1/28(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復90,000円〜】
おすすめ英語教材・アプリ

あの人気アプリ『Real英会話』は本当に効果あるの?3年間使った僕が徹底解説します!

どうも、管理人のヒロキ(@hirokirokki0820です。

今回は、iPhoneユーザーから圧倒的人気の英会話アプリ「Real英会話」をご紹介します。

Real英会話はカナダ人英会話講師のテリー先生がリリースしたアプリで、実際にネイティブがよく使う生きた日常英会話フレーズを学べるようなコンテンツになっています。

 

実は3年前、僕がニュージーランドへワーホリする前にReal英会話をダウンロードし、かれこれ3年ほど使っていますが、今まで使った英会話アプリの中ではトップクラスに使いやすいといえます。

Real英会話は600円の買い切りですが、アプリの質とコンテンツ量は間違いなく600円以上の価値があります。

 

とはいっても、Real英会話が初めての方は600円という金額に多少の抵抗を感じてしまうかもしれませんね。

そこで今回は、Real英会話を3年間使った僕が、

  • Real英会話はどんなアプリなのか
  • Real英会話は本当に効果があるのか
  • どのように使えば良いのか

などを徹底的に解説していきます。

これからReal英会話で学習しようとお考えの方には、きっと役立つ内容のはずです。

 

URL 【iOS】⇒こちら
価格 600円
難易度 初級〜中級

 

Real英会話の口コミと評価まとめ

いきなりですが、まずは僕が実際にReal英会話を使って感じた評価、および利用者の口コミをまとめてご紹介します。

 

【評価】3年間使って感じた学習効果

以下、僕が実際に使ってみて感じたReal英会話の評価です。

ジャンル 日常英会話
リスニング (5)
リーディング (2)
スピーキング (4)
文法・語彙 (3)
コスパ (5)
おすすめ度 (5)

 

英会話を学ぶ目的であれば、文句の付け所のないアプリです。

僕がニュージーランドでワーホリ中の時にもReal英会話を使って勉強していましたが、実際にReal英会話に収録されているフレーズを使うことが幾度となくありました。

例えば、Real英会話で登場するフレーズの中だと、

  • How’s it going?(調子はどう?)
  • How do you spell that?(スペルはどう書きますか?)
  • What do you do?(お仕事は何をしているんですか?)
  • Have a nice day.(よい1日を。)
  • See you next time.(またの機会にね。)
  • After you.(お先にどうぞ)

 

など。

Real英会話は、こうした会話のきっかけをつくるためのフレーズに強いと感じました。

Real英会話の中の「あいさつ系、初対面系」のフレーズを覚えてしまえば、初対面の外国人とも打ち解けやすくなるでしょう。

「目の前に外国人がいるけど、どう話しかけていいのか分からない」という方にはオススメしたいアプリです。

 

ただ、文法・語彙力を鍛えるためのコンテンツとしては弱いと感じています。

あくまでネイティブが使う“短い”フレーズを「そのまま暗記して使えるようにする」ことが目的なので、英文法を体型的に学ぶのであれば別の教材を使うことをオススメします。

 

利用者の口コミ・評判

Real英会話は現状iPhone専用のアプリですので、利用者の口コミはAppStoreの中からご紹介します。

まず、Real英会話の総合評価ですが、以下のように非常に高い評価を得ています。

 

英語アプリの中でも、これほどレビュー数が多く評価も高いアプリは他に見当たりません。

それでは、AppStoreの利用者のレビューをいくつかご紹介していきます。

 

辞書としても
★★★★★(5)

会話という会話をほぼ網羅しているのでは?という程、例文が豊富!
言いたい事を直接検索してもヒットするし、慣れてくると似た文を言い換えれば済むので何でも英語にできます。
画面もシンプルで視覚的に大変優れており、急を要するオンライン英会話学習中にも役立っています。

kuusu

 

Perfect app
★★★★★(5)

今まで何回か海外に語学留学に行ったことがあるが、このアプリにどれだけお世話になったことか。
日本語の参考書には載っていないような、ネイティブ独特の言い回しが多数収録されており、これから海外旅行や留学でネイティブと触れ合うつもりの方にはmustのアプリではないだろうか。

Coercider

 

使う人次第
★★★★★(5)

