1/28(月)までニュージーランド航空のセール実施中!お見逃しなく!【往復90,000円〜】
NZのグルメ

味もサービスも最高!ワナカの超人気レストラン「WGK」のストーングリルが規格外のボリュームだった

ワナカと言えば目の前に広がる美しいワナカ湖、雄大な山々、オシャレな街並みなど、南島トップクラスの景観を誇る人気観光地。

僕もニュージーランド滞在中に何回かワナカに行きましたが、あの独特の景観と街並みには惚れ惚れとするものがあり、僕が住みたい街のトップ3にも入るほど気に入りました。

そんなある日、ワナカで美味しいディナーを食べようとネットで探していたら面白そうなレストランを発見。レビューを見ていると、ただ美味しいだけではなくその料理のインパクトが物凄かったので、これは話のネタになると思い速攻で予約して行きました。

今回はそんなレストランのレビューをしたいと思います。

ワナカの超人気イタリアン「WGK」に行ってみた

時は遡り、昨年の11月上旬(NZでは春)に噂のレストラン「WGK」へ。因みに、WGKとはWanaka Gourmet Kitchen(ワナカ・グルメ・キッチン)の略。ここの看板メニューはNZ産のステーキを石で焼く料理、ストーングリル。

実は10月中旬にも一度ワナカに来ており、その時にこのレストランを発見したのだが、丁度店の改装中だったため行くことができなかった。しかも、タイミング悪く、リニューアルオープンするのが10月下旬という。

「いつか絶対に行ってやる!」

それくらい興味をそそられるレストランだったのでどうしても行きたいという想いを残してワナカを後にしました。が、その「いつか」は案外すぐにやってきましたね。

たまたまワナカに行く機会があったので、これはチャンスと思い「WGK」を速攻で予約しました。そして、ついに念願のWGKへ来店!

リニューアルされた店舗の外装はなかなか綺麗。

店内は広いと思いきや、意外と小さめ。写真はこれだけしか撮っていませんが、全部で50席あるかないかくらいの広さでした。

そのため、行くなら遅くとも前日までに予約しておいた方が良いでしょう(てか必須です)。平日なら予約なしで行ける日もあるかもしれませんが、よっぽどシーズンオフでない限り飛び込みは厳しいでしょう。

よく見ると隅っこで1人ポツンと食べている人も。人それぞれでしょうが、1人で来るにはちょっと勇気のいる店だなと感じました(汗)

とりあえず店内に入って予約した旨を伝えると席に案内&メニュー表を渡されます。

メニューはステーキ系がメインですが、フィッシュ&チップスなどもありました。ただ、僕の目当てはストーングリル(STONE GRILL)。

ビーフ、ポーク、チキン、ラムとありましたが、僕が選んだのはRob Royというビーフのステーキ。なぜこれにしたかというと、単純に人気メニューだったし量が多かったから(笑)19時に予約したのですが、17時ごろからすでに腹減ってしょうがなかったのでねww

また、これらストーングリルにはメニュー下部にあるサイドディッシュを2つまで付ける事ができます。色々とありますが、僕はChips と Vegetable of the day をチョイスしました。

これにドリンクのビールを付けて注文完了。さて、果たしてどんな料理がやってくるのでしょうか!?

 

WGKの人気メニュー「Rob Roy」のストーングリルがヤバかった!

注文してから5分程してビールが到着。ステーキが来る前にとりあえず友達と乾杯して1日の疲れを癒やす。

そしてしばらくすると、やってきました。念願のRob Royのストーングリル。

物凄い迫力です!そして物凄い厚みです。これは凄かった。ステーキがテーブルに運ばれてきた時、思わず「Oh my god!!」って言ってしまいましたからねw

こんな分厚い肉の塊を見たのは初めてかも。上には店のロゴ「WGK」の焼印付き。これが中々絵になっていますね。

ストーンはもちろん熱々ですが、しっかりとプレート状になっていました。プレート上に乗っている白い粉は塩。塩を絡めながら焼いていくんですね。テーブルの上にはブラックペッパーもあるので、食べる時にお好みでふりかける事もできます。

