5/27(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復79,000円〜】
アイテム・便利グッズ

海外旅行でノートPCは持っていくべき?必要性とおすすめモデルは?

海外旅行への持ち物としてパソコンを持っていくべきかどうか、悩む方も多いのではないでしょうか。

必要そうで必要ない、でも必要・・・

どっちやねん!笑

 

そこで本記事では海外旅行でパソコン(ノートPC)を持っていくべきかどうか、具体的なメリットやデメリットを挙げてその必要性を検証していきます。

また、持っていく方におすすめのノートPCもご紹介します。

海外旅行、または留学などでパソコンを持っていくかどうか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

海外旅行にパソコンを持っていくメリット・デメリットは?

ここではずばり、海外旅行でパソコンを持っていく場合のメリットやデメリットをご紹介します。

ぼくのニュージーランド滞在経験を踏まえて、持っていくことで得られるメリットやデメリットを挙げてみました。

 

メリット

写真・動画のデータをバックアップできる

海外旅行へ行くなら、その思い出をカタチにするためにカメラを持っていく方も多いのではないでしょうか。

たくさん遊んでたくさん写真を撮って、帰国したら家族や友達に見せてあげたいもの。

 

でも、一つだけ心配なのが写真・動画データが消えてしまうこと。

カメラは精密機械なので、環境によっては突然データが飛んでしまう、なんてこともありえます。

さらに恐ろしいのは盗難によるデータの紛失です。

海外旅行ではいつ何時盗難に遭うか分かりません。カメラだけでなく、スマホも同様です。

故障や盗難によって失われたデータはどれだけ頑張っても戻ってこないでしょう。

 

こんな時、パソコンにこまめにバックアップしておけば大切な思い出を守ることができるので安心です。

 

動画像の編集がその場でできる

パソコンは動画像の編集がしやすいのも特徴です。

その日に撮った写真・動画をすぐ編集して、インスタグラムやFacebookなどにすぐ投稿できるので便利です。

写真だけの編集ならスマートフォンでも可能ですが、動画の場合はパソコンの方が編集しやすいでしょう。

また、日本にいる家族や友達にリアルタイムで編集した写真を送りたい時にもパソコンが活躍します。

 

宿やツアーの予約・変更がカンタンにできる

個人ツアーで海外旅行をしている方は、現地で宿やツアーの予約・変更をするかもしれません。

そんな時はパソコンがあるとスムーズに予約、手続きができます。

 

スマートフォンでも不可能ではありませんが、画面が小さくタブの管理が面倒です。

例えば、ツアー内容や料金を比較したい時はタブをたくさん開くと思いますが、パソコンならワンクリックでタブの切り替えができるので便利です。

また、これはぼくの感覚ですが、予約の際に個人情報やクレジットカード情報を打ち込む際も、スマートフォンよりパソコンの方が圧倒的に楽です。

 

映画を大画面で観ることができる

パソコンの大画面を活かして映画を観ることもできます。

ホテルでくつろいでいる時、雨天でやることがなくなった時などは自分の好きな映画が観れたら良いですよね。

ぼくはよくノートPCでAmazonプライムビデオの映画を観ていました。

 

英会話の勉強もできる

英語圏の国に行く方なら、パソコンを活かして英会話の勉強もできますよ。

例えば、アルクの通信講座DMM英会話など、今はオンラインで英会話の練習ができるサービスが整っています。

英語力を向上させたい方は、旅行中のスキマ時間も使えば相乗効果でより早く結果が出るでしょう。

会社でのTOEICのスコアをアップさせたい方や、留学で英語力をアップさせたい方はパソコンがあると便利かもしれません。

 

デメリット

持ち運びが大変

パソコンを持っていく最大のデメリットは持ち運びの大変さでしょう。

ノートPCとはいえ、アダプターも含めるとけっこう嵩張ります。

少しでも荷物を減らして身軽に行動したい、という方にはパソコンの持参は向かないかもしれません。

逆に、ノートPCでもモデルを選べばかなりコンパクトにおさめられるので、どのパソコンを持っていくかにもよるでしょう。

 

パソコンの管理が面倒

パソコンは持っていくだけでなく、管理も大変です。

特に海外では盗難に遭うリスクがあるので、持ち運びの際は常にパソコンの心配をしなければなりません。

パソコンの心配ばかりで気が気でない、という方は持っていかない方がストレスフリーでいられます。

 

タブレットはパソコン代わりになるのか?