多機能で、情報が多い。まず率直に素晴らしいアプリです。

逆に情報量が多いため、勉強法は注意が必要。
文法や発音が不十分な人が、このアプリでフレーズを繰り返し聞いて、日本語訳を丸暗記しようとしない事。
日本語訳は参考程度に。

のら♪1

 

ネイティブの会話
★★★★★(5)

日常的に使う会話がフレーズで覚えられるので、すごく使えます!
しかも新しいフレーズが次々に追加されていくので、この値段でこのボリュームは大満足。
一つ一つのフレーズもネイティブっぽい言い回しが学べたり、検索して言いたい事を自然に伝えることができて最高の英会話アプリです。

candy-666

 

これなら続けられるかも!
★★★★★(5)

一つずつ見ていくのは飽きてしまうけど、学習モードでテンポよく進めていけるのがいいです。
ゲーム感覚でどんどん進めていけます。音声チェックもちゃんと発音しないと認識してくれないから意識して練習しています。
音声が全部ダウンロードできるのも良いです。

miffyxoxo

 

以上、利用者の口コミでした。

ネガティブな口コミもありましたが、ほとんどはアプリのバグに関する内容でした。

コンテンツの質、使いやすさの点ではほぼほぼ100点満点といっていいかもしれません。

 

なぜReal英会話はここまで評判がいいのか?

 

AppStoreでReal英会話のランキング(有料アプリ)を見てみたところ、教育部門では1位、全体でも8位という人気ぶりです。(2018年11月現在)

特に、英会話アプリ単体が全体で8位というのはとてもすごいことで、ランキングを見る限りだと英会話アプリの中では頂点といえる存在です。

 

では、なぜReal英会話はここまで人気アプリになったのでしょうか。

僕もアプリ利用経験も踏まえて、理由は以下2つあると考えています。

  • 優れたコンテンツの量・質と圧倒的なコスパの良さ
  • スマホ1台でインプットとアウトプットの両方ができる

 

まず1つ目は、優れたコンテンツの量・質と圧倒的なコスパの良さについて。

後ほど詳しくご紹介しますが、Real英会話にはネイティブがよく使うフレーズが3,000以上収録されています。

さらに、各フレーズに関連する例文が音声付きで収録されているため、例文を絡ませながら効果的にフレーズを覚えることができます。

 

これほど多種多様なフレーズが収録されていて、アプリのお値段はたった600円(しかも買い切り)です。

新しいフレーズの追加やアップデートなども定期的に行われているので、一度購入してしまえば一生モノの財産。

これまでさまざまな英語教材を購入してきた僕から見れば圧倒的にコスパが良いです。

 

2つ目は、スマホ1台でインプットとアウトプットの両方ができること。

ほとんどの英語アプリは「インプット型」の学習が多い印象です。

インプット型では、以下、

  • フレーズを見る・聞く
  • クイズに答える(入力する)

といった英語アプリが多いなか、英会話の上達で本当に必要な「話す」の部分を鍛えられるアプリはそう多くはありません。

 

一方、Real英会話はインプットだけでなく、発音チェックやスピーキングテストなど「アウトプット型」重視のトレーニングもできるのが特徴。

つまり、Real英会話は本当の意味で英語を習得するためのアプリなんです。

だからアプリの名前も「Real英会話(=本当の英会話)」なんでしょうね(笑)

 

Real英会話の主な特徴5つ

 

Real英会話は多機能でボリュームのあるアプリですが、細かく分けると以下の5つの特徴があります。

  1. ネイティブが使うフレーズを3,000以上収録+新フレーズの更新
  2. 全フレーズに会話形式の例文+ネイティブ音声付き
  3. ディクテーション、スピードクイズなど復習トレーニングが充実
  4. 自分の知りたいフレーズをテリー先生に質問できる
  5. オフラインモードで学習できる

 

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

ネイティブが使うフレーズを3,000以上収録+新フレーズの更新

 

Real英会話にはネイティブがよく使うフレーズが3,000以上収録されています。

各フレーズはシチュエーションに応じてカテゴリー分けされており、学びたいシチュエーションのフレーズに絞って学習することも可能です。

レベル別になっているため、自分の英語レベルにあったフレーズを身につけることができます。

 

さらに、定期的に新しいフレーズの追加や機能アップデートなども行われているので、一度購入してしまえば一生モノの財産。

今後はさらにフレーズが追加され、将来的には3,500、4,000と増えていくでしょう。

 

全フレーズに会話形式の例文+ネイティブ音声付き

 

