海外滞在中に日本から送ってもらって嬉しいもの・いらないもの

ワーホリや留学で海外生活が長くなると、日本食や日本の製品が恋しくなる方も少なくないはず。

ぼくもまさにそうで、あまりの日本食品や製品欲しさに実家にいる親に頼んで送ってもらったくらいです。

ワーホリ中にかれこれ4〜5回は日本から差し入れを送ってもらいました(笑)

 

その経験から、ニュージーランドに長期滞在中に日本から送ってもらって嬉しいもの、逆に必要のないものをご紹介します。

海外に留学中、もしくはワーホリ中の子へ荷物を送る方は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

日本から送ってもらって嬉しかったもの

まず最初に、送ってもらえて率直に嬉しかったもの、またもらえたら嬉しいと思うものをリストアップしてみました。

たぶん、挙げだしたらキリがないので、9個までにとどめておきます。

 

日本から送ってもらえると嬉しいモノ
  • カレーの素&シチューの素
  • お吸い物
  • 日本のお菓子
  • 鶏ガラスープ
  • 頭痛薬
  • サランラップ
  • 体重計
  • 日焼け止め
  • 日用品(歯ブラシ、下着類の補充など)

 

カレーの素&シチューの素

ワーホリ中に最も使った食材の一つ。

ただでさえ自炊が大キライなぼくですから、いちいち日々の食事メニューを考えたくありませんでした。

そこで、馴染みがあってチョー簡単に作れるカレーが大活躍。

これがないと生きていけないくらい、ほぼ毎日カレーやシチュー三昧でしたww

 

カレーの素はニュージーランドのスーパーにも売っているけど、高い!日本の2〜3倍はする。

なので、日本からまとめてカレールーを送ってもらっていました。

シチュールーはオークランド行かないと手に入らないので、貴重でしたね。

 

お吸い物

ニュージーランド滞在中、地味にお吸い物にハマっていましたww

きっと日本のダシの味が恋しかったんでしょうね。

これもオークランドでしか手に入らなかったので、送ってもらえて助かっていました。

 

日本のお菓子

ニュージーランドのお菓子も美味しいんですが、ニュージーランドってお菓子のレパートリー少なすぎww

クッキーかチョコレートしかないのか!ってくらい(笑)

しばらくすると日本のお菓子が恋しくなってくるんですね。

なぜかキットカット、きのこの山、ぬれ煎餅が異常に食べたかったです(笑)

 

鶏ガラスープ

自炊で活躍した調味料の一つが鶏ガラスープ。

チキンスープからチャーハンまで、中華系料理が食べたい時に重宝しました。

それも普通の鶏ガラスープじゃなくて、化学調味料無添加のやつ。

無添加とかどうでもよく、ただ味が大好きでした。

 

 

頭痛薬

ぼくは頭痛持ちなので、たまに頭痛薬が必要でした。

ニュージーランドの頭痛薬は怖かったので、日本で使い慣れているものを送ってもらうことに。

市販の頭痛薬なら国際郵便でも問題なく送れていました。

ちなみに、ぼくが愛用していた頭痛薬です↓

 

 

ぼくには相性抜群の頭痛薬で、全然眠くならないのもうれしい。

生理痛にも良いらしいです。

 

サランラップ

ニュージーランドのサランラップは品質がオワっているので・・・ww

日本のサランラップは神です(笑)

仕事用の昼飯として、おにぎりやサンドイッチを包んで持っていく時に重宝していました。

 

体重計

ニュージーランドの家庭にはなぜか体重計がない。

あっても壊れていたり・・・

ニュージーランド人は体重とか気にしないのか、それとも現実逃避であえて買わないのか(笑)

わかりませんが、体重計がないと自分の健康管理ができないので不便でした。

ニュージーランドで買うと高いので、日本の格安&コンパクトな体重計を送ってもらいました。

海外行くと太るってよく言われていたので、帰国してショックを受けるよりは日々体重計ってこまめにショックを受けた方がましですww

 

 

日焼け止め

ニュージーランドってオゾンホールの影響で紫外線がめちゃくちゃ強い。

日本の7〜8倍?正確なことは分かりませんが、体感的に無防備な状態で30分外にいるだけで真っ赤に焼けます。

なので、日焼け止めクリームが必須ですが、塗ってもすぐに効力なくなるので何度も塗らないと意味ないんですね。

ぶっちゃけ面倒くさいww

クリーム塗る時に手のひらがベダベタになるのが嫌でした。

そこで、リップタイプの日焼け止めを送ってもらうことに。

思った以上にコンパクトで便利な代物でした。

 

 

日用品(歯ブラシ、下着類の補充など)

ついでに日用品も送ってもらいました。

歯ブラシは断然日本のものが良い。

ニュージーランドの歯ブラシはデカすぎて磨きづらいです。

また、パンツや靴下などの下着類はずっと使っていると消耗してきます。

ニュージーランドでも買えるんですが、サイズが微妙で・・・。

やっぱり日本人には日本製のものがしっくりきます。

 