パソコンって荷物になるし、値段も高いので持っていくのをためらう方もいるかもしれません。

そこで、パソコンの代用としてタブレットを持って行けば良いんじゃないか?と思う方もいますよね。

結論からいうと、一部の機能ならパソコンの代用にはなりますが、あまり期待はできません。

つまり、パソコンとしての機能を求めるならタブレットはおすすめできません。

 

そもそもタブレットはいろんな点でパソコンとは異なります。

  • PCサイトとタブレット用サイトでは表示方法が違う
  • タブレットは画面タッチ式キーボードなので入力に時間がかかる
  • タブレットでのコピー&ペーストは画面タッチ
  • タブレットはUSBポートが付いていないモデルが多い

 

タブレットは、どちらかと言えばウェブの閲覧や映画の視聴、電子書籍の購読などの用途が向いています。

外部メモリのデータの管理はパソコンの方がしやすいでしょう。

 

ただ、機種によってはUSBポートが付いているタブレットもあるので、動画・写真のデータの管理をメインに行うのであればタブレットでも十分かもしれません。

文字入力がメインの方、動画の編集、WordやExcelを使った作業も考えている、という方はタブレットでは厳しいのでパソコンが必要になります。

 

旅行用のノートPCの選び方

軽量・コンパクトであるか

旅先での使用を考えた上で最も重要な項目が軽量・コンパクトであるかどうかです。

画面が大きいほうが良い、からといって15インチの2kg以上あるノートPCを持っていったら、持ち運びに苦労することになります。

ぼくがワーホリ中に出会った一人に15インチの3kg近いノートPCを持ってきた男性がいますが、あまりに重すぎて途中で他の人にあげたといいます(笑)

 

重すぎるパソコンはあなたの旅を苦痛にしてしまうので、極力軽くてコンパクトのモノを選びましょう。

目安としては重量が1.5kg以内で、画面サイズは13インチ以内が最適です。

 

バッテリーの持ちは良いか

軽量・コンパクトだけでなく、バッテリーの持ちの良さも重要です。

バッテリーの持ちが良いことのメリットとして、

  • いつ、どこにいても長時間パソコンが使える
  • 動画の編集などバッテリー消費の激しい作業でも安心

 

などです。

パソコンで作業するのはホテルの部屋内だけとは限りません。

カフェなどで空いた時間にデータのバックアップや動画像の編集をするかもしれません。

いつ、どこでも長時間パソコンが使える条件で選ぶなら、バッテリーの性能の良さは必須条件です。

 

ROM容量は十分にあるか

ROMはパソコン内に保存できるデータ容量のこと。

データのバックアップを考えるなら、なるべく容量が多いに越したことはありません。

 

では、どれくらいの容量があれば十分なのか。

ぼくの感覚では256GBもあれば十分です。長期滞在の方や1日に写真を1,000枚以上撮る方は512GBあると安心でしょう。

とはいうものの、ROM容量が多ければ多いほど値段が高くなるので、ここは財布と要相談です。

 

耐衝撃性はあるか

大切なデータを保管するノートPCですから、ちょっとやそっとの衝撃ですぐに壊れるようでは意味がありません。

旅行中は常にパソコンを持ち歩くことになりますので、いつどんな衝撃が加わるか分かりませんよね。

ということで、耐衝撃性の高い、壊れにくいノートPCを選ぶようにしましょう。

 

ノートPCの予算の目安は?