Real英会話のすごいところは、収録されている全フレーズに例文とネイティブ音声が収録されていること。

フレーズは単体で覚えるよりも、例文を噛ませて「実際にどのような場面で使われているか」をイメージしながら覚えた方が断然早く定着します。

 

例文の内容もカジュアルで面白みがあるし、ネイティブ音声も感情の喜怒哀楽が表現されており人間味がある

まさに、本物のネイティブ英会話を学べるコンテンツです。

 

フレーズの再生方法

各フレーズをタップするとフレーズ見出しと例文が表示されます。

下図のように、フレーズ見出しや例文の吹き出しをタップすると各吹き出しのみ再生、空白をタップするとフレーズ見出しと例文が1サイクル再生されます。

 

 

画面右下の自動再生ボタンをタップすると、カテゴリー内の全フレーズ(例文含む)を自動再生します。

自動再生はいろいろと細かな設定が可能です(後ほど、Real英会話を使った勉強法でご紹介します)。

 

各フレーズには日本語・英語の両方が表示されていますが、以下のように「日本語のみ表示」「英語のみ表示」に設定することもできます。

 

 

画面左下の「発音練習」をタップすると、今見ているフレーズの発音チェックをすることができます(発音チェックはSiriを使っているそうです)。

 

 

この発音チェックですが、結構手厳しいです。

フレーズによっては何度発音してもダメ出しされますし(笑)

発音チェックしたら自分の音声データが残るので、見本の音声と比較してみましょう。

 

また、自分の覚えたいフレーズ(色の付いた■)をタップすると、以下のように「お気に入り」に追加することもできます。

 

 

お気に入りに追加しておけば、覚えたいフレーズのみの音声を再生することができますよ。

お気に入り以外にも、自分の好きなグループを別に作ることもできます。

 

 

グループ化すれば、学びたいフレーズの優先順位付けもできるので便利ですね。

 

ディクテーション、スピードクイズなど復習トレーニングが充実

 

Real英会話には学んだフレーズを確実に定着させるための復習トレーニングが用意されています。

復習トレーニングの内容は以下の4つ。

  • リスニング
  • スピーキング
  • ディクテーション
  • スピードクイズ

 

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

リスニング

 

リスニングは出題されるフレーズの音声を聞き取り、正しい意味を3つの選択肢から選ぶというトレーニングです。

出題されるフレーズは、一度学習したフレーズの中から自動で選出されるようになっています。

(基本的には、一度も学習したことのないフレーズは出題されないようになっています)

 

もし選択肢を間違えた場合、正解するまで同じ問題を何度も出題してきます。

間違えたまま終わらせないような仕組みになっているんですね。

 

スピーキング

 

スピーキングは出題されるフレーズの音声を聞き取り、実際に声に出して発音するトレーニングです。

発音の判定はSiriが行うため、結構厳しめです。

(僕も過去、何度やっても正解にならない問題がありましたw)

 

スピーキングも同様、正解するまで同じ問題を何度も出題してきます。

何度も繰り返すことで、お手本のネイティブ発音に近い、ナチュラルな発音が身につくでしょう。

 

ディクテーション

 

ディクテーションは出題されるフレーズの音声を聞き取り、その一部を書き取るトレーニングです。

ディクテーションでは、音声を一字一句まで正確に聞き取る必要があるため、リスニング力の強化にはとても効果的な学習方法といわれています。

 

初級編では書き取る箇所(空白)が少ないですが、中級、上級になるにつれて書き取る箇所も多く、かつ難しい単語も頻出するようになります。

 

スピードクイズ

 

スピードクイズは、クイズ形式で時間内に設問に答えるトレーニングです。

スピードクイズには、

  • 英語→正しい日本語の意味を選択するクイズ
  • 英語の並び替えクイズ
  • 日本語→正しい英文を選択するクイズ

 

の3種類用意されています。

 

リスニング、スピーキング、ディクテーションの各トレーニングを終えた後の、最終仕上げとして取り組むと良いでしょう。

時間制限もあり、ゲーム感覚で楽しめますよ。

 

自分の知りたいフレーズをテリー先生に質問できる

 

自分の知りたいフレーズは、アプリの検索欄から検索することができます。

しかし、もしReal英会話のなかに自分の知りたいフレーズが無い場合、テリー先生に直接質問することができます。

 

