11/4(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復99,000円〜】
中古車の売買・メンテ

ニュージーランドでワーホリ用に買った中古車を高く売る方法・手順を解説

ワーホリで車を買った方ならいつかは訪れる大仕事があります。それが、車の売却。

ニュージーランドでは日本の中古車が至る所で走っており、特に何十年も前のもの、10〜20万キロを越えたものは価格が安いのでワーホリの間で大きな需要があります。

 

しかし、こうした車を買うのは案外簡単ですが、売るのが中々大変、なんて経験をしてきた方も多いのではないでしょうか。もちろん、僕もそのうちの一人。

日本ならこうした車は即廃車ですよね。誰も買ってくれる人はいないでしょう。

 

しかし、ニュージーランドではワーホリだけでなく現地住民の間でもこうした車の需要が高く、どれだけ古くても乗れれば良い値で売ることができます。

でも、どうせ売るならなるべく高く売りたいですよね。

というのも、売り方によっては買った金額以上の価格で売れる事もあるからです。

 

そこで今回は、ワーホリで買った車を最も高く売る方法や手順をご紹介していきます。

これから帰国で車を手放す方は参考にしてみて下さい。

ワーホリ用の車の買値相場と人気車種は?

まず初めに、ニュージーランドでワーホリする場合の車の買値相場と人気車種のお話をしましょう。

「売る」がメインの記事なのになぜ?と思うかもしれませんが、もしこれから車を買う予定、もしくは考え中の方は、ぜひ知っておくと良いでしょう

。売る時にどの価格帯、車種が売りやすいかの目安になりますので。

 

さて、まずニュージーランドでのワーホリ車の買値相場は大体2,000~3,000ドル前後と言われています。

2,000ドルと言うと、日本円で大体15〜25万円くらいですね。では、例えば2,000ドル前後でどのような車が買えるのでしょうか。

 

まず、年式ですが1990年代と20年以上も前の車がほとんどです。中には1980年代と、30年もののオンボロカーも珍しくありません。

そして、ほとんどが日本車。日本の歴史を感じさせられるラインナップで、人によっては懐かしさを感じるかもしれません。

3,000ドルくらい出せば2,000年代初期のものが買えるでしょう。

 

そして当然のことながら、今の車に比べて燃費も性能もかなり劣るでしょう。

特に気になる燃費ですが、リッター10~15km行けば良い方。車種によってはリッター7km以下と金食い虫レベルの燃費もザラです。

 

続いて距離ですが、2,000ドル前後の車はほぼ99パーセント10万キロ超えしているでしょう。中には30万キロを超えたスーパーカーもあります。ヤバそうなエンジン音、ブレーキ音の車が至る所で走っています(笑)

日本人からしたら信じられない光景ですが、ニュージーランドではこれが普通です。てか、日本車の耐久性が凄すぎるんですね(笑)

 

次に、人気車種のお話をしていきます。ニュージーランドで、特にワーホリの間で人気の車種はレガシィなどのツーリングワゴンかエスティマのようなミニバン

なぜこのような車種が人気なのかと言うと、

  • 荷物が沢山乗せれる
  • 車中泊ができる
  • 大人数乗せれる

 

から。中でも特に重要なのが車中泊できるかどうか。

というのも、宿代を節約するために車中泊するワーホリメーカーが結構多いんですね。ニュージーランドの宿代って結構高いですから。

一応、何でも良いので車さえあれば車中泊はできるんですが、やっぱり後部座席倒してフラットに寝られるミニバンかツーリングワゴンの方が良い。

僕は車中泊に向いていないスカイラインで何度か車中泊した事がありますが、やっぱり窮屈なので翌日体を痛めます。

 

つまり、最終的に言いたいのはこれらの条件(ワーホリが求める車像)を満たす車を買っておけば、後々売りやすいという事です。

もちろん、僕のように車へのこだわりがある方は好きな車を選ぶべきでしょうが、車を買う上で特にこだわりがなければ上記の条件で車を選ぶのがベターです。

 

ニュージーランドで車を売る方法

さて、いよいよ本題に入りますが、まずはニュージーランドで車を売る方法についてご紹介したいと思います。

売る方法は様々ですが、大きく分けて「カーディーラーで売る方法」と「個人売買で売る方法」の2つあります。では、それぞれみていきましょう。

 

