お金・保険

ワーホリ前の資金を貯めるなら2ヶ月で50万円稼げる「リゾートバイト」がお勧め!

18〜30歳までの間、海外で1年間休暇や仕事のために滞在ができるワーキングホリデー。

若いうちにしせできない貴重な経験なので、ぜひ海外でワーホリしてみたいという方も多いと思います。

 

しかし、ワーホリするには飛行機代から語学学校の授業料、現地での滞在費など、想像以上にお金がかかるのが現実。

元々、サラリーマンやOLなどの仕事をしていてそのままワーホリに行くならお金もあるので問題ないでしょうが、学生やワーホリ2カ国目の方はお金が足りない、なんて方も多いのではないでしょうか。

ワーホリ行きたいけどお金が無くて行けないなんて悲しいですよね。

お金がないから仕事を探すも、普段の生活でなかなか貯金できないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、おすすめの方法は寮費&食費が無料の住み込みバイトで働くという方法。

通称「リゾートバイト」なんて言われていますが、今回はそのリゾートバイトの特徴や稼げる目安等をご紹介していきます。

ワーホリで必要なお金はどれくらい?

僕は2016年1月から2017年4月までの計1年3ヶ月間、ニュージーランドでワーホリしていました。

その経験から一つ言えるのは、ワーホリではお金がたくさんあるに越したことがない、ということ。

 

▼実際にぼくが1年3ヶ月間のワーホリにかかった費用をご覧ください。

あわせて読みたい
1年間のワーホリにかかる費用はいくら?実際に使った金額とNZで稼いだ金額まとめ2016年1月、ニュージーランドにて人生初のワーホリ生活がスタート。 ビザの延長も含めて1年3ヶ月滞在しました。 当初はワー...

 

人によって変わってきますが、ワーホリするなら少なくとも150万円、余裕をみて200万円はほしいところです。

ワーホリ先で仕事して稼げばいいじゃん、って思って渡航してもなかなか仕事が見つかずに生活費が足りなくなる人もいます。

ワーホリでは生活費はもちろん、想定外の出費も度々あります。

語学学校に行かなければ100万円以内でも何とかなりますが、備えあれば憂いなしです。

 

リゾートバイトの特徴・メリット

ワーホリは思った以上にお金が必要なので、逆算して計画的に貯金する必要があります。

ただ、日本でも普通に生活しているとなかなかお金が貯まりませんよね。

 

そこで、貯金に特化しておすすめなのが住み込みのバイト、通称リゾートバイトです。

以下、リゾートバイトがどのようなものなのか、その特徴やメリットをご紹介していきます。

>>【高時給】リゾートバイトの詳細はこちら

自分の好きなリゾート地で働ける

リゾートバイトの良いところの一つは自分の行ってみたい、好きなリゾート地で働けること

勤務地は全国に500箇所以上で、職種も接客から調理、ベッドメイキングなど多岐に渡るので、自分に合った仕事もすぐに見つかるでしょう。

休みの日には自分の好きなリゾート地を観光できるので、仕事しながら観光も一緒にできちゃうという、まさに一石二鳥ですね。

 

お金をガッツリ貯められる

リゾートバイトのメリット2つ目はお金をガッツリ貯金できること。

基本的に住み込みのアルバイトなので、勤務に伴う寮費や食費が無料のため、ほとんど出費をしなくて済みます

一人暮らしのご経験のある方なら分かると思いますが、家賃や光熱費だけでも毎月かなりの出費になりますよね。

生活費の心配を一切しなくても良いのは大きなメリットです。

 

また、仕事を沢山入れて忙しくしていればお金を使うヒマもなくなるので、働いた分のほぼ全てを貯金する事も可能です。

僕も山小屋でバイトした事がありますが、期間中は1円も使うことがなかったので働いた分全てを貯金する事ができました。

 

個性的な人と出会える

リゾートバイトの楽しみの一つともいえるのが、個性的な人との出会いです。

住み込みのリゾートバイトは長期休暇を利用していく大学生だけでなく、フリーターや実業家などさまざまなバックグラウンドを持った人が集まります。

普段出会えないような人との出会いは本当に刺激的ですし、出会った人の一人が今後のあなたの人生を大きく左右する存在になるかもしれません。

 

また、リゾートリゾートではバイトどうしの恋愛もよくあります。

特に夏休みや春休みは学生さんも多いので、若い人との出会いがあるかもしれません。

ただ、ワーホリの資金を貯めるという目的が「彼女・彼氏を作る」という目的にすり替わってしまわないように注意しましょう(笑)

 

英語を話す機会がある

バイトする観光地によっては外国人観光客を相手に仕事をすることもできます。

例えば、東京や京都、沖縄など日本を代表する観光地の外国人率は非常に高いです。

冬になると長野や新潟、北海道を中心に、スキー・スノボー目当ての外国人が大集結します。

 

これはぼくがワーホリ前に新潟県の妙高高原スキー場に行った時の話、リフト券売り場を見渡すと外国人だらけではありませんか!

