9/25(水)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復89,000円〜】
おすすめ英語教材・アプリ

ニュージーランドで役立つオススメ英会話教材まとめ

これからニュージーランドへワーキングホリデーや留学、または旅行をする方にとってやるべき事の1つが英語の学習。

できれば最短で英語を習得したいですよね。

 

巷には「最短で英会話をマスターする方法」「◯◯日で英語が喋れるようになる本」みたいな類の本をよく見かけますが、ワーホリ経験者の僕から言わせてみれば現実はそんなに甘くありません。

英語が最短で喋れるようになる方法は語学学校でみっちり勉強し、それを仕事やホームステイ先などでとにかく実践しまくる事。

 

しかし、英語の基礎すら知らない状態で語学学校に行ってしまうと、よく分からないまま卒業して結局英語が身につかないケースも多いです。

そのため、ニュージーランドへ行く前にある程度英語の基礎を勉強しておく必用があります。

 

そこで、1年3ヶ月間ニュージーランドへワーホリに行った僕が、今までに実際に使った教材の中から英語の基礎を学ぶ上でこれは効果アリと思った教材を厳選してご紹介します。

ワーホリや留学だけでなく、短期で旅行に行く方にも役立つ教材がありますので是非参考にしてみて下さい。

英会話の基礎を学ぶのに最適な教材

ネイティブ英会話の基礎が身につく「英会話なるほどフレーズ100」

 

僕がニュージーランド生活の中で一番役に立った英会話の本。

100個の例文を覚えるだけで、日常英会話の様々なシーンに応用できるため、少ない労力で最大限の効果が期待できます

 

実際にニュージーランドに行く前に100個の基本例文を全て覚えて行きましたが、ネイティブスピーカーが話している日常会話のほとんどは覚えた例文の応用だという事が分かりました。

この例文を覚えたおかげで、日常から仕事のアプライまで、本当に多くの場面を無事に切り抜ける事ができました。

 

これ1冊だけでも十分活躍してくれますが、英会話なるほど練習帳で更に例文のレパートリーを増やすとなお心強いですよ。

僕は両方買って学習していました。

 

英会話の瞬発力を身につけられる「瞬間英作文トレーニング」

 

外国人と英会話をしていると、話す内容や答える内容をいちいち考えてしまうため、会話のテンポが噛み合わなくなるという事がよくあります。

というのも、1つ1つの会話でも「英語で質問される→日本語に変換する→日本語で答えを思い浮かべる→英訳して伝える」と変換に時間がかかってしまうからです。

 

そこで、スムーズに会話するためにも英会話の瞬発力を鍛える必用があります

そこで、お勧めの教材が今回ご紹介する「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」。

見開き左ページに日本文が10文、右ページにその英訳が載っています。

学習方法は、左ページの日本文を見て1文10秒以内に英訳して声に出していき、分からなければ英訳文を見て確認し次に進むという要領で行います。

 

この学習を何度も繰り返す事で、英語の基本文型が染み付き、とっさの質問にもすぐ答えられるような瞬発力が身に付きます。

また、各文法ごとにカテゴリー分けされているので、瞬発力と同時に時制や名詞、動詞などの文法も学習できて効率的です。

CDの音源を使って学習すると尚効率的に瞬発力を鍛えることができますよ。

 

とっさの英会話に役立つ教材

日常会話が全て詰まった携帯版辞典「英会話とっさのひとこと辞典」

 

日常英会話の全てが1冊にまとまった辞書で、「こういう時って何て言えば良いんだっけ?」の答えが直ぐに見つけられるとても便利な英会話辞典です。

毎日の生活からビジネス、海外旅行、冠婚葬祭など様々なシーンを想定した会話集が載っており、また類似表現や反対表現などの補足説明も充実していて使いやすいです。

 

ただ、ページ数が多いので本当にとっさに英語を話す場面では調べるのに時間がかかってしまうかもしれません。

ニュージーランドに行く前によく読んでおき、これはよく使うシーンだなと思う箇所に付箋を貼っておくとよいでしょう。

 

ポケットサイズで取り出しやすい「旅の指さし会話帳 mini英語」

 

本当にとっさに英語を話す時に便利なのがこちらの英会話帳。

手のひらサイズでポケットにも入るので、持ち運びも楽々でいつでも取り出す事ができます。

 

また、小さい割に内容も充実しており、入国から日常生活、旅行、トラブル等、様々なシーンの英会話が収録されています。

日常でよく使う単語もイラスト付きで載っており、非常に見やすく学習しやすいのが特徴です。

ワーホリや留学というよりは、旅行へ行く方にお勧めの参考書です。

 

ニュージーランド独特の英語をイラスト付きで学べる「旅の指差し会話帳 ニュージーランド版」

 