カーディーラーで売る

車を売る方法として直ぐ思い浮かぶのがカーディーラーで売ること。

やる事は簡単、ディーラーに行って買取って下さいとお願いするだけ。

面倒臭い手続きやメンテナンスなどは全てディーラーがやってくれるので、手っ取り早く簡単に売却できるのが最大のメリット。日本ではこの方法が一般的ですよね。

 

ただ、欠点は買値よりもかなり安い値段でしか売れないこと。

ディーラーに売ると、名義変更やメンテナンスなどの仲介手数料が発生するため、その分どうしても買取価格が安くなってしまいます。

買取価格は気にしない、個人売買で売るのが面倒臭い、一刻も早く売りたいという方はカーディーラーで売ると良いでしょう。

 

個人売買で売る

一方、ニュージーランドで車を売る方法としてメジャーなのが、個人売買による売却。

個人売買であればディーラーの仲介手数料が発生しないため、売値を自分で決めれるメリットがあります。

車によっては購入した時よりも高い金額で売れるケースもあるので、売却方法としてはとても魅力的ではあります。

個人売買では具体的に以下の様な売り方があります。

  • 車に直接貼り紙を貼って宣伝する
  • NZのオークションサイト「Trade me」に出品する
  • NZdaisukiの掲示板に出品する
  • Facebookのマーケットプレイス(※)に出品する
  • バックパッカーズやスーパーマーケットの掲示板に広告を貼る

 

因みに僕はNZdaisuki、Facebookのマーケットプレイス、スーパーマーケットの掲示板の3パターンを利用して売却しました。

参考までに、僕の元愛車「スカイライン」の売却金額は3,700ドル

購入額は4,500ドルで多少売値が安い結果となってしまいましたが、ディーラーの見積もりでは2,000ドル以下と言われていたので、まずまずの結果と言えるでしょう。

 

ただ、欠点としては時間と手間がかかる事。広告を作成したり、購入希望者とコンタクトを取ったり、試乗の日程を調整したり…

個人で車を売るとなると色々とやることが多いので本当に面倒です。時間に余裕がある方や、面倒臭さを厭わない方はこちらの方法がお勧めです。

※Facebookのマーケットプレイスは日本語版Facebookでは利用できません。海外版だと出来るので、設定を英語モードにしておく必用があります。iPhoneの場合、言語をEnglishに変更すれば使えるかも(今は分かりません)。

 

車を売る前にやっておくべき3つの事

続いては、車を売る前にやっておくべき事を3つご紹介します。

特に個人売買で車を売る予定の方は下記の3項目は必ずチェックしておきましょう。

 

WOF・REGOの期限を確認しておく

まずはWOF、REGOについて。

WOF(Warrant of Fitness)とは、日本で言う車検のことです。

WOFの有効期限は新車が3年、製造年月日が2000年1月以降のものは1年、2000年以前のものは半年と決まっており、有効期限が過ぎるまでに最寄りの車屋にてWOFを更新する必用があります。

 

続いてREGO(Vehicle licensing)とは、日本で言う自動車税の事です。

有効期限は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月とあり、支払い時に何ヶ月分払うかを選択できます。

REGOを更新すると有効期限の書かれたカードがもらえますが、このカードを車のフロントガラス隅にあるカードホルダーに外から見えるように差し込みます。

 

このWOFとREGOは必ず更新しなければならず、期限切れの車を運転したら何百ドルかの罰金をくらいます(友達がREGOのカード差し込み忘れで200ドルの罰金)。

そして車を売却する際、残りの有効期限を必ず確認しておきましょう。

もし、売る時に有効期限が1ヶ月以内に迫っていたら更新しておきましょう。

車を購入する側からすると、WOFとREGOの期限が長い方が当然良いですし、売り手からしても断然売りやすくなります

 

車の不具合修理、部品交換は事前に済ませておく

車の買い手が最も懸念するのは不具合がないかどうか

エアコンが効きにくいなどちょっとした不具合ならともかく、エンジン周りの不具合、ライト系の不具合など運転に支障が出る不具合がある場合は売るのが非常に困難です。

もし、自分が車を買うならやっぱり不具合のない状態で手に入れたいですよね。

不具合あるから安くするよ!と言われても、直しに行くのも面倒ですし…

ですので、売る前に一旦WOFに出して不具合チェックをしてもらいましょう。もし、不具合が見つかったら可能な限り修理、部品交換をお勧めします

僕もこの部品交換を1つ怠ったが為に、売却時に非常に苦戦を強いられました。

修理代の分を売値に加算して高くなったとしても、修理しないよりは確実に売りやすいですよ(修理費が1,000ドル以上かかった場合は微妙ですが)。

 