あと、女性の方なら生理用品とか。

日本製の生理用品の方が品質が良くて安いので、多くの女性ワーホリメーカーはまとめて持っていくか、日本から送ってもらっていました。

 

必要ないもの・送らない方が良いもの

送ってもらってうれしいものがある一方、中にはいらないものもあります。

国際郵便上、送らない方が良いものもあります。それがこちら↓

 

必要のないもの・送ってもらっても困るもの
  • 高価な電化製品
  • 書籍
  • 歯磨き粉
  • 盛大な誕生日プレゼント

 

高価な電化製品

ニュージーランドで電化製品を買うと高いので、日本から送って欲しい気持ちはわかります。

親御さんとしても送ってあげたいかもしれません。

 

だがしかし、高価な電化製品には関税という落とし穴があります。

詳しくは知りませんが、10万円相当のノートPCを送る場合、300〜400ドルくらいの税金がかかるのではないでしょうか。

それも、厄介なことに関税は受取人が支払わなければなりません。

荷物が税関まで来ているという通知は来るんですが、支払うまで受け取れません。

 

ワーホリ友達が実際に同じ状況に遭っていますが、支払いもわざわざ郵便局(?)かどっかに行かなければならないので面倒。

受け取る側としてはデメリットしかないので、それなら現地でノートPCを買えるだけのお金をもらった方がうれしいです。

 

書籍

頼まれたなら別ですが、頼んでもいないのに書籍が送られてきたら厄介。

書籍は読み終わった時点で荷物以外の何者でもありませんからね。

今はKindleなど電子書籍があるので、読みたい本があれば本人の意思でダウンロードするはずです。

 

歯磨き粉

歯ブラシが必要だと、ついセットで送ってあげたくなる歯磨き粉。

歯ブラシは日本製のものが良いですが、歯磨き粉は必ずしも日本のものでなくても大丈夫。

ニュージーランドにも歯磨き粉は売っていますし、なんならマヌカハニーのプロポリス歯磨き粉も売っています。

ぼくはニュージーランドの歯磨き粉の方が断然好きでした。

 

盛大な誕生日プレゼント

ワーホリ友達の中に、誕生日だからと、日本から盛大なプレゼントを送ってもらった人がいます。

もらったのはなんと、シルクのパジャマ(笑)

ものすごく高価なもので気持ちは嬉しかったそうですが、ワーホリで使うに使いづらいと困っていました。

ワーホリや留学している人には実用的なプレゼントの方がはるかに喜ばれます(笑)

 

基本的に送って欲しいものだけ送ってもらえれば十分

以上、いろいろとリストアップしてみましたが、今まで挙げてきたのはあくまで、ぼくがもらって嬉しかったものです。

欲しいものは人それぞれ。

荷物を送る方は、基本的に本人が欲しいものだけを送れば大丈夫です。

ワーホリ友達の一人の親は、ついつい気を利かせて、アレもコレもと追加で送ってくれたそうですが、本人はちょっと困っていました。

もし気を利かせて追加で送ってあげるとするなら、お菓子など消費できるものが好ましいです。

お菓子ならみんなで分け合うことができますし。

ホームステイ先やシェアハウスのメンバーとコミュニケーションするきっかけにもなります。

 

日本から荷物を送る際に注意すべきこと

日本からニュージーランドへ荷物を送る際に気をつけるべきことが2つあります。

ずばり、こちら。

  • 持ち込み可能かどうか
  • 関税

 

ニュージーランドは持ち込みにとても厳しい国。

特に食料を送る時は注意が必要です。

持ち込み禁止品目で代表的なものは、カップラーメン、レトルトカレー、ナッツ類などがあります。

ニュージーランドの入国審査ってどんな感じ?持ち込み検査が厳しいって本当?

 

また、関税にも注意が必要。

先ほども述べましたが、電化製品など高価なものには所定の関税がかかります。

値段関係なく、物品の種類によっても異なります。

詳しい税率は複雑なので分かりませんが、関税払ったことのある友達いわくかなり高額だそうです。

関税だけで数百ドル、ものによっては1,000ドル超えもありえます。

しかも、関税は受取人が現地で支払わないと受け取ることができないので、相手への負担はかなり大きくなります。

物品を送るなら、日本円で1万円以内が無難です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

日本からニュージーランドへ荷物を送る方法と注意すべきこと

 

まとめ

以上、ぼくがニュージーランド滞在中に送ってもらってうれしいもの、いらないものをご紹介しました。

欲しいものは人それぞれなので、一概にコレがおすすめというものはありません。

一つ言えることは、荷物は頼まれたものだけ送れば大丈夫だということ。

気を利かせすぎてクマの置物とかもらっても全然うれしくないですからww

まぁ、食べられるお菓子ならどれだけもらってもうれしいかもしれません。

食べ切れなければ友達に配れるので。

留学、ワーホリ中の息子や娘、友達、恋人に荷物を頼まれている方は参考にしてみてください。

 

【関連記事】

ニュージーランドで生活していると食べたくなる日本の食材10選

スポンサーリンク