NZの基本情報

ニュージーランドの冬はどんな服装がベスト?

ニュージーランドは南半球にあるため、日本とは季節が逆になります。

日本が夏を迎える6〜8月がニュージーランドでいう冬に当たり、スキーやスノボーのシーズン真っ盛りになります。

みなさんの中にも日本の夏休みを利用してニュージーランドへ行かれる方もいるかもしれませんね。

 

そこで気がかりになるのが、現地での服装。

ニュージーランドの冬の気候はどうなのか、どのような服装で過ごせばよいのか。

1年3ヶ月間ニュージーランドで過ごした僕が、その疑問にお答えします。

 

これから日本の夏休みにニュージーランドへ旅行や短期留学に行くという方はぜひ参考にしてみて下さい。

ニュージーランドの冬はどれくらい寒い?

まず、ニュージーランドの冬はどれくらい寒いのでしょうか。

ニュージーランドはオーストラリアの南東あたりに位置し、割と南極側にも近いです。

日本と同じように四季があり、ニュージーランドの冬は日本と同様に寒くなります。

 

ただ、その寒さがどのくらいか想像つかないと思いますので、日本の寒さとどう違うのか比較するために各都市の年間気温早見表(最低気温、最高気温)を作ってみました。

日本とニュージーランドの季節が対応するように、6ヶ月ずらしてあります。

 

情報源:世界の気温と降水量 及び 旅行のとも、ZenTech

 

全体的に見るとニュージーランドは日本に比べて年間の気温の変動が少なく、安定していることが分かります。

そして、冬場は日本とそんなに変わらない印象です。

ニュージーランドで一番寒い南側のインバーカーギルでさえも最低気温が氷点下を下回らないので、むしろ日本よりも過ごしやすいでしょう。

 

ただ、僕がニュージーランドで生活してみての感覚ですが、ニュージーランドは日中と朝晩の寒暖の差が激しいので、特に朝方は異常に寒かった覚えがあります。

冬場にクライストチャーチへ行ったことがありますが、晴れていれば日中は春並みに温かくむしろ半袖で過ごしたい日もあるくらい。

しかし、朝晩は真冬で一時的に氷点下を下回ることもあります。

冬場はブレナム(南側の北側)で外仕事をしていましたが、朝晩は地獄でしたね。

 

南島に行く程寒くなるので注意

日本は北に行けば行くほど寒くなりますが、ニュージーランドは南に行くほど寒くなります。

オークランド周辺は冬でも比較的暖かく過ごしやすいですが、クライストチャーチやクイーンズタウンの方に行くとより寒くなります。

クイーンズタウンは周辺にスキー場がたくさんあることから、冬場はかなり寒く朝晩は氷点下になることもよくあります。

自分が行く旅行先の気候をしっかりと把握しておき、出発前にしっかりと準備しておきましょう。

 

冬のニュージーランドでおすすめの服装

ニュージーランドでの服装ですが、基本的に日本で冬場に来ている服をそのまま持っていけば大丈夫です。

ただ、冬でも天気の良い日の日中は暑く感じることもあるので、体温調節しやすい格好がベターです。

具体的に言うと、

  • インナーのベースはヒートテック
  • その上に春秋用のカジュアルシャツ
  • アウターはコートかダウンジャケット

 

といった感じです。

ただ、コートは嵩張るので旅行中の持ち運びは大変かもしれません。

 

個人的に、アウターはダウンジャケットがおすすめです。

暑くなったらすぐにカバンにしまえますし、寒い時はパッと取り出して使えます。

 

では、具体的にどんなインナーやアウターがおすすめなのか。

インナーはユニクロのヒートテックでも暖かく過ごせますが、より保温性があり、かつ汗をかいても乾きやすいインナーといえばメリノウール素材のアンダーシャツです。

 

 

メリノウールなので保温性が高いのはもちろん、吸水性と速乾性もあるのでオールシーズン使えます。

僕もアウトドア用でこのアンダーウェアを買いましたが、体温調節しやすくてとても重宝しています。

 

ダウンジャケットはユニクロのものでも大丈夫ですが、南島方面へ行く方はユニクロのものだとちょっと物足りないかもしれません。

軽量・コンパクトで暖かい、アウトドア用のダウンジャケットがおすすめです。

 

 

アウトドア用のジャケットに使われているダウンは質が高いので、軽量ながらも保温性は抜群です。

ファッション性は劣りますが、実用性は高いです。

 

スポンサーリンク

ニュージーランドではあまり派手な格好はおすすめしません

服装で1つ注意する点として、あまり派手な格好はしないようにしましょう。

ニュージーランドは治安が良い国として有名で、殺人や誘拐などの重犯罪は少ない一方、置き引きや窃盗などの軽犯罪は非常に多いです。

特にオークランドなどの都市部はそういう軽犯罪が圧倒的に多い。

 

こうした都市部で特に狙われやすいのが小柄で弱そうなアジア人(特に日本人)です。

ニュージーランドでも泥棒を働く人の多くはマオリ系の人ですが、彼らはボディービルダー並みに体つきが良いので力では確実に及びません。

 

こうした犯罪から逃れる方法は、とにかく目立たない格好をすることです。

目立つ格好をしている=お金持ちだと思われるので狙われやすいですし、すぐに日本人だってバレます。

 

ニュージーランドでは服装に気を使う人はあまりいないので、オシャレに気を使わなくても大丈夫。

明るい色の服を避け、濃いめの色で統一することをおすすめします。

 

紫外線対策も忘れずにしましょう

紫外線対策と言えば夏だけのイメージですが、冬場も忘れてはなりません。

なんせ、ニュージーランドの紫外線は日本の約7倍もあるのですから。

 

僕は冬場に外仕事をしていたのでよく分かりますが、冬場でもすぐに日焼けします。

なので、冬だからと言って紫外線対策を怠らないように注意しましょう。

 

日焼け止めクリームはニュージーランドでも簡単に入手できますが、日本で使い慣れたものが良いという方は日本製のものでもOKです。

その際、SPFは50+以上の日焼け止めクリームを買っておきましょう。弱いクリームだと簡単に焼けてしまいます。

心配であれば飲む日焼け止めサプリと併用すると安心かもしれません。

日焼け止めクリームとのダブル効果で日焼けしにくくなります。

 

おわりに

以上、ニュージーランドの冬の服装について述べました。

冬の服装について簡単にまとめると、

  • 基本的に日本の冬と同じような服装でOK
  • ただし派手な格好は避ける
  • インナーはメリノウール、アウターはダウンジャケットが便利
  • 冬でも紫外線対策は必須

 

以上です。

これから初めてニュージーランドへ行くという方は上記の点に注意し、ニュージーランド旅行や留学を楽しんできてくださいね。

 

あわせて読みたい
ニュージーランドの夏服事情は?お勧めの服装と注意点まとめ日本はいよいよ秋に入り冬を迎えようとしていますが、ニュージーランドはこれから夏を迎えようとしていますね。 夏のニュージーランドは絶...
ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選