アプリトップ画面の「リクエスト」から質問ができます。

早ければ数日ほどで返信が来ますが、今は利用者も増えてなかなか返信が来ないという方もいます。

 

この他、今までにテリー先生に寄せられたリクエストも見ることができます。

タップすれば音声も確認することができるので便利です。(リクエストの英文は全て機械音声です)

 

 

オフラインモードで学習できる

Real英会話には、オフラインモードで学習することもできます。

オフラインモードに設定しておけば、インタネット環境が利用できない場所(航空機内、Wi-Fiがない場所)などでも使うことができます。

特に、航空機内で英会話フレーズの見直し時には役立つはず。

 

オフラインモードの設定を行う前に1つ注意点があります。

オフラインモードを利用するためには、Real英会話の全ての音声データをiPhoneにダウンロードする必要があります。

つまり、ダウンロード時に多大なデータ通信(500〜600MBくらい)を伴うため、設定時はWi-Fi環境で行うことをオススメします。

 

設定は、アプリトップ画面のギアマーク(設定)から「オフラインモード」へ進みます。

 

 

オフラインモードを「ON」の状態にすると、残りの音声をダウンロードするボタンが表示されます。

この「開始」ボタンを押してダウンロードします。

 

 

ダウンロードして作業は完了です。

これでネット環境がなくても、いつでもどこでも学習できます。

 

スポンサーリンク

【初心者向け】Real英会話の効果的な3ステップ学習法

Real英会話には3,000以上と、多種多様のフレーズが収録されています。

一見、たくさん学べそうで良さそうですが、裏を返せば情報量が多すぎて学習に迷いが生じてしまう恐れがあります。

僕もそうでしたが、「全フレーズ覚えなきゃ!」と思いあれもこれも手を出した結果、どれも大して身につかないという事が起こりうるのです。

 

そこでオススメなのが、自分が実際に使いそうなフレーズのみに絞って覚えるという方法です。

例えば、

  • 空港、ホテル、レストランでの会話
  • 外国人と仲良くなるきっかけをつかむ会話
  • 金髪美女を口説くための会話(笑)

 

など、自分が実際にどういう場面で英語を使いたいのかを予め想定し、そこで使う英会話フレーズを中心に覚えてしまうという戦略です。

フレーズはただ闇雲に覚えるよりも、本当に使いそうなフレーズを厳選して覚えた方が定着しやすいです。(僕の経験でもそうでした)

覚えるべき主要フレーズを覚えたら、あとは実践しながら必要に応じて追加で覚えていけば良いのです。

 

さて、「自分が使いそうなフレーズを厳選して覚える」という前提のもとで、Real英会話の効果的な学習方法を3つのステップに分けてご紹介します。

 

ステップ1:Real英会話でインプット学習

まずは自分が実際に使うであろうフレーズをお気に入り登録する

 

Real英会話アプリを開いたら、まずは自分が使いそうなフレーズを洗い出し、お気に入り登録しましょう。

使いそうなフレーズは、英語を使う目的からたどると見つけやすいでしょう。

例えば、あなたがこれからニュージーランドに短期留学するとしたら、どのようなシチュエーションが待っているのかリストアップしてみます。

  • 入国審査
  • ホームステイ
  • 語学学校
  • レストラン、カフェ
  • 観光

 

次に、これらのシチュエーションで必要であろう英会話フレーズをReal英会話内から探します。

どのような会話になるのか、YouTubeなどで実際の会話シーンをチェックしてみるのもアリですよ。

 

自動再生で学習

お気に入り登録を済ませたら、いよいよ学習開始です。

学習内容は至ってシンプル、お気に入りに登録したフレーズを何度も聞いて覚える。

ただそれだけです。

 

「具体的にどのレベルまで暗記すれば良いのか?」

 

ですが、最初はうろ覚えでも構いません。

フレーズを聞いたら例文の内容が何となくイメージできるレベルでしょうか。

完璧に暗記して使えるようにするトレーニングは、ステップ2以降に行います。

 

なお、フレーズを聞く際は「自動再生モード」で行います。

ここで、フレーズの暗記に効果的な自動再生モードの設定方法をご紹介します。

 

自動再生モードの設定は、トップページのギアマーク→「自動再生設定」から行います。

 

 

自動再生設定では、タイマーや音声速度、タイトルや例文を読み上げる回数など、いろいろと細かく設定することができます。

 

 

