【最新】一時帰国の方へ!格安SIMかWiFiレンタルか、どっちがオススメ?

留学やワーキングホリデーで海外に長期滞在している方、もしくは海外転勤や結婚など海外居住者の方は、帰国後のネット環境をどうしようか悩んでいる方もいるでしょう。

一時帰国中の外出時の主な連絡手段として、プリペイドSIMを購入するかポケットWiFiをレンタルして使う方も多いかと思います。

 

そこで悩むのが、SIMにするかWiFiのレンタルにするか・・・

一時帰国でどれだけデータ容量を使うか、など利用シーンによって最適な方法は異なります。

 

今回は一時帰国する方に向け、滞在期間や利用シーンに合わせて「SIMかWiFiか」どちらを選べば良いのかをご紹介します。

これから一時帰国する予定の方は参考にしてみてください。

 

一時帰国のインターネット環境、どうする?

一時帰国で心配なのは帰国後のネット環境のこと。

日本滞在中に外出する機会があるかないかで必要性が変わってきます。

 

一時帰国中にほとんど外出しない方

日本にいる間、ほとんどの方は実家か持ち家に滞在するかと思います。

一時帰国中はもっぱら実家の家族と一緒に過ごすので外出はあまりしない、という方もいるでしょう。

 

そんな方で、実家にWiFi環境があるのでしたら、わざわざSIMカード購入したりWiFiレンタルする必要はないでしょう。

ただ、予定外の外出に備えて、予備でSIMカードを買っておくというのはアリです。

 

一時帰国中に頻繁に外出する方

一時帰国中に頻繁に外出する方は、移動中や行き先でネット環境がないと不便に感じるでしょう。

 

日本滞在中に久しく会っていない親戚や友人、おじいちゃん・おばあちゃんに会いに行くかもしれません。

また、一緒に食事へ行ったりショッピングモール、テーマパークへ行ったりするかもしれません。

 

そんな時、家族や友人と連絡取れる手段がないと、

  • 待ち合わせ場所に着いたけど、相手はどこにいる? →連絡できないので見つけるのが大変
  • テーマパークで友人・奥さんとはぐれてしまった →連絡手段がないので待ち合わせができない

 

想像するだけでも不便ですよね。

 

このように、色んな場所に出かける方は連絡手段があった方が絶対に良いです。

ぼくもワーホリ中に一時帰国しましたが、友達と飲み会の待ち合わせする時も連絡手段があって助かりましたし。

 

プリペイドSIMカードかWiFiレンタルか、選ぶならどっち?

いよいよ本記事の本題に入ります。

一時帰国の連絡手段としてプリペイドSIMカードか、ポケットWiFiのレンタルか、どちらが良いのか。

 

以下、滞在期間や利用シーン別にオススメの方法をご紹介します。

 

滞在期間が2週間未満の方、データをあまり使わない方はSIMカードがオススメ

一時帰国の期間が2週間未満、かつデータ通信をあまりしないという方はプリペイドSIMカードがオススメです。

 

ぼくも一時帰国中はプリペイドSIMカードを利用していました。

基本的に友人との連絡はLINEで取っていたのでそこまでデータ容量は必要ありませんでした。

LINEでのやり取りがメインの方であれば2週間1GBもあれば十分ですし、普段は実家のWiFiを利用すればデータ容量も節約できます。

 

以下、一時帰国者向けにオススメのSIMカードをまとめた記事になります。

SIMカードの購入をお考えの方は参考にしてみてください。

【最新】一時帰国する方へ!滞在期間に合わせた格安SIMカードの選び方

 

滞在期間が2週間以上の方、データ通信を頻繁に行う方はWiFiレンタルがオススメ

一時帰国の期間が2週間以上、また外出先でデータ通信を頻繁に行う方はポケットWiFiのレンタルがおすすめです。

 

プリペイドSIMカードは使い勝手は良いですが、データ容量が少ないのがデメリット。

動画なんてみていたらあっという間に使い切ってしまいます。

追加のデータチャージも料金が割高なので、ネットのヘビーユーザーにはSIMカードはあまりおすすめしません。

 

ポケットWiFiのレンタルは料金こそSIMカードに比べて割高ですが、1日当たり使えるデータ容量が多いのがメリットです。

また、無制限プランも多く、データの使用量をいちいち気にしなくても良いので助かります。

1ヶ月利用なら、長期割引もありお得です。

 