ノートPCといっても、機種やスペック、ROM容量によって値段はさまざまです。

旅行用だけでなく、仕事の出張や留学など、今後も使い続けることを考えて、どれくらいの予算をみれば良いのでしょうか。

 

これまで述べた条件をすべて満たす場合、安くても10万円前後がひとつの目安となります。

ちょっと高く感じるかもしれませんが、軽量・コンパクト性、バッテリーの持ち、耐衝撃性を考えれば妥当な金額です。

もし、将来的にメインのノートPCとして使いたいとお考えならば、15〜20万円出しても良いのかな、と思っています。

 

パソコンは大きな買い物ではありますが、安く買って失敗するよりは高くても高品質なノートPCを長く使い続ける方が結果的に安く済むと考えています。

 

海外旅行でおすすめのノートPC5選

Macbook シリーズ

 

海外旅行に持っていくノートPCでぼくが最もおすすめなのがMacbookシリーズです。

携帯性、バッテリー、使いやすさなどがピカイチで、一度買ったら末永く使いたくなるようなデザイン性の高さもポイントです。

MacbookシリーズでもMacbook Air、Macbook、Macbook Proなどいくつかありますが、海外旅行に最も適しているモデルは Macbookの12インチモデルです。

 

12インチで本体はわずか920gと小型軽量でありながら、3,840 x 2,160ピクセルと化け物レベルの高解像度ディスプレイを搭載。

最大10時間駆動するバッテリー256GBのSSDストレージ容量で申し分のないスペックです。

USB-Cポートは一つしかなく拡張性は劣りますが、それを除いても十分魅力のあるモデルです。

拡張性を重視する場合はMacbook Airがおすすめです。

 

Panasonic レッツノート

 

ビジネスマンの間で根強い人気のあるモデルがPanasonicのレッツノートです。

Windowsの小型軽量ノートPCといえばレッツノートでしょ、といわれるほど。

レッツノートの最大の目玉は耐衝撃性の高さです。

さまざまな落下・衝撃実験を繰り返し、業界一の揺るぎない頑丈さを実現。

100kgの圧力にも耐えられるほど強靭なボディは、どんな過酷な状況でもPC内の大切なデータを守ってくれます。

 

新品で購入すると20万円前後とビックリするほど高額ですが、それでも入荷待ちになるほど売れている人気ノートPC。

もし安く手に入れるなら中古での購入がおすすめです。

 

ASUS ZenBook 3

 

軽量で薄型、画面は12.5インチなのにわずか910gと持ち運びのしやすいASUS(エイスース)のZenBook 3。

薄いのでカバンにいれても違和感がなく、オシャレに持ち運びができます。

バッテリー駆動時間も8.7時間と、外出時にも活躍してくれそうです。

 

RAMメモリ8GB、SSDストレージ容量も256GBと、全体的にハイスペックながらも値段は10万円を切るのでとてもコスパの良いモデルといえます。

処理速度も早いので、ネットだけでなく動画編集などでストレスを感じることも少ないでしょう。

 

HP(ヒューレット・パッカード) EliteBook Folio G1

 

HP(ヒューレット・パッカード)のこちらのモデル、画面12.5インチ、8GB、SSD容量256GBとハイスペックながらデザインの美しいノートPCです。

重量もわずか970gで12mmという薄さ、そしてフルフラットに開閉できるディスプレイが用途を広めてくれるでしょう。

さらに、搭載されているスピーカーは音質の高いBang & Olufsen製スピーカーキーボードは防滴仕様になっているなどクオリティの高さに驚かされます。

そんな魅力的なスペック、デザインを持ちながら価格は10万円を切るのでASUS同様に非常にコスパの良いモデルです。

 

東芝(TOSHIBA) dynabook VZ82/D

 

今まで挙げたノートPCの中でもトップクラスのスペックを持つ、東芝(TOSHIBA)のdynabook V82/D。

12.5インチディスプレイ、1,920×1,080ピクセルの解像度、メモリ16GB、SSD512GBとハイスペックながらに、バッテリー駆動時間は最大17時間と驚異的な長さです。