車の中を綺麗に片付けておく

3つ目に重要な事は、車内を綺麗にしておくこと。

個人売買する場合、購入希望者が実際に車の見学・試乗をすると思いますが、車内が散らかった状態だととても買いたいとは思わないでしょう。

売ると決めたら、基本的に全ての荷物やいらないものは車から出し、カーペットやシートはなるべく念入りに掃除しておきましょう。それだけで大分印象が変わりますよ。

また、車内だけでなく外側も綺麗にしておく事をお勧めします。

泥だらけで薄汚れた外装より、つるつる・ピカピカに磨き上げられた外装の方が購買意欲が上がりますよね。

 

車を高く売る方法と手順について

続いては個人売買でより高く売る手順、テクニックをご紹介していきます。

手間を惜しんでも1ドルでも高く車を売りたい方は必見です。

スポンサーリンク

インターネットや掲示板で自分の車を宣伝する

個人売買で車を売る方法は前述の通り何通りかありますが、全てに共通してまず行なわなければならないのが自分の車の宣伝

宣伝無くして車は売れませんよね。では、具体的にどのように宣伝すればよいか、ですが、最低限以下の情報を記載するようにしましょう。

  • 車名
  • 年式
  • 価格(ドル)
  • 排気量(cc)
  • 乗車可能人数
  • 走行距離(km)
  • トランスミッション(MT or AT)
  • WOF、REGOの期限
  • アピールポイント(Good Conditionなど)
  • 自分の連絡先

 

特に重要なのが、車名・価格・走行距離です。車を選ぶ際、最も気になる項目なので、広告作成時はこれらの項目を目立たせても良いかと思います。

当然ですが、自分の連絡先も忘れずに

次に宣伝方法ですが、なるべく色んなツールを駆使してより多くの人に見て貰う必用があります。では、具体的にどこに宣伝、および広告を貼ればよいのか、僕の知る限り以下の通り。

  • 自分の車のフロントガラスなど(駐車中に見てもらうため)
  • スーパーマーケットの掲示板(写真上)
  • バックパッカーズの掲示板
  • Facebookのマーケットプレイス
  • NZdaisukiの掲示板

 

このように、とにかく色んな場所・方法で一人でも多くの人に自分の車を宣伝しましょう。あなたの車を欲しい人は少なからずいるはず。

また、ニュージーランドにはTrade Me とかいう日本で言うヤフオク!みたいなサイトがあります。

ニュージーランドでかなりメジャーなサイトで、多くのニュージーランド人がこのサイトを利用して物の売買をしているため、Trade Meに出品するのも一つの手ではあります。

 

ただし、こちらは出品手数料などが高い(売値の8%)のであまりお勧めはしません。2,000ドルで売れたとしても手数料で160ドルも取られる事になるので。

FacebookのマーケットプレイスやNZdaisukiでは手数料は取られません。

 

ちなみに、僕はスーパーの掲示板、Facebookのマーケットプレイス、NZdaisukiに宣伝しましたが、この中で一番反応が良かったのが意外にもFacebookのマーケットプレイスでした。

Facebookのマーケットプレイスの良い所は、自分の車を気に入った人が直接Messengerで売り主にコンタクトを取れる事。

買い手が手軽にコンタクトを取れるため、他の方法よりは断然反応が良かったです。

ただし、冷やかしやイタズラをしてくる人(特にインド人)も結構いたのでそこが欠点となりうるでしょう。

 

NZdaisukiは日本人向けのサイトなので、基本的に買い手も日本人になります。

連絡や取引も日本語で出来るのがメリットになりますが、日本人のみの小さいマーケットとなるので購入希望者の絶対数も少なくなります。

結局、それぞれの方法に一長一短がありますが、より高く売るならとりあえず可能な限り全ての方法を試しましょう

そして、試したらあとは連絡を来るのを待つのみ。

 

買い手から連絡が来たら

宣伝を済ませたら、次なる仕事は買い手とのコンタクト。遅かれ早かれいつかは連絡が来るでしょう。

おそらく、最初は車に関する質問が大半だと思いますが、質問ならそれに答え、もし試乗・見学を希望している場合はその日時を調整しましょう。

たまに、自分がオークランドに住んでいるのに、ウェリントンや南島方面から購入希望のメールを貰う、なんて事もあります

どう対応するかは個人次第ですが、チャンスを逃したくないというのであれば出来る限り対応してあげると良いでしょう。

 