ここで、僕はタイトル(フレーズ)と例文を読み上げる回数を以下のように設定するようにしています。

  • タイトルの繰り返し回数:2回
  • 例文の繰り返し回数:1回

 

なぜ、タイトルの繰り返し回数を2回に設定しているのかというと、繰り返し読み上げられたフレーズは記憶に定着しやすいからです。

これをリピート法といいますが、リピート法は実は音楽や童話、広告のキャッチコピーなどあらゆる場面で使われています。

 

例えば、AKB48の「会いたかった 会いたかった 会いたかった Yes!」という1フレーズ、これもリピート法が使われています。

AKB48というグループ名が分からなくても、この歌詞の1フレーズだけは覚えているという方も多いのではないでしょうか。

 

このように、リピート法を英語学習に応用すれば効果はバツグンです。

ここで、繰り返し回数が2回というのもポイントです。

3回ならまだしも、4回、5回も繰り返すとさすがにクドいでしょうし。

 

このリピート法による学習に慣れてきたら、今度は音声速度を上げた状態でヒアリングしてみても良いでしょう。

 

ステップ2:Real英会話の復習トレーニングでアウトプット学習

インプット学習がある程度仕上がったら、いよいよ復習トレーニングによるアウトプット学習を行います。

アウトプット学習では、「言いたいフレーズを3秒以内に言える」ことを目指します。

このレベルまでいけば、とっさの会話でもそれほど困らなくなるはずです。

 

さて、復習トレーニングは下図のように「クイック学習」と「コース学習」の2つのアプローチがありますが、今回は「コース学習」を利用します。

 

 

コース学習の上タブの「その他」を選択すると、お気に入り登録グループのみの復習トレーニングを行うことができます。

 

 

ここで、各トレーニングをミスがなくなるまで繰り返しましょう。

特にスピーキングは、相手に正しい発音で英語を伝えるための重要なトレーニング。

お手本通りに発音できるまで何度もチャレンジしましょう。

 

ステップ3:Real英会話で学んだフレーズを実際に使ってみる(リアルに英会話トレ)

 

ステップ3では、Real英会話で身につけたフレーズを実際に使いながら、会話の流れをつかむためのトレーニングを行います。

日本人どうしの会話でもそうですが、人との会話には流れがありますよね。

会話において自然な流れをつくるためには、フレーズを使うタイミングが重要。

英会話フレーズはあくまで会話のパーツの1つに過ぎないので、覚えていたとしても使うタイミングを間違えたら会話が成立しなくなる恐れがあります。

 

でも、最初は失敗して当然。

覚えたフレーズは実践の場でどんどん使っていきましょう。

使えば使うほど、どのフレーズをどのタイミングで言えば良いのかわかるようになり、次第に会話の流れやテンポも掴めるようになります。

会話の流れの中で、また分からない言い回しがあればその都度覚えていけば良いのです。

 

海外に行けばアウトプットするチャンスが多いですが、日本国内でも作ることができます。

例えば、英会話スクールに通うもよし、オンライン英会話をやってみるもよし、外国人の多いゲストハウスなどで声をかけてみるもよし。

失敗を恐れず、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

まとめ

以上、ここまでReal英会話の口コミや評価、および学習方法をご紹介しました。

Real英会話について簡単にまとめると、

  • iPhoneアプリの中では不動の人気を誇る英会話アプリ(教育部門1位)
  • 優れたコンテンツの量・質と、それに見合わない圧倒的コスパの良さ
  • 収録フレーズ数は3,000以上、および定期的に新フレーズの追加あり
  • 自分の知りたいフレーズをテリー先生に質問できるリクエスト機能付き
  • 効果的なインプット、アウトプット学習が実現できるアプリ
  • オフラインモードでネット環境がなくても学習できる
  • 初心者の会話のきっかけ作りには最適

 

こんなところでしょうか。

Real英会話は、お世辞抜きで 僕が今まで使った英会話アプリの中ではトップレベルで使いやすいと感じています。

 

特に、これから海外旅行や留学、ワーホリなどで「英語が不安だけど、何を勉強して良いかわからない」という方には、ぜひReal英会話をオススメしたいです。

スマホアプリなので教材を持ち歩く必要もないですし、現地での英会話でも大きな助けになるでしょう。

オフラインモードでも使えるので、ネット環境に依存しないところも安心できますね。

価格もそれほど高くないので、ぜひダウンロードして活用してみてはいかがでしょうか。