続いて、友達が注文したストーングリルは「Chicken Breast」という、鶏の胸肉。

こちらもかなりの大きさ。抜群のボリュームとインパクトですね。

料理が運ばれてきたら、さっそく焼いていきますが、これがめちゃくちゃ楽しい。

ジュウジュウと音が出ている感じがいいですね。自分で焼き加減を調節できるのはもちろん、焼きながら食べられるのが今までのステーキ料理には無い魅力です。

そして味ももちろん最高でした。肉がとにかく柔らかくてジューシー。産地はどこか聞いたら、どうやらワナカの牛を使っているとのこと。ワナカのストレスフリーな環境で育った牛は身が柔らかくてジューシーになるんだそうです。

肉が分厚くかなりのボリューム感。付属のBBQソースを付けて食べるとうまい。(ブレてすいません)

あと、何気にサイドのブロッコリーの茹で加減と味付けが絶妙で美味しい。芯は残っていない、でもブロッコリーのシャキっと新鮮さの残った絶妙な食感が忘れられないですね。

全体的に物凄いボリューム感でしたが、美味し過ぎて食べるのに夢中になっていたらあっという間にペロっと食べ終えてしまいました。

あっという間にペロリ。気付いたら店内は満席に。

それにしてもこんなに楽しくステーキを食べたのは人生初めてですね。もちろん、機会があればまた行きたいレストランに認定。1つの観光名所としてもいいくらい、お勧めしたい場所です。

ぜひ、友達や恋人、家族との素敵なひとときをここで過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

料理だけじゃない!接客サービスも最高レベルだった

ここのレストランのストーングリルはもちろん味も最高なんですが、それだけでなく接客サービスも素晴らしいと感じました。

まず、テーブルに座ると担当のスタッフが1人ついてきて(1人で何テーブルかを担当)、以降の注文等は基本的にその担当スタッフが承るというシステムでした。

そのため、常にお客さんの状況を把握しており、必用な時に必用なサービスをベストなタイミングでしてくれるという嬉しい環境なのです。よくある、店員が忙し過ぎて「すいませ〜ん!」と何度呼んでも来ないという事が一切ありませんでした。

また、スタッフの方も非常にフレンドリーで、定期的にテーブルにやってきて話しかけてくれるので、こちらから何か聞きたい時、注文したい時も気兼ねなく話しかける事ができる良さもあります。

ニュージーランドに行くと接客レベルが日本より落ちると言われていましたが、このレストランは日本の接客レベルを遥かに凌駕しているのでは、と思いましたね。

もちろん、英語に不安があっても、店員がとてもフレンドリーなので話をうまく合わせてくれますし、終始笑顔を絶やさないのでこちらも安心して過ごす事ができますよ。

 

人気店のため事前予約は必須

以上、WGKをご紹介しましたが、写真を見て行ってみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

中には、今すぐにでも行きたい!なんて思う方もいるかもしれません。が、前述もしましたが、ここはワナカの中でもトップクラスに人気のレストラン

トリップアドバイザーで調べてみても分かりますが、ワナカのレストランランキングでも常にトップに君臨するほどの人気っぷりです。そのため、基本的に予約をしないと入れない事が多いですし、金土日だと予約すら難しい場合もあります。

ですので、もしWGKにどうしても行きたい場合は事前の予約が必須となります。1週間前までに予約すればよっぽど大丈夫ですが、当日予約はさすがにキツいですね。遅くとも前日までにはしておきましょう。

予約方法ですが、電話の方が早くて確実ですが、WGKのホームページからもできます。

スポンサーリンク

予約はこちらから→https://www.wgk.co.nz

昨年はこのようなカレンダー付き予約フォームが無かったので、便利になっていますね。公式のホームページからはメニューも見る事ができるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

 

【店舗情報】
住所:123 Ardmore Street,Wanaka
電話:+64 03 4438579
営業時間:18:00〜22:00
定休日:月曜日