11/4(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復99,000円〜】
NZワーホリ

南島旅行から1週間が経過!出だしは前途多難な旅だった

こんにちは。今日は久しぶりにブログを更新します。

 

只今、2月2日からチェリーの仕事で出会った仲間2人(中国人とマレーシア人)と僕含めて3人で南島半周旅行をしております。

 

旅行が始まる前は気の合う仲間で旅が出来ることをとても楽しみにしておりましたが、振り返ってみるとこの1週間は前途多難な日々が僕を待っていました。

 

まずは意見の食い違い。僕は基本的にお金の使い方はあまり気にせず直感で動く人で、宿も基本的にホステルかバックパッカーに泊まりたい派です。しかし、もう2人の友達は宿代の節約にやたら拘るのでこの時点で結構なストレスがたまります。

 

特に最初の日は宿の予約どころか、どこに泊まるかさえ決めていなかったので宿探しにとても苦労しました。当日の夜8時に宿探しを始めても今のシーズンはどこも混んでいて当日予約は難しいのに。結局、その日はフリーキャンプサイトを探すことにしたのですが、見つけたフリーキャンプサイトがキャンプ禁止になっていたりと踏んだり蹴ったり(笑)

 

結構見つからずに、キャンプ禁止エリアで車中泊するハメに…。因みにキャンプ禁止エリアでキャンプ(車中泊含む)していることがバレたら200ドルの罰金をくらいます。大抵、夜の9時頃、又は早朝の5時頃に見回りの人が来るそうですが、声をかけられたら終わりです。僕は5時になる前に出発したので何とか難を逃れましたが。

 

そういう事なら最初から予約すれば良いのですが、彼らは時間や場所にとらわれるのが嫌でフレキシブルに動きたいため、予約をとらせてもらえません。他にも写真にやたら時間をかける等々。1枚の写真を取るのにアングルから色彩、人の立ち位置などへの拘りが尋常じゃなく、かなりの時間を取られます。

 

国が違えば意見や行動も違うのは当然のことですが、ここまで違うとさすがにお互いにストレスがたまります。

 

それでもこうして違う国の友達と旅ができるのは貴重な経験だし、彼らの良い所を取るととても楽しい旅なので満足しています。

 

さて、今はテ・アナウという場所にいますが、明日はミルフォードサウンドのクルーズ、明後日はいよいよワナカへ行きスカイダイビングをやる予定。次のブログはこの旅が終わってから書こうと思います。何せ、インターネット環境があまり良くないので(汗)

 

それでは、1週間で行った場所の写真をしばしお楽しみ下さい。

 

まずはオマルー(Oamaru)の写真から。

 

 

オマルーのハーバーストリート(Harbour St)にて。まるでヨーロッパに来たかのようなオシャレな街並み。

 

ハーバーストリート(Harbour St)の街並み

 

ハーバーストリートの途中にある自転車の置物。ここは絶好の写真スポットなので、僕が行った時には写真待ちの行列ができていました(笑)

 

ハーバーストリートの古式自転車の置物

 

次にダニーデン。ダニーデンといえばここ、世界一急な道路、ボールドウィンストリート(Baldwin St)

 

 

遠目で見ただけでも結構な迫力があります。

 

 

GoProで撮った写真ですが、こんな風に撮れるので面白いですね。それにしても、急だ!ここで生活している人は毎日大変だろうな(笑)

 

そしてダニーデンで有名な「Cadbury」のチョコレート工場の見学ツアーにも参加。工場内の撮影は禁止でしたが、最終地点で記念撮影。チョコレートの原材料や作り方が学べて、楽しいツアーでした。ガイドの人もとてもフレンドリー♪

 

 

世界最南端のスターバックスに行ったり…

 

 

ニュージーランド最南端のブラフ(Bluff)にも行ってきました。

 

 

ちなみに、ブラフはオイスター(牡蠣)が有名で、ここで採れたオイスターは本当に美味しい!

 

 

フレッシュな生牡蠣初めて食べましたが、口に入れた瞬間にティラミスのようにふわっととろけて後味の残らないサッパリ感にとても感動!

 

さて、今回の旅ではテント泊も…

 

 

こんな風にテント張って一夜を過ごすのも楽しいです。雨の日は大変ですが(笑)

 

さて、南島旅行の後半はどうなることでしょうか。続きはまた来週^^

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選