車のチェック・試乗の流れ

試乗・見学の日時が確定したら、いよいよ買い手とご対面することになります。

当日の流れとしては、

エンジン・ボディ周りのチェック→試乗→商談

のような感じになるでしょう。

とにかく、買い手には思う存分チェックや試乗をしてもらいましょう。

ここで、試乗について一つ注意点。試乗は必ず売り主本人も乗車するように

本人が乗車せずに試乗させたらそのまま乗り逃げされる可能性だってあるので。

また、エンジン周りの事で細々とした事を聞いてくると思いますが、もし分からない事があったら素直に分からないと答えておくのが無難です。

そういう時はWOFの紙(車検書みたいな紙)を見せると手っ取り早いかも。

 

車を高く売るためのちょっとしたテクニックとは?

さて、試乗が終わり、もし買い手が気に入ってくれたらいよいよ価格交渉。

車が高く売れるかどうかは、この価格交渉にかかっています。

当然ですが、買い手はなるべく安く買いたいので値引きを要求してくるでしょう。

中には常識の範囲を超えた金額を提示してくる人もいます。

例えば、希望売値が3000ドルに対し、希望金額が1500ドル、など。

そこまではなかなかいかないにしろ、500ドル前後の値引き要求は覚悟した方が良いでしょう。

もし、時間に余裕が無いのであれば可能な範囲で値引きに応じるのもありでしょう。

 

ただ、もし少しでも高く売りたいならここで簡単に値引きに応じてはダメ。相手の思うツボです。

高く売るためのポイントは以下の3つあると考えています。

  • 希望売値を高く設定(希望売値+300〜500ドル程度)
  • 他にライバルがいる事を意識させる
  • 期間限定の効果を使う

 

車を売る上では多少の値引きを覚悟しなければなりません。そこで、値引き金額を踏んで敢えて希望売値を高く設定しておくのです。

例えば、2500ドルで売りたいなら3000ドルに設定しておくと良いでしょう。そうすれば、多少値引きがあっても痛くありません。

また、他に買いたいライバルがいる事を意識させるのも効果的です。例えば、3000ドル設定の車を2500ドルで買いたいと言ってきたら、

「他にも買いたい人がいる」

と言い、続けて

「Aさんは2700ドルで買いたいと言っている。もし、あなたが2800ドルで買うなら即あなたにお譲りします」

のように言うと、買い手はAさんというライバルを意識します。もし、買い手が本当に気に入った車なら他の人に取られたくないはず。

それでも相手が妥協してくれなかったら、最後のひと押し、「期間限定」の効果を使ってみましょう。

「この車、今この場で即決してくれたら2650ドルでお譲りします。もし、この機を逃したら2800ドルに戻ります」

と言えば、相手もグラつくでしょう。これで売れれば儲けもんです。

最初から2500ドルにしてしまえば楽ですが、ちょっと工夫するだけで貰える金額に何百ドルも差が生まれるので、ここはぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

車が売れた後に必用な手続き

両者納得する金額に落ち着いたら、交渉成立。次に、いつ車を渡して欲しいか聞きましょう。当日であれば、そのまま名義変更→お金を受取り→鍵を渡す、という流れで取引完了となります。

名義変更は最寄りの郵便局にて行えます。

まず、郵便局にて以下の書類を入力。

売り手用の紙(緑)と買い手用の紙(ピンク)があり、

名義変更の際、買い手にピンクの書類を書いてもらい、窓口にて手続きしてもらいます(買い手は窓口手数料9ドルがかかる)。

また、売り手は緑の紙に、車種情報・売り手の名前と住所・買い手の名前と住所を記入し、ポストに投函する必用があります(インターネットでもできる)。

投函は当日中でなくても大丈夫ですが、なるべく早めに。そのため、買い手の住所とフルネームは控えておきましょう。

名義変更が完了したら、次に約束のお金(現金)と車のキーを交換。

一番確実なお金の受取方法は、買い手が普段利用する銀行に直接行ってその場で現金を引出してもらうこと。

現金での取り引きで、たまに数百ドルちょろまかすヤツ(インド人に多い)もいるので、念には念を。

 

以上、車を高く売る方法から売却後の手続きまでご紹介しました。これから車を売ろうと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選