシング用、海外旅行保険ならエポスカードお得に外貨両替できる、補償内容が最高レベル

 

海外旅行傷害保険付きのクレジットカードは2枚以上持っておく

もし、一般的な保険に入らずにクレジットカード保険のみで海外に行くなら、保険付きクレジットカードは少なくとも2枚以上は作っておきましょう。

保険付きクレジットカードは手元になければ保険を使えません。

もしものことが起きたタイミングでカードが紛失してしまったら保険が使えないので意味がありません。

 

このような事態にも備えて、保険付きクレジットカードは2枚以上用意し、それぞれ別の場所に保管しましょう。

 

国際ブランドはVISAとMastercardの組み合わせが最強

VISA、Mastercard、JCBなどクレジットカードにもさまざまな国際ブランドがありますよね。

ただ、国によっては使えないブランドもあります。

どのブランドが最も強いかといわれたら、「VISA」「Mastercard」です。

 

上記2種ブランドなら基本的にどこの国に行っても使えます。

ニュージーランドでもVISAかMastercardが主流です。

 

なので、もしカードを作るならVISA+Mastercardの組み合わせで作っておくことをおすすめします。

国際ブランドのおすすめの組み合わせ

■VISA(エポスカード+Mastercard(楽天カード

 

18歳未満の学生さんはプリペイドカードがおすすめ

海外旅行や留学で便利なクレジットカードですが、残念ながら18歳以上という年齢制限があります。

中学生や高校生など18歳未満の学生さんは基本的にクレジットカードは作ることができません。

そこで、中高生におすすめなのがプリペイドカードです。

 

プリペイドカードは日本で事前にチャージした分の金額をクレジットカード感覚で使えるカードです。

(VISAデビットカードのようなイメージです)

年齢制限もゆるく、審査も必要ないので未成年の方でもカンタンに作ることができます。

 

VISAとMastercardの2ブランドがあり、それぞれのブランドが使える店で買い物や飲食ができます。

ニュージーランドでもそうでしたが、海外の都市部はあまり治安が良くないので現金での買い物はリスクをともないます。

安全面を考えるならプリペイドカードの利用が望ましいです。

 

以下、代表的なプリペイドカードを3種類ご紹介します。

それぞれVISA、Mastercardと使えるブランドが異なるので、この中からVISA+Mastercardの組み合わせになるよう2枚作っておくと良いですよ。

おすすめのプリペイドカード

キャッシュパスポート:Mastercard(年齢制限なし)

MoneyT Global:VISA(年齢制限なし)

マネパカード:Mastercard(15歳以上)

 

もちろん、18歳以上の方でも予備のためにプリペイドカードを作っておくのもアリですよ。

実際に、クレジットカードの予備としてプリペイドカードを作っていくワーホリや留学生の方も少なからずいました。

プリペイドカードの詳しいメリット・デメリットは下記記事をご覧ください。

 

まとめ

以上、ここまで海外旅行や留学、ワーホリの方におすすめのクレジットカードをご紹介しました。

クレジットカードを選ぶポイントや作るタイミングなどをまとめると、

 

  • 海外旅行傷害保険が付いているか
  • 年会費は永年無料
  • カードを申請するタイミングは出国2ヶ月前がベスト
  • 保険付きカードは少なくとも2枚以上持つ
  • VISA+Mastercardの組み合わせが最強
  • 18歳未満の中高生はプリペイドカードがおすすめ

 

以上です。

海外では何かと便利で役に立つので、これから旅行や留学、ワーホリを計画している方は早めに作っておきましょう。

スポンサーリンク