よく見たらと3割以上の人が外国人だったのです。

特にゲストハウスやホステル、旅館などは外国人観光客が集まりやすいので、日本にいながら英語環境下で働くことができます。

仕事しながらワーホリ前の英会話の練習もできるので、まさに一石二鳥

英語を伸ばしたい方にとっては絶好の環境ではないでしょうか。

>>働きながら英語も伸ばせるリゾートバイトの詳細はこちら

 

リゾートバイトで1ヶ月に稼げる金額は?

では実際にリゾートバイトはどれくらい稼げるのでしょうか。

これは職場や職種によって変わってくるため、これだけ稼げるという保証はありませんが、ある程度の目安を予想する事は可能です。

イメージしやすくするため、実際にリゾートバイトのアルファリゾートで紹介されている仕事での事例をご紹介します。

スポンサーリンク

 

週6日でフルタイムで働く場合

北海道のあるホテルで調理スタッフとして働いた場合(時給1100円)

1日 :1,100(円)×8(h)=8,800円
1週間:8,800(円)×6(日)=52,800円
1ヶ月:52,800(円)×4(週)=211,200円

合計:211,200円

 

何と1ヶ月で20万円以上稼ぐことができます。ただ、実働8時間で計算していますが、忙しい事が多く基本的に残業する可能性が高いです(1日1〜2時間)。

そうなると、1ヶ月で25万円以上は稼げるでしょう。

しかも、寮費や食費は無料で稼いだ分は丸々貯金できるため、2ヶ月で50万円稼げてそのまま貯金できるのです。

 

▼おすすめのリゾートバイトの求人サイトは下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【2ヶ月で50万円】リゾートバイトをするならお勧めの求人サイト4選ワーホリの資金を貯めたい、語学力を活かした仕事がしたい。 そんな方にお勧めする仕事のうちの一つがリゾートバイト。 リゾートバ...

 

こんな人にお勧め

  • ガッツリ稼ぎたい方
  • リゾート気分を味わいたい方
  • 人との交流が好きな方
  • 体力のある方
  • 英語の練習がしたい方(外国人観光客が多い場所)

 

リゾートバイトは現地に住み込みになるため、職場によっては休みが無い事もあります。

そうなると、毎日長時間働けるだけの体力が必用になります。

長時間労働はイヤ、という方には向いていないかもしれません。

逆に、どれだけ働いても平気、とにかく短期間で集中的に稼げればそれでいい!というバイタリティのある方には向いていますよ。

>>【高時給】リゾートバイトの詳細をチェックする

 

リゾートバイトはちょっと…という方は

好きなリゾート地でお金もガッツリ稼げて色んな人との出会いがあって、など一見とても魅力的に見えるリゾートバイト。

しかし、リゾートバイトは接客業が多いので、中には苦手な方もいるでしょう。

僕もどちらかと言うとリゾートバイトは苦手な方です。

そんな方は工場での仕事がお勧めです。



工場での仕事は基本的に同じ仕事の繰り返しという事が多いですが、お客さんと接することがないので気楽に働けるのがメリットです。

実際、ぼくも帰国後に工場ワークスで派遣会社に登録し、九州の自動車メーカーで6ヶ月間働いていたのでよくわかります。

作業中は何も考えずにただ黙々と作業すれば良いだけなので、人に気を遣うというストレスから解放されて本当に気楽に仕事していました。

 

また、工場の仕事は時給が高いのもメリットです。

工場での仕事にはいろんな種類がありますが、中でも自動車部品系の仕事は時給が1,500円近くの所もあり、さらに住み込みの寮も無料だったりするので結構稼げます。

ぼくの場合は寮費が無料だったのと時給が1,400円と高い、さらにボーナス20万円も支給されたおかげで、半年間で200万円貯金することができました。

 

ただし、工場の仕事は肉体労働なので体力が必要になります。

肉体労働なので基本的には男性向けの仕事が多いですが、中には女性でも気楽にできる仕事もあるので、まずはウェブサイトで探してみることをおすすめします。

>>【高時給】工場ワークスの仕事内容をチェック

ニュージーランドでもキウイフルーツのパッキング等、工場ワークが多いので、日本で事前に工場ワークがどういうものか体験するのもアリかと思いますよ。

 

【関連記事】

【ワーホリ後の就職】帰国後1ヶ月で就職した女性に聞く仕事探しのコツとおすすめ求人サイト

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選