ニュージーランドへ行くなら是非持っていってほしい英会話参考書がこちら。

上で紹介した参考書と同じシリーズで、イラスト付きで非常に学習しやすいのが特徴。

また、ただの単語帳ではなく、ニュージーランドの有名な地名や動物、鳥類、植物などの英単語やマオリ語など、あまり知られていないニュージーランドの魅力も載っている、ガイドブックの様な単語帳なのです。

 

英語の学習だけでなくニュージーランドの文化も知ることができる、非常に面白い参考書ですので、ニュージーランドへ行く方はぜひ手にとって見てみて下さい。

 

おすすめの英文法書

世界中で使われている英文法書の「English Grammar in Use」

 

英文法を学ぶならこれでしょ!というほどの定番の文法書。

実はこのEnglish Grammar in Useは世界中の語学学校で英文法の教科書として採用されているほど人気で、1985年に発行されてから32年が経つ今もなお支持され続けている名文法書なのです。

 

そんなEnglish Grammar in Useの特徴は英文法の基礎がネイティブ目線で分かりやすく解説されていること。

例えば、英文法で習得が難しいhave や had などの現在完了の正確なニュアンスや、should や had better の違いなどが丁寧に解説されています。

 

この文法書、ネイティブの英語教師が英語を教えるための教科書としても使っているそうなんです。

全て英語での記載になりますが、日本語で英文法を学習するよりも英語で英文法を学習した方がより深く理解することができます。

 

イメージで英文法を理解できる「一億人の英文法」

 

一億人の英文法は英語を書く、読むというよりは「話す」に重点を置いて作られた文法書です。ですので、受験用ではなく正に英会話のための文法書

英会話をマスターするには英文法の習得が欠かせませんが、文法って英語の中で一番嫌いな分野だったりしますよね。

僕も文法は大嫌いですw

 

この一億人の英文法ではそんな分かりにくい文法を、簡潔に分かりやすく噛み砕いて説明してくれているのが特徴。

例えば英文法で難しい項目の一つに「a」「the」などの冠詞がありますが、これらをイラスト等を使ってイメージとしてとらえて説明しているので非常に分かりやすく、すんなり理解することができます。

また、willの過去形wouldがどうして「Would you〜?」などの丁寧語として使われているのか、などの理由もネイティブの目線で徹底解説されており、非常に参考になります。

 

巷の英文法書にはない「英語のなぜ?」に痒い所に手が届くほど事細かに解説してくれているのが嬉しいです。

あくまで、英文法はEnglish Grammar in USE をメインにして、こちらの文法書は補助教材として使うと非常に効率よく英語をマスターできます。

 

ただ、この文法書の難点は索引がついていないので、「as〜as」の構文について詳しく知りたい等と思っても探すのに一苦労します。

 

おすすめ英単語帳

スポンサーリンク

単語を例文のストーリーに関連付けて覚えられる「DUO3.0」

 

これは僕が大学受験でも使用し、今でも非常に重宝している単語帳です。

 

特徴としては、ターゲットとなる単語が例文の中に上手くまとめられており、文と関連付けて一緒に単語を覚える事ができます。

1つの例文を覚える事で複数個の単語が覚えられて非常に効率的なのと、例文のストーリーが面白いので楽しく学習できるというメリットがあります。

また、単語1つ1つの解説がとても丁寧で、類義語や反意語も含めて単語のレパートリーが非常に豊富です。

 

この単語帳があれば英会話の基礎となる単語を網羅する事ができるので、これからワーホリや留学で英単語の勉強をする方にもとてもお勧めできる単語帳です。

TOEICやIELTSなどの試験にも対応しているので、帰国後に受けるのであればそのまま受験の教材としても使えます。

 

英単語をイメージとセットで覚えるなら「Oxford Picture Dictionary」

 

英単語をイメージとして覚えるのに最も最適なのがこちらの「Oxford Picture Dictionary」

日常のあらゆるモノ・事の単語をイラスト付きで紹介しているため、普通に英単語を覚えるよりも定着しやすい教材です。

日常生活に特化しているため、あまり難しい単語がなく初心者でも気軽に学習できる教材として人気が高いです。

ニュージーランドでホームステイするなら、ステイ先のファミリーと一緒に見て学習するのも楽しかもしれませんね。

 

まとめ

以上、ニュージーランドで役立つ英会話教材をご紹介しました。

今回ご紹介したものは、僕個人がやってみて効果があった教材なので、人によっては合わない教材もあるかもしれません。

本ブログを参考にして頂いても大丈夫ですが、まずは書店に行って実物を見てみるのが良いでしょう。

今回ご紹介した情報が皆さまのお役に立てたら幸いです。

 

【関連記事】

【留学前の英語学習】たった三ヶ月で英語をマスターした女性に聞くオススメ英語学習法

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選