11/4(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復99,000円〜】
NZワーホリ

ニュージーランドで留学するならオススメの都市・町ランキングTOP10

どうも、管理人のヒロキ(@hiroki_webです。

ニュージーランドへ留学すると決めたはいいけど、

「ニュージーランドで留学するならどの都市・町(街)がいいんだろう?」

「実際に行ったことある人に聞きたい…」

そんな悩みを抱えている人もきっと少なくないでしょう。

そこで、本記事では「留学するならどの町が良いのか」という基準でニュージーランドのおすすめの都市・町ランキングTOP10をご紹介します。

実際に、ニュージーランドのすべての都市・町に行ったことのある僕から見て留学しやすい町を評価しましたので、留学先を探し中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

オススメの都市・町(街)を選ぶポイント(基準)

今回ランキングにてご紹介する都市・町は、下記の基準を踏まえて選びました。

留学する都市・町選びの基準
  • 語学学校の充実度
  • 治安の良さ
  • 物価の安さ
  • 生活の利便性
  • 景観の良さ
  • 僕が行って良かった町

 

以上に挙げた6項目を、僕の実体験に基づく評価(主観的評価)、および他のワーホリメーカー、留学生の口コミ(客観的評価)を踏まえてランク付けしました。

 

NZ留学にオススメの都市・町ランキングTOP10

1位:オークランド

オススメ度 ★★★★★
治安 ★★★☆☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★★★
景観 ★★★☆☆

 

ニュージーランドで一番の都市であるオークランド。

全人口の3分の1が集結する都会であり、語学学校の数も圧倒的に多い街です。

市内には大きな図書館があり、無料WiFiも充実しているため、留学するには最適な街といえます。

都会だけあって他の街に比べると治安は良くありませんが、夜間の外出を避ける、荷物管理を徹底するなどすれば安全な街です。

交通機関も発達しており、街から少し離れたリゾート地へもすぐアクセスできるので、休日には学校の友達とバカンスを楽しめるのが魅力。

便利さ、観光地へのアクセスの多さ、語学学校の授業の質などを求めるなら、オークランド一択といってもいいです。

 

2位:ウェリントン

オススメ度 ★★★★★
治安 ★★★★☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★★★
景観 ★★★☆☆

 

北島の南端にあるニュージーランドの首都、ウェリントン。

街は港を囲むように広がっており、海からの風の吹き付けが強いため、別名「風の町」とも呼ばれているそう。

歩ける範囲内には図書館や博物館、商店街、飲食店、カフェもあり、市バスも充実しているなど、市内のあらゆる場所に気軽にアクセスできる点が魅力。

また、ウェリントンは世界有数のコーヒーの街としても知られ、有名なカフェもずらり。

放課後はカフェでまったりしたい、という方は迷わずウェリントンがおすすめです。

 

3位:クイーンズタウン

オススメ度 ★★★★★
治安 ★★★★★
物価 ★★☆☆☆
生活の利便性 ★★★★☆
景観 ★★★★★

 

南島を代表する観光地の一つ、クイーンズタウン。

クイーンズタウンの最大の魅力は、町と周囲の湖、山々が織りなす絶景の数々です。

実際、僕がワーホリ中に5回も行くほど気に入った町でもあります。

他の都市に比べれば小さい町ですが、徒歩範囲にはスーパー、飲食店、カフェなどが揃っており生活に困ることはあまりありません。(都市に比べれば不便かもしれませんが)

ただ、観光地ゆえに物価が高いのがデメリット。その点を除けば最高の場所といえます。

ニュージーランドの美しい自然を肌で感じながら留学したい方には絶対おすすめです。

 

4位:クライストチャーチ

オススメ度 ★★★★☆
治安 ★★★☆☆
物価 ★★★★☆
生活の利便性 ★★★★☆
景観 ★★★☆☆

 

クライストチャーチは南島最大の都市で、南島の玄関口ともいわれています。

市内中心部の大聖堂を中心に、英国文化が根強く残った町並みが特徴。

2011年に起きた大地震によって甚大な被害を受けた街ですが、8年経った現在は復興もかなり進み、新しいカフェやレストラン、商業施設も次々とオープンしています。

語学学校の数も南島の中では最も多く、南島で留学するなら選択肢も多くおすすめです。

テカポやマウント・クックなど有名観光スポットへの長距離バスも運行しているので、学校の休みを利用して友達と行ってみるのもいいですね。

 

5位:ネルソン

オススメ度 ★★★★☆
治安 ★★★★☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★☆☆
景観 ★★★★☆

 

ネルソンは南島の北端の海岸部にある町。

町の北西部の方角にはニュージーランドで有名なエーベルタスマン国立公園(Abel Tasman National Park)があり、トレッキングやカヌーなどのアクティビティが盛んです。

小さいながらイギリス文化の根強い落ち着いた、かつ美しい町並みが特徴で、町の中心部にある大聖堂は特に見もの。

割と僻地にあるためか日本人留学生が少ないので、英語環境にどっぷり浸かりたい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

6位:ロトルア

オススメ度 ★★★★☆
治安 ★★★☆☆
物価 ★★★★☆
生活の利便性 ★★★★☆
景観 ★★★☆☆

 

北島屈指の温泉地として有名なロトルア。

スパをはじめ、間欠泉やマッド・プール(泥温泉)など、日本人に人気の観光スポットが集結しています。

また、温泉だけでなくトレッキングや乗馬、ラフティングなど自然を利用したアクティビティも盛んで、北島最大級の観光地でもあります。

ロトルアの語学学校は僕の知る限り1つのみですが、留学と観光をバランス良く楽しみたい方にはおすすめの場所です。

 

7位:ネイピア

Embed from Getty Images

オススメ度 ★★★★☆
治安 ★★★★☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★☆☆
景観 ★★★★☆

 

ネイピアは北島の東部の海岸沿いに位置し、ワインの生産で有名な町です。

アールデコ洋式の建築物が立ち並び、開放的で明るい町並みが特徴。

また、年間を通して雨量が少なく、晴れる日が多くて暖かい、恵まれた土地でもあります。

都市の語学学校に比べると小規模だが、より開放的でアットホームな環境で英語を学べるのがメリットです。

ネイピアならではの、ワインと英語を組み合わせたコースも人気だそうです。

 

8位:タウランガ

オススメ度 ★★★☆☆
治安 ★★★★☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★☆☆
景観 ★★★★☆

 

タウランガは北島の北央部、オークランドから車で約3時間の場所にある、海に面した町です。

美しいビーチが広がるニュージーランド屈指の人気リゾート地でもあり、タウランガの海岸沿いに別荘を持つ富裕層も多いです。

ニュージーランド最大のキウイフルーツの産地でもあるタウランガは、比較的温暖で天気の良い日も多く過ごしやすいのが特徴。

語学学校は少人数制ですが、生徒一人ひとりに寄り添った授業が人気を集めています。

 

9位:ハミルトン

オススメ度 ★★★☆☆
治安 ★★★☆☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★★☆
景観 ★★★☆☆

 

ハミルトンは、オークランドの南部、車で約2時間の場所にある都市です。

ニュージーランドで4番目に大きい都市でもあり、様々なショッピングモールやレストラン、カフェが建ち並び賑やかです。

また、ハミルトン市内にある国立ワイカト大学は、毎年70ヶ国以上の留学生を受け入れており、国際色豊かな町でもあります。

オークランドやロトルアなどの観光地へのアクセスも良いので、週末に学校友達と遊びに行くことも簡単にできるのがメリットです。

 

10位:ダニーデン

オススメ度 ★★★☆☆
治安 ★★★☆☆
物価 ★★★☆☆
生活の利便性 ★★★☆☆
景観 ★★★★☆

 

ダニーデンは南島の南部に位置し、歴史的建造物が多く見られる、ニュージーランドで最も古い町の一つとして知られています。

ダニーデンにはニュージーランドで由緒あるオタゴ大学を始め様々な教育機関が建ち並び、人口の15%は学生からなる学園都市としても有名です。

また、観光スポットでは市内の外れにあるギネス認定の世界一急な坂道「ボールドウィン・ストリート」や、ペンギンツアーなども有名。

学園都市で学生に囲まれた環境で留学したい方にはおすすめの場所です。

 

まとめ

以上、ニュージーランド留学でオススメの都市・町をご紹介しました。

いろいろとご紹介しましたが、以下のようにカテゴリー別におすすめの町をまとめてみました。

  • 語学学校の種類、利便性 ⇒ オークランド、クライストチャーチ
  • 観光・アクティビティ ⇒ ロトルア、クイーンズタウン
  • 日本人の少ない環境 ⇒ ハミルトン、ネイピア、ネルソン

 

本記事ではランキング付けを行いましたが、それぞれの町ごとに特色や魅力があります。

ランキングが上位だからといって、必ずしもあなたの理想にマッチングするとは限りません。

留学先を決める前に、まずはあなたが「どんな環境で、どんな留学生活を送りたいか?」を具体的にイメージしてみてください。

留学といっても、ただ英語を学ぶだけならニュージーランドである必要はありませんからね。

ぜひ、本記事を留学先の町選びの参考にしていただければ幸いです。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選