重量も1.1kgと軽量で持ち運びには最適のノートPC。

価格が18万円前後と高額なのがネックですが、スペック面とバッテリーの持ちを考えると納得の金額といえます。

タッチパネルも搭載なのでさまざまな用途で利用できます。

 

スポンサーリンク

ノートPCを機内に持ち込む際の注意点

空港で荷物を預ける際に、ノートPCをスーツケースの中に入れて預けるか、それとも手荷物として機内に持ち込むか悩むかもしれません。

基本的にはどちらも可能ですが、可能な限り手荷物として機内に持ち込むことをおすすめします。

以下、それぞれノートPCを預ける場合と、機内に持ち込む場合の注意点の中でその理由を述べていきます。

 

スーツケースに預け入れる場合

機内に持ち込む手荷物を極力減らして身軽に行動したい、という方はノートPCをスーツケースに預けることになるかもしれません。

ただ、注意点が2つあります。

1つ目は、スーツケースに預けたノートPCの故障は補償対象外であることです。

みなさんご存知かもしれませんが、海外の航空会社の荷物の扱いはかなり雑です。

 

 

動画をみてもわかりますが、完全に放り投げていますよね(笑)

こんな風に投げられたら中身が無事である補償はありません。

もし、ノートPCを預けるのであれば頑丈なスーツケースを購入するか、耐衝撃用のケースに入れて頑丈に保護しておきましょう。

海外旅行・留学に最適なスーツケースの選び方!サイズやおすすめブランドは?

 

そして、もう一つの注意点が盗難です。

 

え、預けた後に盗難なんてあるの?

と思うかもしれませんが、実際に空港の職員がスーツケース内の貴重品を盗んだ、なんていう事例もあります。

海外に行けば空港の職員ですら信用できないことも多々あります。

 

こうした理由から、ノートPCなどの貴重品はできるだけ手荷物として機内に持ち込むことをおすすめします。

 

手荷物として機内に持ち込む場合

手荷物として機内にノートPCを持ち込む場合、X線荷物検査を通すことになります。

この荷物検査を通す際は、いったんカバンからノートPCを出して、カバンとは別にノートPC単体でX線を通す必要があります。

なぜ、ノートPCだけ単体でX線を通すのでしょうか。

 

これは、ノートPC内部に爆発物や薬物が隠されているのを発見しやすくするためです。

過去にそういう事例があったため、セキュリティの強化から世界的に実施されるようになりました。

 

もし、カバンにノートPCを入れっぱなしの場合は、再度中身を出してチェックされます。

ノートPCは事前に出して用意しておきましょう。

 

機内持ち込みサイズのスーツケースの場合はノートPCをいちいち取り出すのが面倒かもしれません。

そんな時は、ノートPCをすぐに取り出せるスーツケースを持っておくと便利ですよ。

↓こんな感じの、リュックにもなる2wayキャリーバッグが使いやすいです。

【まとめ】海外旅行でのノートPCの必要性について

海外旅行でのノートPCの必要性について、一通りおさらいすると、

  • ノートPCは必要ではないが、あると便利
  • 写真や動画のバックアップを随時できる
  • 撮った写真や動画をその日のうちに編集してSNSに投稿できる
  • 宿やツアーの予約・変更時に便利
  • ノートPCで気をつけるべき点は盗難と故障

 

以上です。

海外旅行でも特に1週間以上の長期で行く方や、留学中の旅行者はノートPCがあると良いかもしれません。

そして、ノートPCを持っていくなら、なるべく薄型・軽量でバッテリー駆動時間の長いものがおすすめです。

本記事を参考に、あなたに合ったノートPCを探してみてくださいね。

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選

【ニュージーランド航空のセール情報!】

2019年5月27日まで、ニュージーランド航空のセール実施中!

対象期間は2019年5月31日〜10月31日の出発便で、東京・大阪発の往復航空券が最安値79,000円より。

対象期間中にニュージーランドへ行く方はお見逃しなく!

>>ニュージーランド航空のセール情報をチェックする