特に以下の方にはおすすめです。

  • Youtubeや映画を頻繁に観る
  • パソコン作業の多い方
  • 実家にWiFiがない方

 

外出先でパソコン作業や動画の視聴をする場合、現地の無料WiFiの利用もアリですが、場所によっては使えなかったり回線が遅かったりします。(セキュリティ的にも不安かも)

無料WiFiの回線速度やセキュリティ面などに不安を感じる方は、あらかじめWiFiを借りておいた方が良いかもしれません。

 

一時帰国の方にオススメのWiFiレンタルサービス3選

WiFiのレンタルを利用する方は、今度はどこのレンタル会社から借りれば良いのか悩むかもしれません。

そこで、一時帰国者向けに最適なWiFiレンタルサービスを3つ厳選してご紹介します。

 

バラエティの豊富さで選ぶなら『WiFiレンタルどっとこむ』

Wifiレンタルどっとこむの特徴は貸し出ししているWiFiの機種やデータ容量のバラエティが豊富なところ。

ソフトバンクの回線機種がメインですが、データ容量が月に数GB〜無制限まで、10種類以上から選べます。

 

「SoftBank通信エリア無制限」端末の料金も、1ヶ月のレンタルで6,480円、1日あたり209円で利用できるのが魅力です。

中にはドコモのXiエリア対応の端末もあります。

 

受け取りも自宅、空港カウンター、コンビニなどで可能。

特に空港カウンターでは受け取り・返却可能な場所が多いので、空港でそのまま受け取って利用したい方には便利かもしれません。

>>Wifiレンタルどっとこむの詳細はこちら

 

料金の安さ・コスパで選ぶなら『WiFiレンタル本舗』

WiFiレンタル本舗は日本最大級のWiFiレンタル店で、1日あたりのレンタル料も安いので人気です。

なんといっても通信量が無制限のUQWiMAXが1ヶ月6,450円と1日あたり208円で利用できるのが魅力です。

また、Y!mobileだと1ヶ月2,160円(月間5GB)と最安値の料金でレンタルできます。

 

安いプランの端末は人気があるので、端末の在庫がなくなってしまうこともしばしば。

予約は早めにした方がよさそうです。

>>WiFiレンタル本舗の詳細はこちら

 

高品質なネット回線で選ぶなら『J-WiFi』

出典:J-WiFi

J-WiFiは、本記事でご紹介しているWiFiレンタルサービスの中でも唯一、auの4G-LTEが利用できる端末を貸し出しているレンタルショップです。

料金は他のWiFiレンタルサービスより高めですが、人工カバー率99%の4G-LTEを使えるメリットは大きいです。

 

また、4G-LTEだけでなくWiMAX-2も利用でき、WiMAX-2に関しては無制限で使えるので高品質なネット環境を求める方にはおすすめです。

>>J-WiFiの詳細はこちら

 

ポケットWiFiの受け取りから利用・返却までの流れ

続いて、ポケットWiFiを受け取ってから返却するまでの流れをご紹介します。

受け取り・返却方法はレンタルショップにもよりますが、大体以下のような流れになります。

 

申し込みから受け取りまで

申し込み・予約はネットから行います。

支払いは基本的に予約時にクレジットカード払いとなります。

なお、予約時に受け取り方法を選択できます。

  • 自宅での受け取り
  • 空港内郵便局での受け取り
  • 空港カウンターでの受け取り
  • コンビニでの受け取り

受け取り可能な場所は、各WiFiレンタルショップにてご確認ください。

 

返却方法

WiFiの返却は主に以下の方法があります。

  • 郵便ポスト投函
  • 空港カウンター
  • コンビニ

返却方法については各レンタルショップごとに方法・定めがありますので事前にご確認ください。

 

どれくらい前からレンタル予約すべきか

一時帰国の日程が決まっているのであれば、できるだけ早めの予約がおすすめです。

というのも、1週間前とか直前だとショップによっては在庫がない場合があります。

 

どこも大体、3ヶ月先までの予約を受け付けているので、余裕をみて3ヶ月前、遅くとも帰国2週間前を目安に予約しておくことをおすすめします。

 

まとめ

以上、一時帰国時のインターネット環境についてご紹介しました。

かんたんにまとめると、

  • 2週間未満の滞在、ネットあまり使わないならプリペイドSIM
  • 2週間以上の滞在、ネット頻繁に使うならWiFiレンタル
  • WiFiレンタルは遅くとも2週間前までに予約する

 

です。

これから一時帰国される方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク