9/2(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復89,000円〜】
WiFi・SIMカード

NZのプリペイドsimならSkinnyがお勧め!設定方法を詳しく解説!

ニュージーランドへ留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)に行く方は特に必要となる携帯電話。前回の記事ではプリペイドsimをおすすめする理由と、おすすめの携帯会社をご紹介しました。

 

そこで紹介したニュージーランドでおすすめの業者がSkinny。価格も安く回線も安定しているためコスパが良く、旅行者やワーホリメーカーの間では結構人気があります。僕自身もSkinnyを使っているので、その使い心地の良さは身に染みる程実感しています。

 

本記事では、そのSkinnyのsimカード購入後の設定方法を詳しく解説していきます。

Skinnyのsimカードの設定方法

simカードを挿入する

simカードを購入したら、まずはsimカードをスマートフォンに挿入して下さい。このsimはサイズに応じて切り取ることができます。もちろん、nano simにも対応しています。

 

また、自分の電話番号は裏面に記載されています。

 

アクティベートする

次にsimカードのアクティベートを行います。simカードを入れた状態で、456 にダイヤルしてください。自動音声で勝手にアクティベートされます。また、オンラインでアクティベートすることも可能です。

 

トップアップ(Top Up)する

アクティベートが終わったら、トップアップをします。トップアップは、The Warehouseやスーパーマーケットで写真上の「Voucher」を購入し、レジでもらったレシートに記載されているコードをネット上のTop Upのページに入力することで完了します。トップアップはクレジットカードで行うこともでき、5ドルから購入できます。

 

Combo(プリペイドのプラン)に入る

トップアップすればすぐに使えますが、そのまま使うと料金が割高なのですぐに残高がなくなってしまいます。僕の友達は20ドルトップアップしたのに、プランに入るのを忘れてそのまま使っていたら数日で残高がなくなってしまったそうです。

 

そこで、プラン(Combo)への加入を強くおすすめします。月額プランなら最安で9ドルから、週額プランなら最安で4ドルから申し込むことができ、それぞれ通話やテキスト、データ通信を利用できます。プランの詳細はこちらで確認できます。

 

スポンサーリンク

Skinnyの便利なツール

データ容量や通話時間の残りをリアルタイムで確認したい!そんな時に便利なツールが、「Skinny Mobile」というアプリ。スマートフォンから残量が確認でき、プランへの加入やトップアップなどもできてとても便利なアプリです。iPhoneとAndroidの両方で使え、どちらも無料です。

Skinny Mobile
Skinny Mobile

 

①トップアップの残高、データ通信量や通話時間残りの確認

アプリを開くと、画面上部にトップアップの残高、Combo(プラン)の有効期限、下の方には通話時間やデータ容量の残り分が表示されます。更に、各月から繰り越された通話時間やデータ容量の有効期限も見ることができます。リアルタイムで確認できて便利です。

 

 

②トップアップ

このアプリからもトップアップをすることができます。トップアップの方法は上で述べた方法と同じくVoucherかクレジットカードの2種類でできます。

 

③Comboへの加入

アプリのCombos一覧より、自分の好きなプランを選びます。Weekly(1週間)プランもあるので短期で旅行される方はこちらがおすすめです。ただし、トップアップされている金額よりも高額のプランは申し込むことができないので、その場合は十分な金額をトップアップしておきましょう。

 

あとはアクティベートするだけで完了。とても簡単に加入できます。

 

トップページに申し込んだプランの有効期限が表示されます。トップアップ金額が十分にあれば自動で更新されますが、金額が不足していると更新されませんので注意が必要です。

 

まとめ

以上、Skinnyのプリペイドsimの設定からプランの加入方法までを説明しました。ニュージーランドでSkinnyを使おうと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選