雑記

ワーホリへ行くのはリスクが大きい!?会社を辞める前に考えて欲しい事

ワーキングホリデー(ワーホリ)に行く方のほとんどは今まで働いていた会社を辞めていると思います。僕もその1人ですし、ワーホリに行ってよかったと心から感じていますし、ぜひ若いうちにしかできないこの素晴らしい体験をより多くにして欲しいと思っています。

だからと言って、全ての人にお勧めできる訳ではありません。というのも、ワーホリは長期間海外で過ごすため会社を辞めなければならなくなるからです。

ワーホリ行こうか悩んでいる方の多くは、今ある仕事を続けるべきか、帰国した後に同じ仕事ができるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はワーホリへ行く事に伴うリスクについて考察し、ワーホリ希望の方に事前に考えておいて欲しいことについて述べます。

会社を辞めようかかどうか悩んでいる方へ

ワーホリに興味がある方の中には、今の会社を辞めようかどうか悩んでいる方もいるかと思います。当然悩む気持ちも分かります。会社を辞めるという事はある意味「安定した人生を捨てる」に等しいからです。

ですので会社を辞めるリスクをしっかりと考える必用があります。

そこで、元大企業で働いていた僕の視点から、会社を辞める事のメリットとリスクについて述べていきます。

 

会社を辞める事のメリット

会社を辞める一番のメリットは時間的拘束がなくなる事。これはワーホリ行くに当たって必須条件ですが、毎日決まった時間に行かなければない会社に行かなくてよくなるのは大きいです。

会社によっては残業時間が長かったり休みが無かったりと、1週間のほとんどを仕事のみに費やしている方もめずらしくありません。

また、職場の人間関係で悩んでいる方にとっては人間関係のストレスからも逃れられます。ストレスがなくなることで心に余裕が生まれ、自分が本当にやりたい事が見つかるかもしれません。

 

会社を辞める事に伴うリスクとは?

逆に会社を辞める事によるリスクもいくつかありますが、ここでは3つご紹介します。

まずは安定した収入源を失うこと。会社で働いていれば毎月決まった給料が貰えますし、会社によってはボーナスも貰えます。会社を辞めればこれらの安定した収入がなくなります。

そして次に社会的信用を失うこと。今の日本では社会的信用を得るためには少なくとも定職(正社員)に就く必用があると言われています。例えばクレジットカードが作れるのも社会的信用があるからです。また、お見合いや合コン等でも定職に就いているというだけで信用度が全然違うでしょう。

つまり仕事を辞めるという事はこれら全てを失う可能性があるという事です。

そして最後に、再就職が厳しくなるという事。一度会社を辞めてしまうと、よっぽど優秀な成績を収めたり手に職がない限り同じ分野での再就職は難しいと言われています。特に難しいのが、前回と同じ条件で雇ってもらう事。

会社側にとっても、一度辞めた人を採用するのはある意味リスクが高いので、かなり慎重になります。そのため、よほどのスキルをもっていない限り条件の良い会社への再就職は難しいでしょう。

 

ワーホリに行くメリットとお勧めできる人について考察

ここまで書くとワーホリ行きたかったのにビビって行くのを止めてしまうかもしれません。しかし、ワーホリは海外で留学だけでなく仕事や旅行もでき、日本では味わえない素晴らしい経験をする事ができます

また、海外で生活する事で海外の良い面・悪い面を直で見ることができ、日本の良い側面にも気付くことができるでしょう。

更には、1年間という長い海外生活の中で自分を見つめ直し、本当に自分がやりたい事を見つけられた人もいます。僕のワーホリ友達はワーホリをきっかけにニュージーランドが好きになりワークビザを取って移住を目指しています。

僕自分もワーホリをきっかけにブログを本格的に始めましたし、自分の理想とするライフスタイルも明確になりました。今まで通り会社で働いていたら、そんなライフスタイルさえ思い浮かばず自分を抑えながらただ何となく生きていたでしょう。

 

僕がワーホリをお勧めできる人

以上の事から、僕がワーホリをお勧めできる人は以下の様な方だと考えています。

スポンサーリンク

  • 会社を辞めるリスクを恐れない方
  • 海外への移住、もしくは就職を考えている方
  • 若い内にしかできない事にチャレンジしたい方
  • 一度きりの人生を楽しく生きたい方
  • 自分の理想のライフスタイルを追求したい方

 

ぶちゃけて言うと会社を辞めるリスクさえ恐れなければ、どうにでもなります。所詮、会社を辞めるリスクというのは社会が決めたことであって自分で決めたことではありません。

自分がリスクだと思わなければ迷わず挑戦すべきだと思っています。当然ながらワーホリ後の再就職は厳しいですが、今の時代会社や雇用形態を選ばなければ仕事はいくらでもあります。

1人で再就職するのは大変かもしれませんが、現在は転職エージェントも沢山あり、彼らは全力でサポートしてくれるのでとても再就職しやすい時代ですね。

 

>>メーカーから商社まで【就活ドラフト】

 

>>リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

 

>>【高時給】リゾートバイトで働くならアルファリゾート


逆にリスクを取ってまで行く理由が無い方はあまりお勧めしません。特に目的がないままに何となく会社を辞めてしまうと後悔してしまう恐れがあります。それより、今の仕事を続けていた方が幸せな道が開ける可能性だってあります。

ワーホリ後の進路について考えてみる

さて、覚悟はできた。いざ会社を辞めてワーホリへ出発だ!

とは言うもののワーホリ後の進路について不安を抱く方も多いでしょう。

僕がニュージーランドで出会った日本人のワーホリメーカーのほとんどは帰国後に会社員、もしくはリゾートバイト等のアルバイトとして働いていますが、中にはそのまま次の国へワーホリしに行く人もいましたし、現地でワークビザを取って働く人、語学留学に行く人もいました。

もちろん、ワーホリを転職のステップアップとして利用する人もいましたが、正直、ワーホリ後の将来の事はワーホリ後になってみないと分かりません。生き方は人それぞれです。自分らしいと思う人生を選択してみてはいかがでしょうか。

 

【こんな記事もよく読まれています】

ニュージーランドのワーホリビザ申請の条件と手順まとめ

ワーホリ前の資金を貯めるなら2ヶ月で50万円稼げる「リゾートバイト」がお勧め!

 

ニュージーランド旅行ではクレジットカードが必須!

ニュージーランドは日本と違い完全なキャッシュレス社会。

治安の良いと言われるニュージーランドですが、実はスリや盗難に遭う確率は日本の7倍以上とも言われています。

現金をたくさん持ち歩いている観光客は狙われやすいのが現状……

そんなニュージーランドで安全に楽しく旅行するためにもクレジットカードは絶対に持っておくべきです!

>> 1年以上ニュージーランドにいた僕おすすめのクレジットカード3選